ひぐらしのなく頃に業 「祟騙し編」考察







「ひぐらしのなく頃に業」祟騙し編を見終わった感想と考察です。


祟騙し編 其の伍まで視聴しましたが……。

レナの言う通り「意味が分かんない」ですね。


鉄平が雛見沢に帰ってきたことで、沙都子が壊れていく…。

オリジナル「祟殺し編」そのままの展開でしたが、「祟騙し編」の圭一は鉄平を殺すことはせず、あくまで正攻法を貫きました。

児童相談所に陳情し、分校の生徒を引き連れ、町会の圧力にも屈せず、園崎家当主・お魎が認める大立ち回り…。

「皆殺し編」で沙都子を助け出したルートそのままの展開。


オリジナルの「祟殺し編」→「皆殺し編」というルートをたどってきたはずなのに、最後の最後で様子が変わります。

お魎の発した号令で、大人数が児童相談所に押し掛けたところを、「解散せよ」と言ってきた大石さん。

「皆殺し編」にもあったシーンで、その時もほぼ「解散させるフリ」だけだった大石さん。


「祟騙し編」も似たような対応でしたが、

花を持たせるのも茶番に付き合うのも、今だけです

という意味深なセリフ。


そして児童相談所の課長、原川を北条家まで送り届ける。

これも「祟殺し編」には無い展開でした。


そして「綿流しのお祭り」の夜以降は、完全なオリジナルストーリー。

沙都子が圭一を連れ出したこと。

「にーにー」と呼び、抱きつくほど圭一に情愛を見せる沙都子


北条家に「連行されたはず」の鉄平がいたこと

「真っ赤な目」をした鉄平が。


そして……古手神社の境内で、大石さんが魅音・詩音・梨花ちゃんに沙都子を殺したと……。





訳が分からないし、沙都子は圭一と一緒に北条家にいたはずなのに、なぜ古手神社の境内で殺されたのか…。

そもそもなぜ、大石さんが皆を殺したのか…。

なぜ、レナだけが助かったのか…。

「鬼騙し編」でもそうでしたが、結構な重傷を負った圭一が、何故無事なのか……。


「祟騙し編」が終わって「ひぐらしのなく頃に業」も折り返し地点ですが、後半であっと驚く真相が明らかになるのか…。

ちなみに今回、雛見沢分校の「江田島平八」みたいな校長先生、出てませんね。

特に大きな意味はないと思いますが……。




前の話:祟騙し編 其の伍
次の話:猫騙し編 其の壱


ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました