「ひぐらしのなく頃に 解」 祭囃し編 拾 「血戦」あらすじ


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 解 ~祭囃し編~ 其の拾「血戦」

「まだ目標は見つからんのか?」

「発信機の電波は確認できません」

赤坂と葛西に撃退された山狗、いったん入江診療所地下の入江機関に戻り、相手の出方を待ちます。

が、今のところ動きなし。

その間、鷹野さんは富竹さんの説得にあたります。

「こんな時に逢引かよ」

小此木に皮肉られます。

そんな小此木に、野村から連絡。

「この期に及んで、何の話だ?」

鷹野さんではなく、小此木に…何か不穏です。

会議室のような部屋で、鷹野さんが富竹さんの説得にあたります。

「ジロウさん、今からでも私に協力してはくださらない?

『鷹野三等陸佐』としてじゃない、『鷹野三四』として、ジロウさんと話をしているのよ。」

「僕を殺すしかないなら、それも構わないさ。

既にその覚悟はできている。」

「死にたくないとは思わないの?私の味方になると誓ってくれれば、私はあなたを殺さずに済むのよ?」

「僕じゃなくても、味方なら大勢いるだろ。」

「そうね…クスクス。山狗には私の靴を舐めたくなるくらいの金を、はずんでやったもの。

ジロウさんなら、幾らで来てくれる?」

「寂しい人だな、君は…」

内線の呼び出しが鳴り、鷹野さんは部屋を後にします。

「山の中で梨花たちを見つけたわ…。

じゃあね、ジロウさん。

これがあなたとの、最後のおしゃべりになると思うわ…。」

一瞬寂しげな瞳をして、扉を閉じる鷹野さん…。

山中に現れたとなれば、山狗も全兵力を投入できる。

敵は、自分で自分たちの首を絞めたようなもんだと、楽観視する小此木。

鷹野さん自身が前線で指揮を執り、文字通り「総力戦」の山狗。

外部との連絡が取れないよう、電話設備(昭和58年当時はNTTでなく、電電公社でしょうか)も破壊します。

「皆殺し編」では、大石さんと熊ちゃんが殺害されたポイントですね。

「『目標』だけは生かして捕らえること、他は殺してしまっても構わないわ。」

鷹野さんの冷酷な指示が飛びます。

バン5台にトラック1台で、山へ向かう山狗。

「おいでなすったねぇ」

「何人の方がこの山を、無事に降りられますかしら?」

山の上から、山狗の進軍を目視する部活メンバー。

こちらも準備万端、といった様子です。

「我が部を相手にどれだけやれるか、お手並み拝見といこうか」

魅音は自信満々です。

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

「この山ですべての決着をつけるのよ!」

鷹野さんの陣頭指揮のもと、山狗は小隊を組み、マシンガンを構えながら部活メンバーを捜索します。

人数、装備共に圧倒的に山狗有利ですが…。

捜索中の山狗を襲ったのは、沙都子が仕掛けたトラップの数々。

落とし穴、丸太落とし、ワイヤートラップ。

小此木への報告で「こちら白鷺11。攻撃を受け、白鷺12、13が脳震盪。あんなの、当たり所が悪かったら死んでるぞ!」

…マシンガン構えて「殺しても構わない」命令を受け、何を甘っちょろいことを…。

沙都子のトラップによる戦果はすでに6人。

上々の立ち上がりです。

『こっちは任せておきな!悟史を助け出すんだよ、詩音!』

入江診療所。

地上(診療所)部分にいた山狗を2人捕らえ、「本体」となる地下部分・入江機関の急襲作戦を立てる、詩音・入江先生・赤坂・葛西の4人。

入江先生が「地下こそが、この診療所の真の姿ですから」と語る、入江診療所の地下・入江機関の警備は厳重です。

部活メンバーの捜索に対し、「総力戦」を仕掛けたとはいえ、地上の2人に加えて、地下にはまだ6人の山狗が控えている模様。

「一気に制圧するのは厳しい…か。」という赤坂に対し、

「やるしかありません!」と反論する詩音。

一気に制圧を目論み、突入する4人でしたが…やはり6人相手では分が悪く、銃撃戦に。

警報装置を作動され、自動音声が流れます。

「区画内に緊急事態が発生しました。全区画を閉鎖し、120秒後に鎮圧用ガスを自動散布します。スタッフは、直ちに防毒マスクを着用してください。」

120秒経過したら、ガスマスクなどの装備がない4人は自動的に全滅です。

「迷っている時間はありません。」

ショットガンに弾を込め直す葛西。

6人の山狗が隠れるセキュリティルームに、2発撃ちこみます。

その威力に、山狗は慄(おのの)きます。

「スラッグか??」

「ご名答です。ショットガン専用の一榴弾。

破壊のみに特化したその威力は、ご存知でしょう。

死にたくなかったら、警報装置を切っていただきましょう。」

「ど、どうする…?」

「ビビるんじゃねぇ!ここならあいつから死角だし、あと一分足らずでガスが出る。」

ガスの散布まで待とうとする山狗に対し、

「時間がありません。返答は?」あくまでも冷静な葛西…と思いきや。

返答を躊躇(ためら)う山狗に業を煮やした葛西。

おい!聞こえねぇのか!!

この葛西辰吉が、てめぇらを生かしてやると言ってんだ!!

返事せんかい!!ガキどもが!!

ドアを蹴破り、セキュリティルームに侵入した葛西。

山狗の一人を蹴り飛ばし、防毒マスクが外れた口の中に、銃口を押し当てます。

殺されてぇか、青二才!てめぇらとは、築いてきた屍の山が違うんじゃい!!

さっさと警報止めんか!!クソガキャぁ!!

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

見た目はいかついですが、詩音にも常に敬語で、紳士的な葛西。

昔は相当…相当だったんでしょうね。

兎にも角にも、入江機関を無事制圧。

「あんたって人は…」

驚いた様子で、葛西を見つめる詩音。

「こんな真似は、二度としないつもりでしたが…忘れてください」

頭を下げる葛西。

「急ぎましょう、長居はできません。」

赤坂の言葉に、我に返った詩音。

入江機関の研究区画に走ります。

悟史の元へ。

ガラス張りの部屋で、ベッドに寝かされている悟史。

「今、出してあげるからね。」

「申し訳ありませんが、それは許可できません。」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

沙都子の誕生日プレゼントを買ったあの日。

雛見沢症候群レベル5を発症した悟史は、脳と精神に深刻なダメージを負っていました。

「過度の被害妄想と恐怖に取りつかれ」ている悟史は、誰であろうと襲い掛かる状態。

よく見ると、悟史の両手首・両足首は、太いベルトで固定されていました。

「治るんですよね…それ…」

言葉が出ない入江先生。

「何それ……じゃあ悟史君は…もう『むう』って言ってくれないの?

私の…頭を…撫でてくれないの……?」

泣き崩れる詩音。

「生きている」「助けられる」と思ったからこそ、危険を承知で入江機関に来たはず。

しかし、現実は残酷でした。

「でも、私はこれからも研究を続けます。

そして、必ず悟史君を連れ帰って見せます。

微弱ですが、悟史君の脳波にも、回復の兆しが見えています。

彼も、帰ってこようとしているんです。

私の人生のすべてを捧げてでも、彼を雛見沢に連れ帰ります。

その日まで待っててもらえますか?」

「待ちます…いつまでも…」

「そしてこの悲しい事実を、沙都子ちゃんに内緒にできますか?」

「何でもします。我慢します。悟史君が帰ってくるのなら。」

病室の片隅に置かれたぬいぐるみを指さす、入江先生。

「沙都子ちゃんの誕生日に、彼が買ったものです。

悟史君はあれを持って、沙都子ちゃんとあなたの元へ帰ってくるでしょう。

前と変わらぬ笑顔で。」

制圧したセキュリティルームに戻る、詩音と入江先生。

富竹さんは解放されていました。

あとは富竹さんに「番犬部隊」を呼んでもらえれば、全て解決…のはずでしたが…。

葛西のドンパチで、通信設備は全滅。

電話回線も山狗が切ったため、連絡を取る手段がありません。

葛西のドンパチは、山狗を制圧するためのやむを得ない行為でしたからね。

当の本人は「申し訳ありません…」と反省しきりですが。

「東京」に連絡を取るためには、雛見沢を出るしかない。

しかし、そこは山狗も封鎖しているだろう。

歩兵携帯の、対戦車ミサイルを保持する山狗。

簡単に雛見沢を抜けさせてくれそうにありません。

一旦、入江機関を後にする一行。

『また来るからね、悟史君。

こっちは成功したよ、お姉!』

再び山中。

沙都子のトラップだけでなく、圭一とレナの連係プレーでも山狗を倒します。

そして相手の無線機を奪い、心理戦を仕掛けます。

「人の身に過ぎたるを知らぬ、愚かな人間たちよ。

壊すことを許されぬ、聖地を踏み荒らす罪を知るがいい。」

「うわああぁぁぁぁ~~!!た、助けてくれぇ~~!!!」

「誰だ!!何があった!!」

小此木の叫びにも、返答はなし。

「哀れな鶯が一羽、人の世に別れを告げたか…。」

「鬼だ!!鬼が来る!!おれは知ってるぞ…これは『鬼隠し』だ!!おれ達はみんな、この山で消されちまうんだ!!!」

「バカなことを言うな!しっかりしろ!!鶯か!?白鷺か!?」

「ひぎゃぐぉぎぇええ~!!」

恐怖で逃げだす山狗。

羽入と圭一の演技の勝利です。

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

状況報告がなく、業を煮やした鷹野さん。

戦況を確認するため、前線に現れます。

すでに「負け戦」を覚悟した小此木。

「三佐までおでましですか。すみませんねぇ。こんな山の中じゃ、お茶の1つも出せやしませんね。」

「ふざけないで!!戦況は!?」

「戦意」において、2人には確実な乖離がありますね。

小此木の場合、状況を把握しているからこそでしょう。

鶯は全滅、白鷺と雲雀も散り散り。

自分の鳳も、無線機を持った兵が逃走する始末。

戦闘訓練・実戦の経験があるからこそ、「逆転は不可能」を肌で感じているのでしょう。

鷹野さんにはそれが通用しません。

無線機を取りあげ、

「聞こえる!?私は鷹野三等陸佐。あんたたちの最高指揮官よ!!

聞きなさい!鬼もいないし、神様もいないわ!

もしいるなら、闘いなさい!

神などその座から、引きずり降ろしてやるのよ!」

一般企業にもありますね。

現場を知らない上層部の、無茶な指示。

鷹野さんの檄(?)の最中、小此木のもとに悪い知らせが。

入江機関が襲撃を受けたと。

詩音や葛西たちの件ですね。

終末作戦の完全な失敗を悟った小此木。

東京の「郭公(かっこう)」への連絡を指示します。

※郭公=野村、です。

「富竹は奪還され脱出。

村境で封鎖線を張らせているが…多分、阻止は無理だろう。

むしろ…今後のことを考えた方がいいだろうな…」

鷹野さんを見遣ります。

「ひぐらしのなく頃に 解」が見放題!

「hulu」は「ひぐらしのなく頃に 解」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。

2020/02/22時点では、

ドラマ:シロでもクロでもない世界でパンダは笑う、知らなくていいコト、トップナイフ、ランチ合コン探偵

アニメ:ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)、鬼滅の刃、ブラッククローバー、痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います

海外ドラマ:ウェントワース女子刑務所、ウォーキングデッド、スーパーナチュラル、フォーリングスカイ

バラエティ:ガキ使、ウチのガヤ、月曜から夜ふかし、マツコ会議、今夜くらべてみました

等が人気ですね。

月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。

ぜひ、お試しください!

前の記事:祭囃し編 其の九「攻防」
次の記事:祭囃し編 其の拾壱「オシマイ」


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました