かぐや様は告らせたい第25巻【*ネタバレ注意*・あらすじ紹介】





※ 本記事に於いて著作権を侵害する意図はございませんが、権利者様より著作権侵害のご指摘を頂戴した場合には、直ちに記事の修正・削除を行います。
お手数ですがお問合せフォームより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。



【本記事は「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第25巻のあらすじを紹介するものです】



本記事執筆時点(2022/01/31)での収録予定話について、掲載しております。





スポンサーリンク

第242話☆四宮家


「今、四宮家がどういう状況なのか知りたくないのか?」

四宮家三男・雲鷹うんように連れられ、訪れた先は四宮家総帥・雁庵がんあんの病室。


雁庵がもう長くないこと。

かぐやが正妻の子でなく、妾の子だったこと。

同じく妾の子で、四宮家でかぐやと同じ立場にあった雲鷹に、かぐやが預けられたこと。


かぐやの過去と四宮家の今を色々知り、そしてかぐやにとっての「弱点」である会長。

そんな会長に、雲鷹が「護衛」として連れてきたのは……。




第243話☆早坂愛は着替えたい


雲鷹の計らいで、会長の護衛に就いたのは「早坂」

「24時間の護衛が必要」とのことで、会長宅に泊り込むことに。

家族にはどう説明すべきか……。


四宮と別れたって話は絶対しない方がいい!」

「じゃあ、私たちの関係をどう説明するの?私は御行くんから離れられないんだよ?」

そんな話が兄の部屋から聞こえてくれば、当然勘違いする妹・圭。


部屋を覗くたびに「新しい彼女」に着替えをさせる兄に、キレた圭は……。




第244話☆石上優は下を向く


四宮家vs四条家の戦いの火ぶたが切られ、かぐやが失踪した後…。

明らかに出席率の落ちた生徒会を嘆く石上。


そしてそのメンバーの中には、伊井野ミコが。

ミコに来て欲しい…でも来てくれない…。

つばめ先輩にフラれて数ヶ月、新しい恋に向かおうとする石上に対して、ミコの想いは……。



第245話☆そして、石上優は目を閉じた④


「誰かにつけられてる気がする」

ストーカーの存在を疑うミコ。

彼女を心配した大仏こばちと小野寺麗は、石上にミコの送迎を依頼。


「……タクシー使えば?」

ぞんざいな態度ながらも、本心は心配な石上。

ミコを自宅まで送り届けると、心底心細い様子のミコに、石上の想いは止まらず……。




第246話☆そして、石上優は目を閉じた⑤


ストーカーの存在に怯えるミコを自宅まで送り、そのままミコの家にお邪魔する石上。

「部屋行こ……」

ミコに誘われるがまま、ミコの自室へ。

ついに一線を越えてしまうのか……。


が、話は「生徒会の今後について」

しかもミコの手は、石上の手に重ねられたまま。

甘い雰囲気の中、マジメな話題を振られても頭に入らず…。


そんな二人の雰囲気を割くように、石上の携帯が。

画面に表示された名前は……。




第247話☆石上優は言い出せない


電話の主はかぐやでした。

用件は「秀知院を辞めることを会長に伝えて欲しい」というもの。

そんな重要なこと、自分の口からは伝えられない……。


金持ちが集まる秀知院の中でも、比較的「一般家庭」に近い石上とミコには、かぐやの置かれた状況を想像しづらい。

「こういうのに詳しいのって…」

相談した相手は造船会社会長の娘で、祖父は経団連の理事・柏木渚さん。

彼女が想像する、かぐやの置かれた状況とは……。



第248話☆かぐや様は別れたい


柏木さんの想像するかぐやが置かれた状況は、

「四宮家の人たちは、かぐやさんを他の人と結婚させようとしてる」

というもの。

そして、会長のもとに直接電話してきたかぐやは、

会長……ここで、終わりにしませんか?


かぐやなりに頑張りました。

自分の持つカードで、四宮家長男・黄光に立ち向かいました。

「白銀家家族もろとも地獄見せてやらぁなぁ!」

かぐやにとって最大の弱点はやはり、会長でした……。



第249話☆かぐや様は別れたい②


かぐやに別れを告げられ、放心の会長の前に現れたのは四宮家次男・青龍。

手切れ金として「一千万」を会長に差し出しますが、会長は納得いきません。

「この百倍、10億で手を打つ!」


もしかしたら会長がかぐやを救ってくれる…。

そんなことを望んでいた早坂でしたが、実際は会長も金に目がくらんだ…。

「早坂。いつ俺が諦めたなんて言った?」




第250話☆白銀御行は頼りたい


手に入れた10億は、あくまで「軍資金」

かぐやを取り返すことを全く諦めていない会長。

その会長が頼ったのは、生徒会メンバー。


石上とミコが、それぞれ自分のプランを展開しますが…。

更に現実的なプランと、大量のデータを持参したのは藤原書記。

「かぐやさんを大好きなのは、会長だけじゃないんですよ?会長がやらないなら、私ひとりでやるつもりでした」



第251話☆四条帝は守りたい


「その話、私も一枚噛んでいい?」

かぐや救出に名乗りを上げる、四条眞妃さん。

四宮家とバチバチにやり合っている四条家の長女ですが、かぐやのことは助けたいようです。


しかしそんな眞妃さんより、かぐや救出に本気の人間が。

「あの2人に昔何があったか知らないけど、ずーっと下準備はしていた。それこそ10年前から」

四宮家次期当主・黄光に取り入ってまで、かぐや救出に懸ける帝の想いとは…。




かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました