ひぐらしのなく頃に業 「綿騙し編 其の弐」あらすじ【※ネタバレあり】




【この記事には「ひぐらしのなく頃に業」のネタバレを含みます】





スポンサーリンク

雛見沢の結束


老若男女問わず、20人程度に囲まれたヤンキー3人組。

何をするわけでもありませんが、彼らをじっと凝視し周囲を囲む……。

3人組、腰が引け気味です。


すぐに通報を受けた警察が到着。

大石さんを見つけた詩音の

「恐喝の現行犯です」

という言葉とともに、連行される3人組。


騒動収束後、エンジェルモート内で詩音とお茶しながら、おしゃべり。

「何か礼をしないとな」

という圭一に対し、

「今度、私がピンチの時に助けてくれればいいです」

と返す詩音。


話題は先ほどの出来事。

ヤンキーに絡まれた圭一を助けに、周りに集まってきたのは雛見沢の住人たちでした。

「1人の敵はみんなの敵」


旦那
旦那

オリジナルにもあったダム工事反対運動時の「鬼ヶ淵死守同盟」のスローガンでもあり、仲間意識・絆の強い雛見沢ですね。




その夜、自宅に戻った圭一のもとに電話が。

「園崎さんから」という母の言葉に、てっきり魅音からと思った圭一。

「これから部活の夜戦なんて言うんじゃないだろうな」

と言い出しますが、電話の相手は詩音でした。


エンジェルモートでデザートのモニターを募集してる。

「もし良かったら、圭ちゃんモニターになってくれませんか?」

という依頼でした。

翌日、エンジェルモートに行くことになった圭一。


借りを返す番


6月16日、木曜日。

詩音に言われた通り、圭一は放課後エンジェルモートに。


入店直後、

「バイトの後、ちょっとご一緒していいですか?」

と言う詩音。

特に用事のない圭一は承諾。

「それまで、ゆっくりしていってください」

という詩音の言葉に甘え、次々と運ばれてくるデザートに舌鼓を打つ圭一。


と、近くの席で何かを落とす物音が。

見ればキモヲタに絡まれる詩音。

詩音がこぼし、キモヲタの股間にかかったクリーム

誠心誠意、拭き拭きしてもらわないと

どうやら足を引っ掛けられたらしい詩音。

困惑の表情を隠せません。


ここぞとばかり、借りを返しに間に立つ圭一。

「これはお仕置きなんだ」

というキモヲタに対し、

「本当にお仕置きが必要なのはお前らだ~!」

と殴りかかりますが、ヲタのパンチ一発で気絶……。


目が覚めると、エンジェルモートのバックヤード。

ソファで横になになる圭一。

枕元には詩音。

「助けるつもりだったのに……」

と謝る圭一ですが、詩音は

「助けに来てくれただけで嬉しい」


詩音≠魅音?


詩音のバイト終わりを待ち、2人連れだって店を後にする圭一と詩音。


旦那
旦那

オリジナルの「綿流し編」通りであれば、この流れでおもちゃ屋でバイトする魅音と遭遇するはずですが……。




話題は魅音の話に。

「私、魅音のどことなく甘えたところ、好きじゃないんです」

という詩音。

「仲悪いのか?」

と圭一に聞かれると

「まあ…そこそこは仲良くやってます。でも許せないなー、って思うところは色々ありますよ」


旦那
旦那

含んだ言い方であり、オリジナルには無かったセリフかと。




通りかかったのはおもちゃ屋の前。

ショーウィンドウに並ぶ人形を見て、

「欲しいって言ったら買ってくれますか?」

と上目遣いの詩音。

「これまでのお礼に…何でも好きなの買ってやるよ」

と返す圭一。


詩音が指差したのは可愛らしい人形。

魅音にあげたものと同じものです。

ここまで魅音=詩音だと思っている圭一

『お前にあげたやつだよな?』

という感じで戸惑いますが…。


おもちゃ屋の引き戸を開け、

「スミマセン!表にあるドレスの人形が欲しいんですけれど~!」

店内に入る圭一。

「はーい!」

と出てきたのは魅音……。


旦那
旦那

やっぱりそうですよね。

今の今まで魅音=詩音だと思ってきた圭一ですが、魅音≠詩音だということに初めて気づきます。

当然圭一は当惑しますが、圭一に想いを寄せる魅音は、圭一と詩音が2人で歩いてるところ見てもっと当惑します。

その様子を見て、更に魅音を揶揄う詩音…。

2人の力関係は、オリジナルと同じような感じですね。



©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会




祭りの準備


6月18日、土曜日。

翌日に控えた綿流しのお祭り。

その準備を手伝う圭一。


1日の手伝いを終え、夕方の境内隅で座り込む圭一。

そんな圭一に麦茶を持ってきたのは、魅音……ではなく詩音です。

そこに現れたのは 魅音。

オリジナルと同じように2杯の麦茶を持って。


「お姉には圭ちゃんのために麦茶なんて持ってくるような、甲斐甲斐しさなんてありませんよね~」

と煽られた魅音は2杯の麦茶を一気に飲み干します。


そんな3人の様子をカメラに収める富竹さん。

その傍らには鷹野さん。

5人で話をしているところに、今度は大石さんが現れます。


軽く挨拶をしただけで去っていく大石さん。

「お仕事頑張ってください。今年はどうか皆さんの手を煩わせないような、綿流しにしたいです」

詩音が声をかけます。

「オヤシロ様の祟りか……」





富竹さんの独り言に、不快感を顕にする魅音。

「お腹が空いたから酒盛りのテントで、何かもらってこよう!」

と圭一の手を引きます。

今年は誰が死んで、誰が消えるんでしょうね……」

鷹野さんの言葉に足を止める圭一。


余計な事を圭一の耳に入れたくない魅音

真実を話した方が良いという詩音

自分だけ何のことかわからず疎外感を感じる圭一は、何のことかを聞くためその場に残ります。


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会




「早く来ないと圭ちゃんの分、無くなっちゃうからね」

何事もなかったかのように圭一に言い、走っていく魅音。

その表情は曇っています。


オヤシロ様の祟り


詩音・富竹さん・鷹野さんの3人から「オヤシロ様の祟り」について説明を受ける圭一。

いつもの流れでダム工事の現場監督殺害~雛見沢の主婦撲殺まで。

一連の事件必ず綿流しの夜に起こる、という説明を。


ダム計画の関係者が次々と死んでいく。

村人たちは「オヤシロ様の祟り」だと怯え始めた。

祟りだと思う気持ちもわかるが、祟りの存在そのものには否定的な圭一


祟りでも偶然でもないなら…どういうことなのかしらね?

鷹野さんが意味深な言葉を投げかけます。

「鷹野さんは人の仕業なんじゃないか、と考えているんだよ」

と補う富竹さん。

「だってそうでしょう?人の意志が働いているとしか考えられないもの」


旦那
旦那

確かにオリジナルはそうでしたね。

鷹野さんの強い意志によって、オヤシロ様の祟りは実現されてきました。

おじいちゃん(高野一二三)の研究を世間に認めさせるという、強い意志によって。




鷹野さんの「人の仕業説」を後押しする詩音。

必ず1人が死んで1人が消える。

雛見沢の古い風習で、簀巻きにした人間を時間をかけて沼に沈める生贄。

1人をオヤシロ様の祟りとして殺し、1人を生贄として消す。

だからこれは、雛見沢の人間の犯行だと…。


共犯


綿流しのお祭り当日です。

五凶爆闘も終わり、梨花ちゃんの演舞が始まります。


人だかりで梨花ちゃんの姿が見えない圭一。

後ろから詩音が肩を叩きます。

「こっちです」


詩音に連れられた先は祭具殿。

富竹さんと鷹野さんが中に入ろうとしています。

騙されて出てこられた圭一が詩音とやりあっている間に、鷹野さん・富竹さんに見つかってしまいます。

あなた達も共犯なんだし…せっかくだから一緒に見学しない?


鷹野さんの提案に乗る詩音

「面白いじゃないですか!覗いてみましょうよ!」

「絶対いけないことだって…神聖な倉庫なんだろう?」

頑なに拒絶する圭一ですが、

「私は一応、園崎の人間ですから…この中にあるものはおおよそ予想はついています。それは圭ちゃんにも見てもらいたいものです。それとも怖いですか?祟りが

詩音に煽られ、自分も祭具殿の中に入るという圭一…。


旦那
旦那

「綿騙し編」第2話まで終わりましたが、ここまででオリジナルと違うところは

圭一が人形を渡した相手が魅音だった

ということぐらいでしょうか?

あれをレナに渡していれば、オリジナルの綿流し編のトレースですね。

次は綿騙し編第3話。

ここらで少しずつ、オリジナルとの違いが出てくると思います。




前の話:綿騙し編 其の壱
次の話:綿騙し編 其の参


ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました