「ひぐらしのなく頃に 解」 祭囃し編 其の伍「最後の駒」あらすじ


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 解 ~祭囃し編~ 其の伍「最後の駒」

今回も過去話。圭一が転校してくるあたり、までのお話ですね。

雛見沢に別荘を建てる。

そのための分譲地見学ツアーが催されていました。

オヤシロ様の祟りの4年目、悟史が叔母を殺し、失踪する年です。

そのツアーに参加したのが前原伊知郎。

前原圭一のお父さんです。

圭一が引っ越してくる前年、圭一のお父さんは引っ越し先の下見に来ていたのです。

そして、その土地で走り回って遊ぶ少女が2人。

梨花ちゃんと羽入です。

雛見沢分校。

4年目の祟りの前で、まだ悟史が学校に通っています。

もちろん叔母は健在なため、沙都子は叔母との衝突で精神的に疲れ切っています。

そんな沙都子を気にかけている魅音に、悟史が礼を言います。

「沙都子は学校にいる時間だけ、ほんの少しだけ、力を抜けるみたいなんだ。

それはきっと、沙都子にとってとても優しい時間になってる。」

自分一人では沙都子に笑顔を取り戻せない、力を貸してほしいという悟史に、「なら、放課後遊びに誘おうか」と魅音が提案。

しかし、「一度家に帰ると、叔母さんにいろいろ言われて、表に出られなくなってしまうかもしれない」と。

「なら、部活動に入ったことにすればいい。それで学校で遊んでから帰ればいい。服を汚すと怒られるなら、ゲームをやろう!」

これが「部活」の起源。

「沙都子が、叔母から解放される時間を長くするため」の時間。

それが「部活」だったのです。

悟史にはもう一つ、魅音に相談がありました。

「沙都子を元気づけるのに、誕生日に素敵なプレゼントをしたら喜ぶかなって…」

プレゼントを買うためにバイトがしたい。

バイト先を探してほしい、紹介してほしいというのが、相談でした。

「ひぐらし」でメインで語られるのは、悟史が失踪した翌年のことなので、あまり登場機会のない悟史ですが、非常に妹思いの子ですね…。

同じころ、まだ雛見沢に戻っていないレナ。

「再婚する」お母さんが、家を出ていくところです。

「いいのね?本当に一緒に来ないのね?」

母親を睨みつけ、コクリと頷(うなず)きます。

母親が出ていくと、苛立った様子で家の廊下を歩きます。

と、余計に聞こえる足音。

レナ本人が「オヤシロ様の祟りの前触れ」と言っていた、羽入の足音です。

風呂場では自傷行為。

リスカの跡がいくつもあります。

と、その跡からウジ虫が湧いて見えます。

同時に「ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい」と謝る声。

『オヤシロ様…?』

両親の離婚に伴うストレスから、雛見沢症候群を発症していたんでしょう。

ほどなく、雛見沢に引っ越したレナ。

小学校に上がる前は雛見沢に住んでおり、隣のおばさんはレナを覚えていました。

「竜宮……あぁ、もしかして礼奈ちゃんかい?」

本当は「礼奈」ですが、「私の名前、レナですよ」と訂正します。

「ごめんごめん、レナちゃんだったねぇ。お帰り。」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

不倫の末に妊娠、相手と再婚することを選んだ実母を嫌悪していたレナ。

『私はもう礼奈じゃない。新しい名前で、新しい生活をやり直す。』

実母が呼んでいた「礼奈」を嫌い、「やなことを忘れる」という願いも込めて、「レナ」としてやり直すことを選んだのです。

同時期、「足音が余計に」聞こえるようになった悟史。

叔父夫婦からの執拗なイジメ。

自分だけでなく沙都子のことも守らなければならない。

こちらも相当なストレスを抱え、雛見沢症候群を発症しているようです。

「足音が、ついて来るんだ……ひたひた…ペタペタ……」

「わたし、知ってる…その足音、知ってる…」

入江診療所。

雛見沢ファイターズの退部を、入江先生(雛見沢ファイターズの監督)に申し出る悟史。

「籍は残しておきますから」という入江先生に対し、「当分は戻ってこられないから、退部にしてほしい」と。

沙都子の誕生日プレゼントのために、アルバイトをするから。

それと、「バット、持ち帰ってもいいですか?その…一人で素振りの練習をするくらいの時間は取れると思うので…」

快諾する入江先生ですが、そのバットの使い道は……。

そして、4年目の「オヤシロ様の祟り」が発生します。

件のバットで、悟史が叔母を撲殺。

(麻薬常習犯が「雛見沢連続怪死事件になぞらえた」と、身代わりに逮捕され、そのまま留置場で亡くなるので、公には悟史は犯人ではないのですが…)

「仇は必ずとりますよ、おやっさん!」

1年目の「オヤシロ様の祟り」犠牲者、ダム工事の現場監督に世話になった大石さん。

事件の解決を誓います。

無事にアルバイト代で、沙都子の誕生日プレゼントに、大きな熊のぬいぐるみを買えた悟史。

自転車で運べるサイズではないので、入江先生に頼んで車で運んでもらいます。

帰りの車中、「叔母はもういないんですよね?もう沙都子をいじめる人は、いないんですよね?」

「そうです、もう沙都子ちゃんをいじめる人はいません」

おそらく悟史が犯人であろうことと思いつつも、冷静に応える入江先生。

「さっきから……叔母によく似た人がいるんですけど…本当に叔母は、もういないんですよね??」

「私も検視に立ち会いました。間違いなく、叔母さんは亡くなりました。」

悟史の様子がおかしいです。その異変に気付いている入江先生が、何とか悟史を落ち着けようとしますが…。

「あの人!叔母によく似てますけど…違うんですよね?あの人も!あの人も叔母に似ている!!

あれだけ殴ったのに……あんなに殺したのに……」

雛見沢症候群を発症したようです。

しかも、相当な進行具合のようです。

「ぬいぐるみを買う直前まで、そのお金で遠くへ逃げようとしていたんです。

それを、オヤシロ様は許さなかったんだ…。

僕の血にもウジ虫がいるのかな…?痒い!痒い!かゆいかゆいかゆい!!!」

「悟史君落ち着いて!喉を掻いてはいけない!」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

「富竹さんの死」と同じ状態。

放っておけば「喉を掻き毟って死ぬ」やつ。

雛見沢症候群レベル5ですね。

そのまま入江診療所(入江機関)に運ばれる悟史君。

「騒がしいと思ったら…何が起きたんですか?」

「どうやら急性発症したようです。

普段の悟史君のストレス状態なら、いつ発症してもおかしくはなかった…。

おそらく、あのぬいぐるみを買うまで、自制心で押さえつけていたんでしょう。」

「それにしても……綿流しの時期になると、『生きた検体』が手に入りますわね。

これも、オヤシロ様の祟りなのかしら…クスクス」

悟史のことを、解剖する気満々の鷹野さん。

場面は再び、分譲地を訪れた前原伊知郎(圭一の父親)。

走り回っていた梨花ちゃんと羽入が、伊知郎に話しかけます。

「ここにないものを、きっと都会のあなたが持ってきてくれると思うのです。」

「そんなもの…私たちにあるのかな?」

「ありますのですよ、あうあう♪」

「僕たちは、この村でずっとこうしています。

何も起きないし、何も変えられない。」

「何も変わらないのが、この村のいいとこじゃないのかい?」

「『何かを変えたい』と思ったから、この村に来たのではないのですか?」

「…確かに」

おそらく、「罪滅し編」で明らかになった、圭一が起こした「事件」

あれをきっかけに、引っ越しを考えたんでしょう。

「ボクたちも、新しい人を迎えたい。

それは例えるなら、水の流れ出ぬ沼の堤を破るようなもの。

水は出入りがあるからこそ、清水となる。

流れ出ぬ湖は、沼でしかない。

引っ越してくるの、待っていますのですよ。前原。」

魅音が自宅に帰ると、前原伊知郎を案内していた男性が、園崎家の入り口前で、お魎と話をしていました。

「おじさん久しぶり。不動産のお仕事?」

「そう。思ったより興味を持ってもらえたみたいでね!

別荘分譲だけど、引っ越しで検討されてるお宅があるんだよ。」

後の前原家、ですね。

「ねぇ、婆っちゃ。よそ者嫌いの婆っちゃが、何で分譲なんてする気になったの?」

「わたしゃはよそ者嫌いで、都会も嫌いだ。

だが必要なんよ、空気の入れ替えみたいなもんかね。

外から竜宮のレナちゃんが越してきて、同じ年くらいの友達ができて、嬉しい言うとったじゃろ。」

「予期せぬ友達ができるのは、良いね。」

「レナちゃんが来る前は魅音、学校が退屈だ退屈だ言うとったんね。

よう覚えとるわ。

どんな寒い冬場かて、たまには換気をせんとな。

囲炉裏の悪い空気が溜まって、窒息しちまうん。」

「外から人を迎え入れることが、村の換気になるっていう事?」

「ああ、そうしてきれいな空気を入れて、私らみたいな悪い空気は、とっとと追い出されるべきなんよ。」

「引っ越してくる人に…そこまでを期待するのは酷じゃない?」

「誰が引っ越してきても、きっと村は変わる。

願わくば、それが元気な若者で、わしら年寄り連中が安心して村を任せられるくらい、大暴れしてくれると嬉しいんじゃが。」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

「おまえ、北条の悟史が消えた日、私に詰め寄ったろが。」

「ああ、そんなこともあったね……あはは…」

「わたしゃな、あれで目が覚めたんよ。

北条家がどうのこうのいう問題は、私ら年寄りが死ねば時間が解決してくれる。

けんどそんなの待たず、早よう解決せなならん。」

「自分にはそれが出来ないから、よそ者にそれを託すってこと?」

「それが私にできる精一杯だんね。」

「他力本願の極みだね。」

「新しい風はな、魅音、お前らの世代になる。

風を迎え入れたれな。

そしてお前は、内からの風となって交じり合い、淀みを吹き飛ばしてくれ。」

「それが次期当主の仕事だってんなら。」

「あたしゃもう老いたんね。憎まれ役しかでけん。」

確かに「他力本願の極み」でしたが、その願いは見事、圭一が叶えてくれました。

「皆殺し編」での大立ち回り。

ああいうのを期待していたんですね、お魎さん。

怒っているように見せて、心の内では嬉しかったのかもしれません。

レナにはそれが見えていたのかも。

魅ぃちゃんのおばあちゃん、全然怒ってなかったよ。

そしてついに、圭一が転校してきます。

両親と、校長先生と知恵先生と分校に入っていきます。

その様子を校庭の端から見ていた、梨花ちゃんと羽入。

「ようやく引っ越してきたのです。

ボクらは待ちくたびれたのですよぉ。」

「これでまた変わってくるのです。

だって圭一は、ボクたちに運命の変え方を教えてくれる、『切り札』なのですから。」

「でも圭一が起こす奇跡は、肝心なところで良くコケやがります。」

「あうあう、それは圭一が悪いわけではありませんのです~。」

「そうです、羽入が悪いのです。羽入のせいなのです。圭一に謝るのです。」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

「私たちは、ゲーム盤の上に、これまでと同じ駒しか揃えていない。

今まで足りなかった強い力を持ち、鷹野の意思を打ち砕いてくれる強い駒。

それは羽入、あなたなのよ。

さあ、始めましょう。

この日のために、100年もかけたのだから…。」

前の記事:祭囃し編 其の四「謀略」
次の記事:祭囃し編 其の六「幕開け」


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました