「監獄実験~プリズンラボ~」第10巻ネタバレ・あらすじ紹介



【この記事では「監獄実験~プリズンラボ~」第10巻のネタバレ・あらすじをご紹介します。原作: 貫徹/作画:水瀬チホ】

監獄実験はこの第10巻が最終巻。

いよいよお話も完結です。

スポンサーリンク

米澤の野望


息を吹き返したとはいえ、瀕死の状態の桐島彩

その桐島彩の姿に、自分が殺した入瀬都を重ね見る原川。

死ぬなよ……俺が…助ける……!

撃たれた左足を引きずりながら、原川は走ります。


藍都に横腹を刺された新村は、自分で治療しようと医務室を訪れます。

しかし、医師が引き払った医務室に、治療道具は残っていませんでした。

街の病院に行くにも、自分で運転できる状態でもない。

田島に電話をし、田島の運転で病院に向かおうとします。

その電話を奪い取る米澤。

医者はさっき帰ったばかりだから、呼び戻して治療させた方が早い」と進言したうえで、秋山奈美を連れたままの田島を迎えに行かせると。

米澤は、三崎由乃と長峰、そして藍都と原川も、自分一人で始末するつもりです。

真のボスである新村に恩を売り、組織内で一気にのし上がるチャンス

そう考えての行動です。


エレベーターホールで1人、三崎由乃と長峰が上がってくるのを待つ米澤。

エレベーターに乗っていたのは長峰のみ。

真犯人は新村だから、一緒に協力してもらえないか。

皆が無事に帰れるように。

米澤を説得しますが、米澤の目的とは相反します。


外からこの組織に来た人間である米澤に、同期も仲間も何も関係ありません。

業を煮やした米澤は、エレベーター内に手榴弾を投げ込んできます。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


とっさに逃げ、爆発から逃れた長峰ですが、後頭部に銃を突きつけられます。

しかし米澤が予め新村に頼んで、田島以外の銃はロックさせています。

米澤の狙いは、銃は使われても奪われても厄介であり、最初からそんなものはいらない。

自分には日本刀があり、それで充分お前らを殺せる


なんとか逃げようとする長峰を、米澤はいたぶるように追い詰めます。

三崎由乃が来るまで、少しでも時間を稼ぐ

三崎由乃の武器の中から、長峰が唯一持ってきたカッターナイフ。

当たり前ですが、そんなものは全く役に立ちません。

首に日本刀の刃を当てられ、そのまま斬られそうになる長峰。


すると背後から、チェーンソーを持った三崎由乃が。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


二人がかりで米澤に対抗し、一時は米澤の日本刀奪い、優勢に立った2人ですが、やはり相手が悪すぎました。

三崎由乃は米澤の蹴りを食らい、気を失います。

一人になった長峰は、簡単に日本刀を奪われ、あっさり形勢逆転……。


ケジメ


その頃、組織の「真のボス」新村は、田島と秋山奈美と合流

そこに藍都が現れます。

藍都の気迫を感じ取った田島は「嫌な予感がする」と、新村だけ先に米澤のところへ向かわせます。

秋山奈美を人質に取った状態の田島は、まず藍都のナイフを手放させます。

藍都に銃口を向ける田島

その時……秋山奈美が尿意を堪え切れず、漏らしてしまいます。

一瞬怯んだ田島の隙を、藍都は見逃しませんでした。


田島が突き放した、人質の秋山奈美を受け止め、田島の発砲を避ける藍都

しかしその一連の動作で、自分で刺した腹部の傷が開きます。

傷口からは出血。

苦しみ出す藍都。


秋山奈美は、桐島彩について聞きます。

藍都が「絞殺」したというのが、本当なのか…。

「彩のこと…本当なの?いや…今更かもしれないけど……私は彩と江山と、3人で一緒に帰りたかった…。彩は江山のこと好きって、言ってたから……

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


泣き出す秋山奈美に、

「僕も桐島が好きなのに、何も理解してあげられなかった……。だから今から、けじめをつけに行くよ……」

そう言い残し、新村を追う藍都。


友達


エレベーターホール。

長嶺・三崎由乃と米澤の戦いは、一方的でした。

元々暴力の好きな米澤は、2人を殴り蹴り、ボロボロに。

三崎由乃に至っては、体中の複数箇所を骨折

動ける状態にありません。


しかし、そんな三崎由乃が倒れながら、少し人差し指を動かしたサインを、長峰は見逃しませんでした。

米澤の気を引くため、幼い頃からの生い立ち、監禁ゲームに関わってきた感想、そして最後に

「あなた達は…身勝手に…理不尽に…何もかも奪っていった……。復讐されるに決まってる…っていうか、絶対許さない…

恨み言を米澤にぶつけます。


「やれるもんならやってみろよ!」

日本刀を振り下ろす米澤。

しかしその後ろから一瞬早く、三崎由乃のチェーンソーが、米澤の体を真っ二つにします。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


命からがら米澤を倒した、長峰と三崎由乃。

うまいこと協力し合えて、さすが昔からの友達って感じだったよね!

小さい頃から両親が不在がちで、他人に関心を持ったことのなかった三崎由乃。

「誰かに友達って言われたことがなかったから…だけどそう言ってくれると嬉しいな、ありがとね!」

照れ笑いを浮かべる三崎由乃。


凶弾


直後、一発の銃弾が三崎由乃の頭を貫きます

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


新村と一緒に米澤の許に上がってきた、田島の銃でした。

「まだ長峰が残っている!撃ち殺せ!」

という新村に対し、

「三崎由乃には、濱と園枝を殺された恨みがあるけど…長峰はもともとオレたちと同じ施設の人間です。三崎由乃とは旧友だと聞いているし、生かして返そうとした気持ちも分かるから…。オレには殺せない。どうしても殺したいなら、新村さんが自分でやってくださいよ

と断る田島。

「無理ですよ……新村さんに、そんなことできません。さっき原川さんが言ってました。新村さんは江山さんを殺せないって。自分じゃ何もできない臆病者だから、人を利用するんだって。あなたは無能だから、怪物に憧れたんでしょう?

三崎由乃を目の前で殺され、怒り心頭の長峰。

思っている言葉を全て、新村にぶつけます。


新村自身が米澤の日本刀を手に取り、

「直接殺してやる」

と意気込むものの、三崎由乃の遺体を前に泣き崩れる長峰を見て、

田島…俺はちょっと背中の傷が…。やっぱりお前が…

やはり自分では手を下せないようです。


そこに現れた藍都。

三崎由乃の遺体を目にし、その怒りは極限を超えています。

その目はまるで怪物。

「やっぱり僕は間違ってた…イジメられている時って、理不尽と戦ってる感覚になって、終わった時に妙な達成感を感じるんです…。今日も試練に耐えられた、僕は頑張った、そんな無意味な自己満足。そんなもの、何の意味もない。我慢しても奪われていくだけなのに。本当にくだらない。理不尽を殺すためには…俺が理不尽になるしかない…。理不尽な存在に


怪物


ナイフを片手に一直線に、田島と新村に向かってくる藍都。

すかさず田島は藍都に向かって、銃を発砲。

1発目は左耳に当たり、2発目は右肩に命中

しかし藍都の勢いは止まることなく、負傷した右手でなく左手にナイフを持ち替え、田島の顔面を切り裂きます。

ひるんだ田島の背中を刺し、勝負あり

残すは新村のみです。


その姿を見た新村。

「そう…これだ……。あぁ、なんてことだ!俺が…ずっと見たかった怪物!

その「怪物」に胸を刺され、力尽く新村

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


そして怪物(藍都)も同時に、力尽きます。

長峰の周りには、血まみれの米澤・三崎由乃・藍都・新村・田島が転がります

監禁ゲームは14日目にして、「主催者死亡」のため強制終了となりました……。


原川愛途


監禁ゲーム終了から一か月後、勝又幸が入院していたと思しき病院。

そこで再会する原川と長峰。

ゲームに参加した皆のその後について、原川の口から伝えるための再会


監禁ゲームが終わった直後は、みんな死んでもおかしくない惨状でした。

米澤の提言で新村が闇医者を呼び戻していなければ、本当に手遅れになっていた。

そのおかげで、藍都は迅速に応急処置を受けた後、病院に運ばれて助かったのです。


江山さん、助かったんですね…良かった…。じゃあ由乃ちゃんも…

淡い期待を寄せる長峰ですが、原川が遮ります。

三崎由乃は頭を撃たれ、即死だったよ……


「あの女は自業自得だ」

そう言って現れたのは田島。

藍都に顔を切られ、背中を刺された田島でしたが、助かっていたのです。


原川・長峰・田島

3人が集まり仲直りして、遺恨を残さないよう、原川が2人を呼び出したのです。

しかしボスである新村は死に、組織は解散。

「仲良くする義理もない」という田島。

しかし、「ゲームの後始末」については気になります。

死人も出たし、病院に運ばれた時の銃の傷を見られたら、警察に通報されるのでは…。

しかしそこは原川が綺麗に片付けていました。


新村の資金源は、九字間から継いだ遺産。

原川は九字間の本家に対し、新村が継いだ遺産の「残り全部そのまま返納する」から、今回の後始末を頼みたい、と申し出たのです。

結果、病院や警察への根回し、保護者等への言い訳作りも、何から何までやってくれたのです。

しかしそれは、遺産の金額が大きいといった理由でなく、本家が動いたのはもっと別な理由

脅しにも近い格好で、

「今回の問題を起こしたのは、九字間の一族の人間。使われたのは九字間の遺産。この件が公になれば、間違いなく九字間の名に傷がつく。あなた方は、先代の名誉を守る必要がありますよね?そちらの手で隠蔽していただければ、僕たちは一生口外しないと約束しますが、いかがでしょう?」

と持ちかけたのです。


新村が受け継いだ九字間の資産のほとんどは、九字間本家に返却したものの、「1千万円」だけそこから抜いていました。

監禁ゲームの勝者に贈られる賞金です。

しかしあの終わり方で、一体誰が勝者なのか……。

桐島彩は名前を当てていないし、藍都は桐島彩を殺して失格…。


原川は答えます。

「監禁ゲームは、監禁者と監禁相手の勝負。なら片方が失格になれば、残ったものが勝者。つまり桐島彩を殺した藍都が敗者で、殺された桐島彩が勝者

だと。


病院に運ばれた時は、まだ生きていたのに……

桐島彩の死を知らされた長峰は、落胆の色を隠せません。

しかし今日は藍都が退院する日。

だから原川は、一つの区切りとして2人を呼び出したのです。


「なら病院に迎えに行ってあげた方が…」

原川に提案する長峰ですが、

「ゲームは終わった…。もう俺たちは関わるべきじゃない。あとは自分たちで決着をつけるさ…」

その一言で長峰は気付きました。

桐島さんが死んだって…そういう意味ですか

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社



はじめまして


退院した藍都の帰宅途中。

目の前に現れたのは、秋山奈美。

江山、退院おめ

あんな凄惨な事件があった一か月後とは思えない、軽いノリです。

藍都が退院することを原川から聞き、学校で再開するのは気まずいからと、退院直後を待っていたようです。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社




「学校って…もう行くわけないだろう?僕は桐島を……それにお前の事も、酷い目に合わせたしな……悪かった……」

藍都は桐島彩を絞殺し、原川も「桐島彩は死んだ」と言っていました。

新村を殺した後の藍都は、自分も大怪我で倒れ、気が付いたら病院。

勘違いしたままでもしょうがないか

という秋山奈美の一言。

「なんだよ?勘違いって……」

という藍都の後ろに、現れたのは桐島彩。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社




「恥ずかしがって隠れてたのを、無理やり連れてきたんだからね」

桐島彩は首を絞められて気絶しただけ。

それを藍都は殺したと勘違いしていた。

そして息を吹き返したところを、原川が救ったのです。


原川の言った「桐島彩が死んだ」というのは、「桐島彩が藍都をイジメ、藍都が桐島彩を殺した。それで2人の関係はゼロに戻った」という意味での「死んだ」という言葉でした。


「2人の関係はゼロに戻して、これで終わり。もう僕なんかに関わるなよ」

桐島彩の前を去ろうとする藍都。

しかしその服の裾を、「ぎゅっ」と掴んで離さない桐島彩。

「0に戻ったなら…また1から始めちゃダメかな……!?私ね、江山のことが好きなの……中学の時からずっと……。ずっと私は『いい子』でいなきゃって、張り詰めて生きていてたけど、江山といたあの時間だけは、自然になれた…。私が読書の邪魔してるわけだから、いつかは追い出されるだろうな、って思いながら…。でも…江山はずっと一緒にいてくれた。江山になら、私は自然に甘えられるって気が付いたけど…結局それも自分の手で壊しちゃって……。こんなこと言える立場じゃないけど、自分でも図々しいって思うけど、この手を離したら江山はきっと、私の前から消えちゃうから…だから……」


初めは桐島彩を拒絶した藍都ですが、その実桐島彩から逃げようとしていただけでした。

「やっぱり強いな…桐島は。教えてよ…どうすれば桐島みたいに強くなれる?」

「私、強くない…。ただ必死で掴んでるだけ…」

「僕…いや、オレも桐島さんが好きです。中学の時からずっと…。だからオレも必死になる。一緒にゼロからやり直してください」

はじめまして

その言葉で2人は、文字通りゼロからスタートします。


理不尽への復讐


夏休みが明け、2学期。

1学期まで、あれだけひどくイジメられていた藍都。

2学期になってから誰も自分をイジメてこないことに、「逆に何かあるのでは?」と不安に。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


秋山奈美によれば、最初にイジメを辞めるって言い出したのは「谷崎」だと。

夏休み前、「便所プール」と称し、藍都の顔を便器に突っ込んでいた男です。


その谷崎が、急に声をかけてきます。

うちの兄貴に、お前を助けろって言われてんだ。誰かにイジメられたら、俺に言えよ。ストーカーしてるってのも、桐島彩の勘違いだったんだろ?いろいろと悪かったな」


秋山奈美による追加情報。

谷崎の大学生の兄貴が、夏休み中ずっと行方不明で、最近激痩せした姿で帰ってきた

その兄貴に「学校でいじめを起こすな」と脅迫されたらしいと。


ピンときました。

同級生の「谷崎」は、「谷崎竜二」の弟だったのです。

藍都が谷崎竜二を刺した後、原川が彼を処分したものかと思いきや……。

拘束して拷問にかけ

君の弟のクラス内のイジメをやめさせる。もしイジメが起こったら、君はまた僕と遊ぼう…

それを条件に解放されていたのです。


藍都と桐島彩、2人の理不尽は、これで終わり。

またいつか、理不尽なことが起こっても、何度だってやり直して、最後には幸せになる

それが、2人の理不尽への復讐……。

監獄実験~プリズンラボ~/貫徹・水瀬チホ©双葉社


前の記事:監獄実験 第09巻

監獄実験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました