「自殺島」第8巻 ネタバレ・あらすじ・感想




「自殺島」(作者:森恒二さん)第8巻あらすじをご紹介するもので、ネタバレを含みます。








スポンサーリンク

第七十一話 未来


「持たざる者」と言っていたボウシは非常に手先が器用で、延縄漁用のカヌーやヤギ捕獲機、農具などを作って皆に頼られるように。

農家が嫌で家を出たミノルは、農家の知識を生かして廃校グループの農業・畜産を先導します。

ヤギを飼い始めたことによってヤギの乳が採れるようになり、チーズ作りを始めようと計画したり、偶然見つけた種もみから、冬を越したら稲作を始める計画を立てたり…。

自分たちの手で「未来」を閉じようとしていた者たちが、自分たちの手で「未来」を切り拓くように変わっていったのです。


そして種もみと一緒に見つけたのが…「焼酎」

ミキとリョウ、セイとリヴを見ていたレイコが「私も恋がしたい…」

話を振られた元看護士・タエが「私…してるかも…恋……ボウシに……」

まさかの告白に卒倒するボウシ。


「自殺島」森恒二/白泉社




宴の翌朝、海に向かって歩くセイ・リョウ・スギの3人。

遠くに見えたのは……船……。


第七十二話 第二陣


船を見つけ、自分たちが脱出しようとした際に受けた仕打ち(第三十一話)を思い出し、怒りに震えるリョウ。

全力疾走で船を追いかけますが、港から離岸していく船に追い付くはずもありません。


それより船が来たということは…「第二陣」が送られてきたということ。

セイとリョウは港に急ぎます。

自分たちが島に送られた時のような、惨劇を防ぐために…。


港に到着する前に、送り込まれた数名と接触します。

何が起きているのか、ここがどこなのか分からない者たちに、冷静に「自殺島」の説明をするセイ。


「自殺島」森恒二/白泉社




スギが仲間を呼んで港に向かってくるため、そっちの方向に彼らを誘導し、「ひどい事になっている」という港を目指します。

崖から飛び降り、重傷を負ったもの、命を落としたもの、それらから服を剥ぎ取るもの…。


「助けられる人から助けよう」

動く気力の無い者たちを、何とか説得して廃校に向かわせます。

その中には島に送られる者には珍しい、中年男性の姿が。

とうとう潜り込めたぞ…この……自殺島に…!!

「自殺島」の存在を知っている風の、この男性の目的とは…?


第七十三話 侵入者


船は夜間に着いたらしく、ほとんどの人達を救えなかったセイ達。

救えた十数人も皆一様に不安げで、「更生プログラムか何かじゃ…」と、自分たちの置かれた現状を理解できていない様子。


そんな彼らに、自分たちがどうやって生き残ってきたか、これからどうすればいいのかを説明するリョウ。

「生きるために働き、オレ達と一緒に生きて欲しい」

と説くリョウ。

応えたのは半数程度でした…。


延縄を引き上げ、リョウとセイは海に潜り、スギたちは浅い岩場で貝や小魚を獲ったり、釣りをしたり…。

その間、件の「中年男性」は一つ一つに感心しながら、精力的に作業に参加します。

今日送られてきたばかりの「未遂者」とは思えないくらいの元気さで。


オレは未遂者じゃない。ルポライターの織田ってモンだ


「自殺島」森恒二/白泉社




政治家の不正資金の流れを追っていたところ、ぶつかったのが「超法規的特別自治区 通称『自殺島』」

彼は自殺島に「潜入取材」に来たのです。

外の仲間に自分の居場所を伝えるために、GPSを飲み込み、便と一緒に出してまで…。


第七十四話 最初の夜


その夜、いつものメンバー、リョウ・セイ・スギ・トモに加え、ミキ・レイコを加えての話し合い。

「潜入取材」に来た織田の存在を共有することと、「最初の夜」を迎える彼らをどうするか、です。

島を出ようとし、機銃で撃たれた過去のあるリョウは、この島に仲間が来るなんて不可能だから、織田のことは放っておこうと。


そして今日来た「彼ら」について……自分たちが島に来た時同様、「最初の夜」が一番危ないことは重々承知していました。

しかし、生きる意思のない人間を四六時中監視は出来ません。

「彼らの意思に任せる」最終的な結論でした。

翌朝、数名が命を絶っていました……。


朝食時、織田の話では「30~40人はいた」という第二陣が、ずいぶん減ったという話に。

おそらく向こうの、港側のグループにも何人か行ったのではないか…。

第二陣の1人の男性が、港にいたはずの更生施設で一緒だった女性がいないことに気付き、港側のグループに行ったのではないかと心配します。

しかしサワダの恐ろしさを知る廃校グループの面々は、「その子のことは諦めろ」と。


しかし、どうしても諦めきれない彼。

「正面から行くのは難しいけど、偵察ならどうかな」

と助け船を出すセイ…。


「自殺島」森恒二/白泉社




第七十五話 偵察行


好戦派のリュウも賛成し、偵察は決行されることに。

リュウ曰く、「サワダが最後の問題で、それさえ解決できれば…。逆にあいつがいる限り、オレ達に安心は無い」

寝ている間にサワダを始末しようと提案するリュウ。


お調子者のケンが、珍しく真面目なトーンで「それは難しい」と。

元々港側のグループだったケンは知っていました。

サワダが奥の部屋に鍵をかけ、一人で寝ていることを。

その前の部屋に、女性を全員寝かせていることを。

そして女性陣が、サワダを信仰していることを。


旦那
旦那

ストックホルム症候群的なものかもしれませんね。




今回の目的は偵察と、可能であれば探し人の女の子を助け出す事。

男性陣だけでは女の子も付いて来ないだろうと、自分も行くと志願したミキも参加し、夜を待って港側のグループの拠点に。


探し人の女性は、彼にとっての「想い人」のよう。

しかし現場に着いて皆が目にしたのは、サワダが扇動する乱交パーティー。

その中には「想い人」の彼女も……。


「自殺島」森恒二/白泉社




第七十六話 罠


冷静さを失いかける「彼」を連れ、引き下がるリョウたち。

援護のため山にいたセイには、何が起きているか分かりません。

注意しながら近づこうとするセイに、山に張り巡らされたトラップが襲い掛かります。

その中には、侵入者を告げる「鳴子」も。


音に気付いたサワダの一声で、港側のグループ男性陣が武器を持って出てきます。

鎌を持って襲ってくる相手に、丸腰で話し合おうとするリョウ。


「自殺島」森恒二/白泉社




すかさずリュウが助けに入ります。

「バカヤロウ!!こいつらは本気だ!やらなきゃあ殺られるぞ!!」

女性で唯一、偵察に参加したミキが連れて行かれそうになるのを、イキルとセイがコンビプレーで阻止。


「また人を射殺すの?同じだ。君も僕も」

弓を構えるセイの前に現れたのは、カイ。





第七十七話 戦いの予感


「もう戦いは避けられない。終わりだ、僕らは」

その場は逃げきった廃校グループですが、カイの言う通り「戦いは避けられない」状況のようです。

港側のグループが設置した罠は、明らかにセイへの対策

今まで行き当たりばったりだった港側のグループが、そんな罠を設置したのは……カイの助言です。


守りを固めたうえで、襲撃する意図がある。

スギはそう読みます。

「本当に戦えるのか?オレ達にそんなこと出来るのかよ…人の命を奪うなんて……」

なるべく戦いを避けたいリーダー・リョウ。


しかし、リュウもケンも、覚悟は決まっているようです。

オレはここを守りたい。戦いになって人を殺す事になっても、だ」


そんな中、「第二陣」で島に送られ、廃校グループに入り偵察にも同行した太めの男性の姿が見えません。

偵察時に「乱交」を見て、港側のグループに移ることを望んだようです。

女性とやりたいからこっちに来たいと。

「今一度戻って彼らと生活し、リョウかセイどちらかを殺してくること」


「自殺島」森恒二/白泉社




カイの提案にサワダも乗ります……。


第七十八話 刺客


カイから「廃校グループに戻り、セイかリョウどちらかを殺してくること」を言い付かった、第二陣の男性・鈴木ノリオ。

偵察後、彼の姿が見えなかったことを気にかけていたセイとリョウ。

ノリオの帰還を素直に喜びます。


が、ルポライターの織田は知っていました

ノリオが港まで自分たちと一緒に逃げて来て、その後にいなくなっていたことを。

港側のグループと接触したことまでは把握していないものの、「何らかの理由」でいなくなったことは、容易に推測できます。


織田に疑われながらも、セイ・リョウ殺害のため、2人と出来るだけ行動を共にするノリオ。

カイから渡された短刀。

「切るんじゃない、刺すんだ。きちんと根元まで。ここに治療できる人間はいない。内臓を傷つければ必ず死ぬ…」


リョウだと体格差で負ける可能性がある、狙うならセイ…。

草むらで用を足そうとしたセイを追いますが、イキルに邪魔をされます。


昼間は諦め、夜に計画を実行しようと画策しますが、セイはイキルと一緒に見張りを兼ねて1階で寝ると。

ターゲットをリョウに変更し、リョウの隣で寝たふりをし、短刀を取り出すノリオ…。


「自殺島」森恒二/白泉社




第七十九話 ノリオ


人は皆平等

という「嘘の設定」で教育を受け、生きてきたノリオ。

当然、成長と共に「不平等」であることを思い知らされます

容姿、体力、経済力……。


中学時代、前の席の女生徒が落とした消しゴムを拾ったノリオ。

女生徒に渡そうとすると……困惑の表情で差し出されたのはノート。

「ここに消しゴムを置け」という意思表示だと知った時、ノリオは理解しました。

この先マジメに頑張っても、たいしたいい事は起こらない

年を追うごとに、嫌なこと、辛い事が増えていくんだと。


リョウを殺し、これからの人生を変えようとするノリオ。

が、なかなか実行できません。

「やめとけよ」

声を掛けたのはルポライターの織田。

ノリオが港側のグループと接触したことも、「リョウを殺してこい」と言われたことも、お見通しでした。


女を抱きたいがための行動というところまで、見透かしていた織田。

ナオの所に連れて行き、経験させようとしますが……ノリオの望みは「キス」

ナオとのキスで満足したノリオは、セイ・リョウ殺害を止めます。

「命拾いしたな~」


「自殺島」森恒二/白泉社




という織田の言葉に、セイ・リョウとも「???」です。


第八十話 盾


集落一の道具屋、ボウシが作ったのは「盾」

来たるべきサワダたちの襲撃に備えての策です。

最初はその効果に疑問を抱いた面々ですが、実際に「練習」してみると、その効果は抜群でした。

スギ曰く「攻撃と防御、仕事が分かれるから有利」だと。


ただしその分、攻撃が片手になるため、威力は半減します。

武器の殺傷力を上げないと、と提案するスギに、穏健派のリョウは反対します。

すぐさま好戦派のリュウが反論しようとしますが……割って入ったのはスギ。

スギも穏健派で、これまでの揉め事では常に腰が引け気味でした。

そんなスギも、サワダ相手には覚悟を決めたようです。

「これは遊びや競技じゃない…相手はこっちを殺しに来るんだ!リョウがそんな事では困る。もっと現実的になってくれ


「自殺島」森恒二/白泉社




一方の港側のグループ。

ノリオに授けた作戦が失敗に終わった事は、カイにとって想定内だったようです。

「リスクなしで、出来れば楽になるだけ」

まどろっこしいのが嫌いなサワダは、

「明日、奴らを襲いに行くぞ」

カイの反対を押し切り、急襲を仕掛けます……。




前の記事:自殺島 第07巻
次の記事:自殺島 第09巻


自殺島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました