ひぐらしのなく頃に業 「郷壊し編 其の壱」あらすじ【※ネタバレあり】




【この記事には「ひぐらしのなく頃に業」のネタバレを含みます】





前話で沙都子が「鬼騙し編」の記憶を保持していることが分かりました。

圭一のように「鬼隠し編」で魅音・レナを撲殺したこと、「祟殺し編」で北条鉄平を撲殺したことが「フラッシュバック」したのとは違って…。

梨花ちゃんのように、別の世界の記憶を「引き継いでいる」感じでしたね。

そして拳銃を保持していることも分かりました…。


「猫騙し編」で沙都子が梨花ちゃんを「綿流し」した際に、梨花ちゃんが「雛見沢を離れたこと」をひどく非難していましたが…。

沙都子が「ずっと梨花と一緒に雛見沢にいたい」と望むだけなら、前話で拳銃を取り出す必要はありませんし…。

そもそもその拳銃、どこで手に入れたんだ?って話もあります。


沙都子だけじゃなく、他にも「繰り返し」ている人がいるのか…。

まだまだ今後の展開は(私には)読めません。


ということで、新章「郷壊し編」ご紹介していきます。


スポンサーリンク

郷壊し編 其の壱


冒頭はオリジナルのひぐらしのなく頃に解「祭囃し編」の終盤。

東京の「野村」にそそのかされ、緊急マニュアル第三十四号「雛見沢大災害」を引き起こそうとした鷹野さん。

しかし、梨花ちゃんをはじめとした部活メンバーたちにそれを阻まれ…。

野村からも見放された鷹野さんが、「最後に一矢報いる」ために羽入に向かって撃った拳銃が、外れた後…。

「雛見沢症候群」発症が疑われる鷹野さんを、富竹さんが保護します。


100年の繰り返しを経て、やっとたどり着いた昭和58年7月。

それから約1年、昭和59年の6月雛見沢。

相変わらず2人の生活を続ける梨花ちゃんと沙都子。

服装が変わっているので、2人とも中学生になったようです。

と言っても、通う先は「雛見沢分校」なのですが。


魅音が取り寄せてくれたという、2人お揃いの制服にまだ慣れない、進学から2ヶ月。

雛見沢分校分校の委員長は圭一に。

魅音は分校を卒業し、興宮の高校に通っているようです。


魅音を除く部活メンバーが机を合わせ、昼食の弁当を食べる。

沙都子と圭一がおかずを取り合う。


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会


変化


1年前とそう変わらないように見えますが、実際はそうでもない様子。

魅音は進学先で「ゲーム文化研究部」を立ち上げ、忙しくしているそう。

「会おうと思えばいつでも会える」

そう思っていた面々ですが、実際は若干疎遠に…。


「普通の学校だと、進級や進学で人間関係が変わったり、疎遠になったりするのは珍しくないんじゃないかな。それでも、魅ぃちゃんが雛見沢分校のことを、忘れたわけじゃないと思うよ」

フォローするレナですが、しんみりした雰囲気に。


部活も、圭一が「部長」を引き継いでおり、

「魅音が作った部活精神を、雛見沢分校が続く限り受け継いでいかないと」

レナ・梨花ちゃん・沙都子の既存メンバーだけでなく、富田くんや岡村くん、下級生の女子たちも混ざっての部活。

年下の女の子もいるため、トランプは新品で沙都子の「ガン牌」も無し。

毒気が少なく、皆も参加しやすくなった反面、既存メンバーには物足りないものに…。


特にトラップ使いの沙都子と、それを間近で見てきた梨花ちゃんにとって、今の部活は「健全過ぎる」。

「奉納演舞の練習」を口実に、先に帰る梨花ちゃんを沙都子が追いかけ、2人とも帰ることにします。


雛見沢症候群


この1年でずいぶん変わった雛見沢と自分達。

その変化を

「少し寂しかった」

と捉える沙都子。


場面は入江診療所。

沙都子は雛見沢症候群の発症を抑えるため、毎日注射をし、定期的に入江先生のもとに通っていました。

沙都子の制服を見て、自分は「機能性・デザイン性」の面から、「メイド服」を魅音に推薦していたと語る入江先生。

普通の制服を着ている沙都子を見て、「由々しき事態」だと…。


旦那
旦那

この先生、いい人だし優しいし、基本マジメなんだけど、ふざける時の方向性と、ふざけ方に問題アリですよね……。




本題に戻って、沙都子の病状について。

この1年で劇的に良くなっているという、沙都子の雛見沢症候群。

1日3本打っていたという注射も、今では1日1本に。


そして、最新の検査結果で「それももう必要ありません」

沙都子の雛見沢症候群は「完治」したのです。


1度高レベルで発症した雛見沢症候群は完治しない、というのが入江先生の見立てでしたが…それが覆ったのです。

病気の原因に変化があったのではないか、と推測する入江先生。

理由は、雛見沢症候群の症状が村全体で好転しているため。

患者よりも病気の方に変化があったのでは?と考えているのです。


『1000年人間不信だった誰かさんが、やっと素直になっただけよ…』


旦那
旦那

誰かさん=羽入のことでしょうね。




お願い


その夜、「雛見沢御三家」当主3人、園崎お魎と公由村長、梨花ちゃんが集まります。

改まって梨花ちゃんから2人に、綿流しのお祭りの時に「お願い」したいことが。


「お願い」の内容を聞いた公由村長は「賛成」

自分達年寄りの為でなく、若い人のためにと。


お魎さんは「好きにすりゃええ」


旦那
旦那

若干拗ね気味に見えますが…このお婆さん「ツンデレさん」ですからね。

沙都子を救うために圭一が頼みに来たときも、かなりの「ツン」を披露していました。



そしてお祭り当日…。

いつも通り演舞を終えた梨花ちゃん。


その後、演舞台にお魎さんと村長が。

梨花ちゃんのお願いとは、ダム戦争とダム戦争に起因する悪しき柵の終結。

そして「オヤシロ様の祟り」の否定。

それをお魎さんと公由村長から、村の皆に話してほしい、ということでした。


前者は沙都子のため。

未だダム建設推進派のリーダーである「北条家」を、良く思わない人たちがいる。

そんな因習を終わらせる、という公由村長の宣言。


後者は村全体のため。

オヤシロ様は外から来る者を拒み、外に出て行こうとする者を祟る

「すったらん、そんな祟りなんぞありゃせん!


村に新しい風が吹くよう、祟りを否定するお魎さん。

困惑しながらも「梨花ちゃまが仰るのなら…」と納得する村民たち。



お祭りから日が経った後、梨花ちゃんは沙都子にも「お願い」を。

「一緒に買い物に行って欲しいのです」


向かった先は興宮の書店、「学習参考書」コーナー。

「梨花、こんなところに用はございませんでしてよ?」


旦那
旦那

いやいや、さも当然のように…。

中学生ですもん、参考書くらいは買うでしょう。


しかし、梨花ちゃんのお目当ては……。

「ずっとずっと、ボクには内緒にしていた夢があったのです」


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会


梨花ちゃんが沙都子に差し出したのは、「聖ルチーア学園」の問題集。

「そしてそれを、沙都子と一緒に叶えたいのです!




前の話:猫騙し編 考察
次の話:郷壊し編 其の弐


ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました