「自殺島」第15巻 ネタバレ・あらすじ・感想




「自殺島」(作者:森恒二さん)第15巻あらすじをご紹介するもので、ネタバレを含みます。




スポンサーリンク

第百四十一話 救出作成


校舎の周りは見張りだらけで、屋上に矢を射れる場所は限られますが、木に登りながら何とか屋上に矢を放ちます。

セイの矢だと気づき、結んだリードを引くよう指示を出すのはタエ。


元看護士ということで、けが人・病人を看てきたタエ

当初は人が亡くなる度に泣いていましたが…。

ミノルの最期をしっかりと看取り、今では女性陣の中でもミキ、レイコと並んで頼れるメンバーです。


屋上にロープを固定し、登れる準備が出来ました。

教室のある方は、ベランダや手すりがあるので登りやすいのですが、その分見つかる可能性も高まります。

残るは校舎側面…手すりも凹凸もなく、腕力だけが頼りです。


比較的細身 or 小柄なリョウ、セイ、ケンが名乗りを上げます。


©「自殺島」森恒二/白泉社




「僕も……行く……!」

最後に名乗りを上げたのはボウシ。


お世辞にも細くはない体格で、登れるのか…。

皆の説得も「タエのために、タエを助けなきゃ」というボウシの強い気持ちは、変わりません。



第百四十二話 決死の壁登り


先に武器等を袋に入れて屋上にあげた後、いよいよ壁登り。

先頭はリョウです。

長身ながら細身で身軽、腕力もあるリョウですが、それでも屋上までは一苦労です。


その様子を下で見ていたケン。

自分には難しいと、涙ながらに諦めます。


次はセイ。

木に登ったり弓を引いたりして腕力があり、小柄で細身。

それでもかなりキツイ壁登り。

何とか屋上に到達します。


「ケンは…これないと思う…ボウシも…」

セイの言葉をよそに、ボウシが登り始めていました。


毎日ハンマーを振り、木を削って鉄を叩いて鍛え上げた腕

そして屋上には大切なタエがいる…。

その一心で登り続けるも、腕の力は限界……。


「腕でも身体でも、どこでもいいからロープを巻け!引き上げる!!」

リョウの言葉で、自分の体にロープを巻き付けたボウシ。

屋上から引き上げてもらいます。

やっとのことで屋上に辿り着いたボウシは、タエときつく抱き合います…。


©「自殺島」森恒二/白泉社



第百四十三話 突入


廃校グループの作戦は「陽動作戦」

リュウたち下に残ったメンバーが見張りを倒し、廃校内に突入

そこへ屋上組が、上から攻撃するというもの。


首尾よく見張りを倒したリュウたちですが…その異変にいち早く気付いたサワダ。

廃校グループの人質も含め、女性を全員裸にし、「人間の壁」を準備します。


一方廃校グループは作戦通り、下から攻め込み相手の気を引き、屋上側が攻撃。

自分達が守りのために準備した武器を使われ苦戦するも、徐々に相手の戦力を削いでいきます。


女性陣を全員裸にしたサワダ。

「いいか、オマエら!こうなったらもう、楽しんだ方が勝ちだ!この異常で刺激的な状況を…徹底的に楽しむぞ!いいな!!」


©「自殺島」森恒二/白泉社




求めていた「刺激」下におかれ、1人興奮するサワダ…。


第百四十四話 誰の為に…


ミキ・ケンのスリングショットで、校舎内の戦いを優勢に進める廃校グループ。

対する港側グループも、廃校グループが作っておいた盾を持ち出し、スリングショットを防ぎながら攻撃に出ます。

スギが避けたその攻撃を受けたのは、後方からスリングショットを撃っていたミキ。

「戦いに向いていない」性格を自負するスギですが、ミキが相手の攻撃を受けたことで完全にキレます


旦那
旦那

ミキがリョウに想いを寄せている描写はいくつかありましたが、そんなミキにスギは好意を寄せていたのでしょうか…?




しかしそこはやはり「戦いに向かない男」スギ。

あっという間に劣勢に…倒れたところを槍で突かれそうになります。


「…ま…待って……っ……!」

刺される……内臓を刺されたら、ミノルの様に助からない…観念して目を閉じるスギですが、相手は刺すことを躊躇しています。

スギを刺そうとしている彼、九十四話でセイに逃がされた彼でした。


旦那
旦那

セイが廃校を出るきっかけになった出来事でしたね。




躊躇う彼を、港側グループの仲間は「早く刺せ!!」と。


©「自殺島」森恒二/白泉社




そこに駆け付けたのは、屋上から降りてきたセイ。

「誰のために戦ってる…?誰の為に死ぬんだ…?僕は死にたくない、殺したくない!!君らはどうなんだ!!」


セイの問いに答えられない彼……槍を下ろし「行けよ……人質はこの奥だ……」

セイの問いに「応えた」彼のおかげで、人質のいる場所に辿り着いた廃校グループ。


その教室から出てきたのは、裸にされ、昔の罪人のように手首と腰を互いに縄で繋がれた人質女性。

その中にはトモの姿も……。




第百四十五話 ~挟撃~


「人間の壁」を前に、廃校グループを煽るサワダ。

親友トモを貶める行為に完全にキレたセイは、人質の隙間に見えた港側グループの男性の腕を射抜きます。


人質がいても外さない自信と、躊躇なく「敵」を射る覚悟を決めたセイ。

自分を守るため、隙間なく人質を並べようとするサワダですが、「それでも射れる!」とセイ。


「やれ!」

サワダの合図とともに、教室側にいた人質女性が槍で突かれ、腕にケガを。

教室内からカイが槍で突いたのです。


旦那
旦那

「持たざる者」以下になったカイ、堕ちたもんです。




武器を捨てるまで人質を突くのを止めない、というサワダ。


旦那
旦那

3階の窓からミヤノを落し、殺してますから…ブラフでなく本気なのでしょう。




その頃スギの指示で、ケンとボウシがサワダの背後に回っていました。

前後からの挟撃です。


ケンのスリングショットがサワダにヒットしたのを皮切りに、一斉に攻め込む廃校グループ。

せめてもの抵抗と、人質を槍で突こうとするカイですが、こちらはボウシのスリングショットで撃たれます。

「言ったろ?君は何もできない」


©「自殺島」森恒二/白泉社




サワダを囲もうとする廃校グループと、それを阻止しようとする港側グループ。

サワダを倒すまで、あと一歩……!


第百四十六話 許す事 殺す事


ケンのスリングショットがサワダを狙いますが、彼の迫力に気圧されたケンが外します。

助けを求める港側グループの男性を鉄パイプで殴り、教室の窓からロープを伝って逃走を図るサワダ


地上に降りたところで目に入ったのは、数人の女性。

彼女らを人質にしようと考えるサワダですが、その中にはイヴが。

背を向け逃走するサワダに、イヴは矢を放ちますが、肩口に刺さっただけ…。

サワダの逃走を許してしまいます


サワダはケンのスリングショット、イヴの矢を受け、出血しての逃走。

「イキルなら匂いで追える」

セイとケン、リュウがサワダを追うことに。


港側グループの女性たちが口々に

あの人を…サワダ様を殺さないで!」「あの人が死んだら…私たち、生きていけない!


旦那
旦那

完全にカルト宗教の教祖ですね…。




「誰がサワダだけ殺すといった…?もちろん君たちも殺す!彼が死んだら生きていけないんだから、当然死ぬよな?」

港側グループの女性に、ミノルは殺された……親友を殺されたボウシの怒りは収まりません。


「サワダに言われ、仕方なくやった」と反論する港側グループ女性。

そうであろう事情は考慮するも、立場が逆なら廃校グループが皆殺しにされた可能性も否めない…。

それに、廃校グループは外の見張りを含め、誰一人殺めていません


「発言には注意するんだな」

リュウが港側グループのメンバーを諫めます。


港側グループ女性と共に、保護されたトモ。

「あいつを殺すんだよね……?分かってる、そうするしかない…。でもあいつは…病気なんだよ……薬物依存の影響で、どこまでも刺激を欲するアドレナリン中毒……。あいつも苦しいんだ…同じ未遂者なんだ……」


アドレナリン中毒……「物理的、社会的、法的、財政的リスクを無視した、新規で強烈な経験の追求」で得られる感覚の追求に取り組んでいる人のことを指す。

ウィキペディア(Wikipedia)より


©「自殺島」森恒二/白泉社




サワダに同情するトモ…。


第百四十七話 追跡


イキルの嗅覚を頼りに、逃走したサワダを追うセイ・リヴ・リュウ・ケンの4人。


前話の

「サワダは病気なんだ。あいつも同じ未遂者なんだ」

というトモの言葉に対し、

ここには刑務所も更生施設もない。奴は生きている限り刺激を求め、凶行を繰り返すだろう

というスギ。

殺すしかない」という結論に至ります。


山を越え、自分達の集落に戻ったのかと思われたサワダ。

実際にはセイとリヴが暮らしていた家の近くで、彼を発見します。


©「自殺島」森恒二/白泉社




鉄パイプで殴りかかるリュウ、槍で突くケン、弓を構えるセイは…暗殺のときのような躊躇はありません。

逃げ回るサワダの背に、矢を射ます。


逃げ場が無くなり海に飛び込んだサワダを、リュウが追おうとします。

「ダメだ!!もう日没だし、サワダは出血してる…。この時間が最も危険なんだ…」

この海の怖さを、セイは良く知っていました……。


第百四十八話 サワダの最期


サワダが飛び込んだ海の近くで漁をしていたセイ、日没近くの時間になると現れる生き物の存在を知っていました。

かつて死闘を繰り広げた「サメ」です。


体長2mほどのサメが人を襲うことはほとんどありませんが、血を流していれば話は別です。

「サワダ!!すぐに海から上がるんだ!!」


セイの警告を無視しするサワダに異変が…。

身体の至る所から出血し、そこにサメが噛み付くのです。

サワダの周りの海が、赤く染まっていきます。


「ハハハ……ハハ………ハハハハハハ!!!こりゃいい!!人食いが…っぐっ、食われる…なんてよ…っ!」

「食われる」ことに刺激されたのか、興奮するサワダ。

そんなサワダをオオメジロザメが一噛み、暗くなった海中に連れ去ります……。


©「自殺島」森恒二/白泉社





廃校に戻った4人。

決めなければならないのは、港側グループメンバーの今後について。


サワダはオレが殺した。やらなきゃあ終わらなかったからな。そしてオマエらを全員殺せば、今日ですべて終わることが出来るんだ」

いつ襲われるか分からない恐怖に震えながら、暮らしていくことなんてできない。

リュウの意見に「話を聞いてくれ」と出てきたのは、以前セイに助けられた、港側グループの「ヒロ」


第百四十九話 また いつか…


サワダの命令に従い、廃校グループの人間を殺そうとし、実際に殺してきたことを認めたうえで

「本当は皆…いい奴なんだ…殺さないでやってくれ!!」

自分の命と引き換えに、仲間を助けてくれと申し出るヒロ。


©「自殺島」森恒二/白泉社




今までに殺されたミノルらの無念とばかりに、鉄パイプを振り上げるリュウですが……。

彼の頭に鉄パイプを振り下ろすことは出来ません


「ダメだもう…オレには……許してくれ……皆……」

もう人を殺す事に、傷つけることに耐えられない、優しいリーダー・リュウ

ヒロを中心に纏まりつつある港側グループを、解放することを決めます。


物資が困窮すれば、争いの原因になるかもしれない。

廃校で増えすぎたニワトリを渡し、

「また……いつか!」

ヒロと握手で別れるセイ。


お互いのエリアには近づかない。

連絡がある場合は1人の使者を送るなど、基本的な取り決めを交わして別れた両グループ。


そして残されたのは……港側グループが「処遇はそちらで決めてくれ」と引き渡されたカイ

処遇が決まるまで、トイレに監禁されることに……。




前の記事:自殺島 第14巻
次の記事:自殺島 第16巻


自殺島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました