*ネタバレ注意*「死役所」あらすじ・感想 第104条 「レジェンド②」





※ 本記事に於いて著作権を侵害する意図はございませんが、権利者様より著作権侵害のご指摘を頂戴した場合には、直ちに記事の修正・削除を行います。
お手数ですがお問合せフォームより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。


【この記事では死役所 第104条 「レジェンド②」のあらすじをご紹介します】








スポンサーリンク

第104条 レジェンド②


少し変わった性格の清掃員・柳さん。

いつものようにゴミ収集をしていると、収集車の後部の回転板に挟まれてしまって…。

果たして柳さんの運命は…。


ファ〇ク


死役所に「ファ〇ク!「ファー〇ク!」という柳さんの声が響きます。

やはり亡くなってしまった柳さん…。

死の瞬間を思い出し、落ち着かない様子の柳さん。

シ村さんに促され、「人為災害死課」の岩シ水くんのもとへ。


柳さんの見た目、亡くなり方を知って都度「うわっ」「うわ~」というリアクションの岩シ水くん。

前話冒頭の「きつい死に方」でも相当上位に来るであろう柳さんの亡くなり方。

回転板に挟まれて頭頂部は無く、脳も出てしまってますから…。


右腕も完全に折れていて、自分で申請書類を書くことができません。

シ村さんが代筆することにしますが、やはり落ち着かない柳さん。

楽しいことでも思い浮かべては、というシ村さんの言葉に従うことに。


今日はサンデー


日曜日、ツーリングに出かける自分を思い浮かべる柳さん。

身だしなみを整え服を着替え、持ち物をチェック。

「スマホ、タバコ、チョコ、タオル、キー、財布、クギ

やはり「クギ」は欠かせないようです。


想像の中でツーリングを始める柳さん。

自分のバイクに対する愛着は相当です。

信号待ちでショーウィンドウに映るマイバイク、パーフェクトシルエット!


神社を見つけてお参りに。

早くあの車が見つかりますように

違う、違う」と探していたのは、やはり車だったようです。





敵は取った


海沿いの道を走り続ける柳さん。

とうとう「あの車」を発見。

追いかけろ、離されるな!


交差点を曲がりウィンカーを出し、路肩に停まる車。

今だ!

追い越しざまにクギで車の側面部を「キーーーッ」っと……。

マイバイクよ…敵は取ったぞ……。


以前見知らぬ男性にバイクを倒され、そのまま逃げられた柳さん。

以来相手の車を「違う、違う」と探し続け、敵を取るべく常に「クギ」を持ち歩いていたんですね。

想像の中とはいえ、バイクの敵を取ったことで落ち着いた柳さん。



そんな柳さんに、シ村さんが一枚の申請書を差し出します。

「挺身申請書」

1巻の第2条「命にかえても」で、自分を雇ってくれた工場長を身を挺して守って亡くなった、上杉涼子産のお話しにも出てきました。

身を挺して他の命を助けた方が書くものです。


柳さんが回転板に巻き込まれたのは、ゴミ袋の中に入れられた「猫」をとっさに救おうとしたから。

ゴミ袋を開け、猫を逃がしたものの……片腕は回転板に巻き込まれ、「にしざわっ」と助けを求めますが……。


なぜ猫を助けたのか?

シ村さんの問いに、「とっさに」と答えた柳さん。

猫が見えたからこう手を伸ばして…。

どうやら自分の死の瞬間を思い出しても、平気になった様子。

成仏のために手続きを進めます。


トラウマ


急に落ち着いた柳さんを見て、不思議がる岩シ水くん。

もう死んでますから、と答えるシ村さんに、じゃあ生きてたら絶対トラウマになりますね、と岩シ水くん。


現世でパチンコを打つ柳さんの同僚・西沢。

台をバン!と叩いて(通称:台パン)いますが、当たりを引けないことが原因ではなさそう。


以前たまたま休日にコンビニに寄ったとき、柳さんに会った西沢。

友達と一緒だった西沢は、あのおっさんすげー嫌い、誰かあのおっさんのバイクぶっ壊してくんないかな、と。

それを西沢の友達が本当に実行

柳さんのバイクを倒したのは西沢の友達で、きっかけは西沢の一言だったようです。


その柳さんの凄惨な最期を見た西沢。

しっかりとトラウマになった様子です……。

パチンコに集中できず、足の震えが止まらず、台パンを続ける西沢…。


感想


柳さんが探していたのは、やっぱり自分のバイクに被害を加えた車だったんですね。

そしてその加害者は西沢の友人で、きっかけは西沢の一言。

柳さんの死は西沢の過失ではありませんが、その最期はしっかりと西沢の脳裏に刻まれることに……。


ゴミ収集車(正確には「パッカー車」と言うそうです)による事故は、実際にあるそうですね。

清掃員の方が亡くなったというニュース記事を見つけることはできませんでしたが、ごみを捨てに来た方が巻き込まれて亡くなられた、なんて事例はあるそうです。


ゴミがパンパンに詰まった袋を圧縮し、大量のゴミを積めるようにするための回転板ですから…。

そこにかかる圧力は、人の身体なんて簡単に押しつぶしてしまうでしょうね。

その姿を目の当たりにした西沢。

断末魔のように自分を呼ぶ柳さんの声。

人を呪わば穴二つ、というところでしょうか…。




前の記事:第103条 レジェンド①
次の記事:第105条


死役所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました