「かぐや様は告らせたい」182話あらすじ・ネタバレ

こちらでは「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「182話☆大仏こばちは見つめてる」の感想・あらすじ・ネタバレをご紹介します。

最新話「第183話☆白銀御行は慰めたい」のあらすじはコチラです。




スポンサーリンク

第182話☆大仏こばちは見つめてる


秀知院学園が誇る「難題女子」の一人、大仏こばち。

伊井野ミコ会計監査の親友である大仏こばちは、幼少期に芸能活動をする「美少女」でした。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


旦那
旦那

ミコが石上会計をかばって腕を折った際、見舞いに来た小野寺さん共々、 大仏こばちの容姿をべた褒めでしたが…本当に可愛かったんですね。

メガネを外したら、どんなことになるのやら…。


両親ともに芸能人ですが、母親の「不倫」が発覚し、周りからは「同情の体」を装った、「ざまあみろ」の大合唱…。

それでも、ミコはそういうのを見ると怒り普通に優しい大友京子がおり、ヒソヒソとこばちの噂話をする女子に正論でDVする石上は、こばちよりも顰蹙ひんしゅくを買い…。

そんなこんなで、その出来事はそれほどトラウマにならずに済んだ、大仏こばち。


そんな時、こばちに接触してきたのは、中等部の先輩・子安つばめでした。

自分もこばち同様、嫉妬の対象になっていた子安つばめ先輩

最初は「お節介な先輩」と思っていたこばちも、

「女の人に可愛いって言われるのが、苦手なんです。なんだか、生まれつき才能があってズルい、って言われてるみたいで。嬉しくないのにお礼言わなきゃいけないし

なかなかに「自慢」に聞こえる悩みですが…そんな悩みにも微笑んで答えてくれる、つばめ先輩。

辛いときは言ってよ。とりあえず味方してあげるからさ


そんなつばめ先輩を好きになった石上は、正しい。


前話「大友京子」と会うことにしたつばめ先輩。

石上に対する誤解を解きたい、と。

ただ、真実をありのまま伝えては、石上のやったことが無駄になります。

つばめ先輩が考えた、「なるべく丸くて、角の立たない妥協点


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社



こばちにとって、それは「とんでもない事」だったようです。

その「とんでもない事」は大掛かりになる、かぐやとこばちに協力を頼む、つばめ先輩。

「いいじゃないですか、それ。実に私好みのやり口ですよ」


旦那
旦那

かぐやが「悪い顔」で笑っているので、かぐやにとって「面白い」話なのでしょう。



二つ返事で話に乗るかぐや。

もちろん、こばちも協力するようです。


親友のミコには悪いけれど…

『ミコちゃんは本当にいつも、タイミングが悪い

ごめんね、ミコちゃん。本当は応援してあげたいけど、今回ばかりは私にも意地があるから』


石つば派」がどうこう以外に、こばちには石上を応援したい理由があるようです。


「『君の努力は 報われる』だっけ?私もそう思うよ」

一人図書室で勉強に勤しむ、石上への一言。

旦那
旦那

こちらで私も書きましたが、多くの方が 予想されているように、例のミコへの手紙は、石上が贈ったものだったのです。

それに気づいていたこばち。理由を尋ねると、

「あれは純粋に、あのままだと伊井野が潰れそうだったから…。

頑張ってるのを、ちゃんと誰かが見てるって、教えてやりたかったんだよ。」


「そっか…見てる人って、ちゃんと見てるもんだよね。

ねぇ、知ってる?

私も君の事、ちゃんと見てたよ」


旦那
旦那

これが、こばちが石上を応援する理由。

ミコであっても、応援できない。

石上が「好きになった人」と結ばれてほしいと願う、大仏こばちの理由でした……。

いやぁ……こばちゃん、本当良い子……。



大仏こばちの、「恋」に至らなかった「好き」。


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


旦那
旦那

鳥肌が立った…。

こばちが格好良すぎた。

それしか言えない…。


前の記事:第181話☆四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑤
次の記事:第183話☆白銀御行は慰めたい

かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました