「天空侵犯」第4巻 ネタバレ・あらすじ・感想




「天空侵犯」(講談社・マンガボックス/三浦追儺・大羽隆廣)第4巻あらすじをご紹介するもので、ネタバレを含みます。






スポンサーリンク

第51話 天使の義務


自分に「卑猥なこと」をしようとする筋肉男(仮面ではない)から逃げていた女子高生。

筋肉男の武器は、銃弾も弾き返す頑丈な「盾」。


仮面の命である「天使の義務」に従い、女子高生を助けようとするスナイパー仮面

自分のスナイパー弾が盾に効かない…すぐに作戦を変更し、筋肉男の渡る吊り橋を撃ち抜き、筋肉男を落下させます。

“神”に近づいているという女子高生から話を聞き始めます。


第52話 この女の名前は


女子高生の名は「新崎久遠しんざきくおん

おっとりとした性格、躾が厳しく「お嬢様口調」であること以外、全く以て「普通の女子高生」


6巻表紙の新崎久遠とスナイパー仮面



一緒にいてほしいと懇願する久遠に、「やることがある」と断るスナイパー仮面ですが…。

ゆりのことを思い出し「おひとよし」な女がいるから連れて行くと。

そこまで一緒に行動することに。


一方ゆりとニセちゃん。

仲間集めにいくつかのビルを移動中。

ニセちゃんが何気なくビルの下を覗き込むと…西浦仮面のようにビルの外壁を登ってくる「コックさん仮面」

屋上から引きずり降ろされ、階下の部屋に放り投げられるニセちゃん。


©講談社・マンガボックス/三浦追儺・大羽隆廣




第53話 上回った


元の世界で「人の首を斬りたい」欲求に駆られていた仮面。

この世界に来て仮面になり、その欲求を爆発させます。


自らを「コックさん仮面」と呼ぶ男は、スナイパー仮面のように会話ができる仮面

佐川仮面の時にゆりが使った「飛び降りるから」も、コックさん仮面には通じません。

腹を括ったニセちゃんは、コックさん仮面と殺り合う覚悟を決めますが…。


「君のものが手に入るなら、他の奴らなんてもういらない!」

コックさん仮面がボストンバッグに詰め込んだ「首」をぶちまけると…。

自身の足元に生首が転がる光景に、さすがにニセちゃんの戦意も喪失。

「いらない子」扱いされてきた過去を思い出し、自分が悪いから首を斬られて殺されちゃうんだ…生を諦めます。


と、窓の外から発砲。

宙づり状態で逆さになったゆりが、窓の外からコックさん仮面を撃ったのです。


©講談社・マンガボックス/三浦追儺・大羽隆廣




第54話 なのだけれど?


屋上から突然消えたニセちゃん。

階下の話声から、ニセちゃんが仮面に襲われていることに気付いたゆり。

部屋のカギは外から開かないかもしれないし、階段を降りると時間もかかる。

そこで自らの服を結び、両端を屋上の柵と自分の足首に巻き…飛び降りたのです。


命綱である自分の服が、自身の身体を支え切れなかったらアウト。

そんな状況下でコックさん仮面を撃ったゆり。

『本城さん…貴女って本当に…本当に……神だわ…


第55話 黒いビル


コックさん仮面に辛勝したゆりとニセちゃん。

『次は私が本城さんを助けないと…』

ゆりに特別な感情を抱きかけているニセちゃんですが、

「ニセちゃん!新しい仲間ができるよ!!」


ゆりが見つけたのは「仲間を集めています」という張り紙。

しばらく2人で彷徨さまようつもりでいたニセちゃんは、ご機嫌斜め。


同じころ、新崎久遠とスナイパー仮面も同じ張り紙を見つけ、両者は張り紙に書かれた「黒いビル」を目指します。


第56話 ところで


「黒いビル」を目指すゆりとニセちゃんは、途中のビルで「月野」「松本」の男性2名に拘束されます。

拘束はすぐに解かれたものの、この2人は例の「張り紙」の仲間。


次いで現れた小学生女子仮面を躊躇なく銃殺する月野。

張り紙には「この世界の状況を平和的に解決したい」と書かれていましたが…。

彼らを信じていいのか…??



第57話 神のコード


「これから向かう場所は数人の方々がいらっしゃるようですし…」

粗相があってはいけないと、この状況下でシャワーを浴びる新崎久遠。

マイペースな久遠に、ペースを乱されるスナイパー仮面。


「お待ちいただく間、この世界で私が撮影した写真など、ご覧になられてはいかがでしょう?」

久遠のスマホの写真を見ていくと…

「ご案内

 この世界は神を誕生されるための機関です

 領域内に存在する「神のコード」をお探しください」


何ともド直球な「ご案内」に、クールなキャラを忘れて取り乱すスナイパー仮面。


©講談社・マンガボックス/三浦追儺・大羽隆廣




一方先に「黒いビル」の手前に到着したゆりとニセちゃんは、月野の指示で「2人ずつ」黒いビルへの吊り橋を渡ることに。

最初に渡るのは月野とゆり。

『「いざ」となったら…「人間を殺す事」も考えておかなければならない!』

第58話 社長


月野と共に吊り橋を渡り終わったゆり。

聞けば「仲間」は8人いると。

「まずはリーダーに挨拶」ということで最上階の部屋に通されるが、そこには「仮面」が…。


虚を衝かれたゆりは月野のスタンガンを食らい、身動きが取れない状態に。

(ガムテープでコードが見えないように細工された)仮面を取った「社長」と呼ばれる男。


自分たちが「平和的に」この世界を出るための、「実験台」であり「生贄」を集めていたのです。

見事に騙されてしまったゆり…。


第59話 主人公…ですか?


大学生の山波康平はこの世界に迷い込んで数十分。

ゲーム会社への就職を希望する山波は、自分を「ゲームの主人公」だと思うことで冷静さを保ってきましたが…。

2体の仮面に挟まれ、絶体絶命。


自ら命を絶とうと、ビルから飛び降りようとした瞬間…。

ハンマーと銃で2体の仮面を倒した、「本物の主人公」本城理火。

しかし理火本人は

「主人公に向いてるのは”“の方でしょう」

その妹・本城遊理は、「社長」の一味にスタンガンを食らった影響で身動き取れず、大ピンチ…。



第60話 存在を知らない


トイレに寄って顔を洗い「ある覚悟」を決めたニセちゃん。

トイレから出ると、廊下で待つ松本は音もなく頭を破壊されていました。

もちろん仮面の仕業です。


ライダースーツにヘルメットを被った「ライダー仮面」(……仮面ライダーではない)は、ゆりが囚われている部屋に侵入。

ボクシングスタイルのライダー仮面は、社長一味をあっという間に全滅させます…。


第61話 あなたのことが好きよ


身動きのできないゆりに、ライダー仮面は気付いていない…?このままやり過ごせれば…。

「来いよ」という意味合いの「くいっくいっ」という手の仕草。


「スナイパー仮面」より「メイド仮面」より強い、「ライダー仮面」

戦わずに済ませたかったゆりですが、そうもいかない様子。


諦めて立ち上がり、ライダー仮面に銃口を向けるゆり。

「しょうがない。死ぬなら戦って死ぬわ!


そこへ先ほど「覚悟」を決めたニセちゃんが…。

「本城さん、私はあなたのことが好きよ。だから…あなたが”殺される”なんてことは絶対に許せないの」

おもむろにバッグから取り出したのは…「仮面」!?


©講談社・マンガボックス/三浦追儺・大羽隆廣




前の記事:天空侵犯 第3巻
次の記事:天空侵犯 第5巻


天空侵犯
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました