ひぐらしのなく頃に業 「猫騙し編 其の弐」あらすじ【※ネタバレあり】




【この記事には「ひぐらしのなく頃に業」のネタバレを含みます】





スポンサーリンク

つばめ返し


「あと、5回……5回だけ頑張って…それでダメなら………もう、諦めよう…」


旦那
旦那

5回とリミットを決めて、頑張ってみることにした梨花ちゃん。

この雛見沢では、一体何が起こるのか……。




学校での話題は、綿流しのお祭りでの「叩き売りオークション」の司会に、圭一が抜擢されたこと。

オリジナルの「皆殺し編」にもあった展開

オークションに出品する品物を「もらい」に、部活メンバーは興宮のおもちゃ屋へ。


旦那
旦那

「綿騙し編」では魅音がバイトをしていた、園崎一族の「善郎おじさん」のおもちゃ屋ですね。




「お魎」の名を使い、しぶしぶ商品の提供を了承させた魅音。

「遠慮なく持ってっていいからね!」


品物を見定めていると……店の奥には麻雀卓。

何でも昼休みに「つばめ返し」を見せてもらったと。




旦那
旦那

房州さんもやってたやつですね、つばめ返し。




「去年の暮れに部活で麻雀をやった」ことのあるメンバー。

「つばめ返し」にチャレンジしますが、誰一人出来ず…。


そこへ現れたのは「非番の」大石さん。

前の世界で自分を殺した人物

当然梨花ちゃんの表情は曇ります…。


が、「皆殺し編」同様、この世界の大石さんは部活メンバーと良好な関係を築いてくれます。

善郎おじさんが言っていた、「つばめ返しを見せてくれた人」こそ、この大石さんだったのです。


メンバーに頼まれ、「つばめ返し」をレクチャーする大石さん。

そして、「皆殺し編」のこの流れで登場したのは……。


赤坂衛


「大石さん!」

「お店、すぐ分かりましたか?赤坂さん!」

やはり、赤坂です。


旦那
旦那

昭和53年、まだダム戦争中。

当時の建設大臣の孫が誘拐される事件が発生。

比較的「可能性が低い」ため、まだ新米の公安刑事だった赤坂が「鬼が淵死守同盟」の捜査に来たのが、オリジナルの「暇潰し編」でした。

「東京へ帰れ、でないとひどく後悔することになる」

と忠告し、妊娠・入院中の赤坂の妻が階段から転落死するのを助けた梨花ちゃん。

「皆殺し編」では梨花ちゃんと再会したものの、奥さんと温泉に行った赤坂は梨花ちゃんの力になれず…。

「祭囃子し編」では汚名返上とばかりに、大活躍した赤坂




そんな赤坂が雛見沢に来てくれた…そして梨花ちゃんの「わがまま」、綿流しのお祭りまで雛見沢に居て欲しい、と言うお願いまで聞いてくれるという。

奥さんと2人で温泉に行く予定だったという赤坂は、妻は少し不機嫌になるかもしれないけど、1人で温泉に行ってもらうと。

「それは一大事なのです」


これで惨劇を回避できるかもしれない……と思いきや、次のシーンではいきなり血まみれの梨花ちゃん

どうやら赤坂が「発症」したようです。


「体内のウジ虫を追い出す」と梨花ちゃんをメッタ刺しにし、自身の喉も掻き毟ります。


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会




梨花ちゃんと沙都子の住む家に、梨花ちゃんを人質に立てこもった赤坂。

梨花ちゃんを殺害し、家に灯油を撒き火をつけ、自身も焼死……。

「あと4回…」


園崎茜


次の雛見沢では、魅音・詩音の母親である園崎茜が「発症」

喉を掻き毟りながら、魅音やお魎を含めた家の人間を日本刀で殺害。

魅音に至っては、首を刎ね落とされます。


「あんたも…おばさんが今、楽にしてあげるからね!!

すでに身体中を切り刻まれ、動くこともままならない梨花ちゃん。

「さっさと終わらせて…次へ進ませて…」


茜の刀一閃で、首を落されます…。

「あと3回…」


公由喜一郎


次の雛見沢では、公由きみよし村長が「発症」

「このままじゃこの村は、オヤシロ様の祟りに飲み込まれちまう」


何があったかは分かりませんが、雛見沢症候群を発症した公由村長は、オヤシロ様の怒りを鎮めるため、鬼が淵沼に「生贄」として梨花ちゃんを沈めるつもりのようです。

「鬼隠し」ですね。


すでにかなりの暴行、拷問を受けた後なのでしょうか。

梨花ちゃんの身体はボロボロです。


さらに縄で縛られ、引きずられながら沼に連れていかれる梨花ちゃん。

「公由……お願い…やるなら一思いに……今すぐ殺して……」

公由村長に懇願します。

「梨花ちゃま……生贄はね、生きたまま捧げるから意味があるんだよ」


そのまま引きずられ、沼に連れていかれた梨花ちゃん。

「このままじゃ…村は沼から湧く地獄の瘴気に飲み込まれて、大変なことになっちまうんだ!誰かが手を汚さなきゃならねんだ!園崎家がやらないなら、公由家がやるしか!!」

どうやらお魎や魅音に袖にされ、暴走したようですね…。


「独り言なら…あたしを沼に沈めてからにして……さっきから……あんたの口が臭いのよ!!

早く殺してほしい一念での、悪態なのでしょう。

「何ちゅう口のきき方だ……この、だらずがぁ~!!」

沼に沈められる梨花ちゃん…。

「あと2回…」


前原圭一


次の雛見沢では、圭一が「発症」……。

エンジェルモートに立て籠もり、金属バットを武器に店員と客を次々撲殺していきます。


すでに圭一に殴られたのか、梨花ちゃんは頭から血を流し、重傷

沙都子は床に倒れ、ピクリとも動きません……。


唯一無傷なのはレナ。

必死に説得を試みますが、雛見沢症候群を発症した圭一には届きません。


喉を掻き毟りながら、レナにもバットを振り回す圭一。

「楽しいなぁ、レナ!こう熱くなると、部活を思い出すなぁ!!」

「そうだね、でも!こんな世界は誰も望んでない!!これは悪い夢なんだよ…目を醒まして!圭一く…」


圭一の振り降ろした金属バットが、レナの頭に命中。

助かりようのないダメージであることは、容易に見て取れます。


『どうして私だけが…こんな目に遭わなくちゃならないの……?永遠にこんな目に遭い続ける……私が、それほどのどんな罪を犯したっていうのよ……?』

「さぁ、今度こそ話してもらうぞ、梨花ちゃん。ウジ虫病の特効薬は、どこにあるんだよ??」


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会




雛見沢症候群の末期症状。

「ウジ虫が湧いてくる」妄想に苛まれた圭一は、特効薬を梨花ちゃんが知っていると思い込んでいる様子。


「ここよ」

梨花ちゃんが指差すのは、自身の頭。

「私の頭を割って、脳みそをすすれば治るわよ…」

「へへ……そこかぁ~~!!そこにあったのかぁ~~!!!」


『悪い夢なら…どれほど良かっただろう……。朝目が覚めると、そこは聖ルチーア学園で、当たり前のように私の知らない一日が始まる……。私が望んでいるのは…そんな些細な…』


旦那
旦那

「聖ルチーア」は詩音が幽閉されていた、お嬢様学校ですね。

高校生(であろう)になった梨花ちゃんは雛見沢を離れ、寄宿制の聖ルチーアに進学していたんですね。




圭一の金属バットが、梨花ちゃんの頭に振り下ろされます。

「あと1回…」




前の話:猫騙し編 其の壱
次の話:猫騙し編 其の参


ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました