「かぐや様は告らせたい」219話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編④ ネタバレ・あらすじ・感想



「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「219話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編④」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。





スポンサーリンク

第219話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編④


「恋愛では良い子ぶらなくていい」

石上に対して積極的になったミコでしたが、思わぬ好敵手ライバル登場…。

藤原に誘われたFPSのサーバーで出会った、「KOROMO」こと不知火ころも。

秀知院難題女子最後の一人と、共通の趣味を通して急接近する石上。

もちろん心中穏やかでないミコ。


そんな様子を見ていた小野寺さんと大仏こばち。

「大仏はさ、伊井野のこと応援しないの?」

当然の疑問です。

小学校からの親友・ミコの恋を応援しないのか。


しかし、ミコの気持ちに気付きながらも、「石つば」派だったこばち。

このシチュエーションにもこばちなりの考えがあるようです。


つばさ先輩がダメだったからミコに行く、そんな石上は見たくない。

失恋に付け入る今のミコも、どうかと思う。

だから簡単には応援できないと。


何とか自分も石上と同じ趣味を持ち、石上・不知火の間に割り込みたいミコ。

「頼れる先輩」白銀会長にレクチャーを依頼するも、FPSに詳しくない会長。

『直接石上に教わった方が、話も膨らむし親密になれる』

としながらも、ミコの回りくどさに共感を覚える会長。


若干一名、FPSに詳しそうな人を思い出します。

「仕事ぶりには信頼が置ける」

ものの、ミコに紹介するのは乗り気でない会長…。


「君が息子の後輩ちゃんか。よろしく」

オンラインで対面したのは白銀父。

「学生時代は64のゴールデンアイを死ぬほどやり込んだ」という白銀父。

「FPSファーストジェネレーション」を自称する白銀父に、コーチングを受けることになったミコ。


特訓は深夜にまで及び、睡魔に襲われるミコ。

ここらで終わっておこうとする白銀父に

「あと、もう一試合……」

と頼み込むミコ。


そんなミコの様子を見て、

「好きな人に近づきたくて、自分にFPSを教わっている」

事に気付いた白銀父。


「女の子がFPSを始める理由は大抵、彼氏か好きな男の影響だ」

「相手のことを理解したいのだろう?笑顔の理由が知りたいのだろう?」

散々イジリ倒します。


特訓の甲斐あって、初キル・初チャンピオンを経験したミコ。

「楽しい…きっもちいぃ……。もっと敵を撃ちたい。もっと殺したい……ねぇパパ、もう一試合お願い…」

ヤバ気にFPSにハマったミコ。


寝不足がたたり、教室でボーっとするミコに小野寺さんが声を掛けます。

パパが遅くまで遊んでくれた、と答えるミコ。

ミコの父は裁判官で忙しく、全然構ってくれないことを知っていた小野寺さんは、素直に喜びますが…。


「そっちのパパじゃなくて…」

「え?」

「昨日もすごくイジってきて…でもおじさん上手で優しくリードしてくれて…初めてヤった時もすっごく気持ち良くって……結局朝まで……私ハマっちゃうかも…」

『どうしよう……伊井野がパパ活にハマってしまった……』

大きな誤解を小野寺さんに与えてしまったミコ……。




前の記事:第218話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編③
次の記事:第220話☆


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました