「自殺島」の全話ネタバレ・あらすじ紹介



本記事執筆時点(2020/10/14)で、世界はコロナ禍の真っ只中にあります。

コロナが影響しているのか、そうでないのか分かりませんが、今年は例年にないほど、有名芸能人が自ら命を閉じられています。

ただでさえ不安な世の中で、「有名芸能人が自●」などというニュースの見出しを見ると、余計不安に陥ってしまいます。


そんな今だからこそ、敢えて読んでいただきたいのが「自殺島」(著・森恒二/白泉社)です。

「自殺未遂を起こした」

「死ぬことを志願した」

「けれども死ねなかった」

そんな人々が送り込まれたのが「自殺島」

ここで彼らは、「生」と「死」の本質と向き合います。


ある者は生を諦め、

ある者は死に抗い、

争いの中で人を殺め、

新しい命が誕生し…。


「生」と「死」の側面が凝縮して描かれた本作、「こんな時期だからこそ」お薦めしたい作品です。






自殺島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました