「ひぐらしのなく頃に 」考察

ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

「考察」なんて言うほど大げさなものではありませんが、

「ひぐらしのなく頃に」(アニメ版)

一通りのご紹介が終わりました。

「罪滅し編」で完結…と思いきや、「昨夜、富竹ジロウさんと鷹野三四さんが…」という、お決まりのセリフが。

「それこそが万能のカギのはずだった」「終わらない6月を」という梨花ちゃんのセリフから、昭和58年6月を何度も繰り返しており、「罪滅し編」の終わり方(仲間に相談する、という鍵)では足りなかった。

そのため、再び富竹さんと鷹野さんが亡くなった、「綿流しのお祭り」の前に戻った、ということです。

続編の「ひぐらしのなく頃に 解」では、「終わらない昭和58年6月」を終わらせて、「昭和58年7月」を迎えるために、皆が再び奮闘することになります、

さて、「ひぐらしのなく頃に」を「鬼隠し編」から振り返ってみると、各編誰かが暴走して、惨劇を生み出す結果になっています。

鬼隠し編では圭一が、祟殺し編では沙都子が、罪滅し編ではレナが。

綿流し編と目明し編は対になっていて、綿流し編=圭一目線、目明し編=詩音目線になっています。

綿流し編=目明し編では、詩音が暴走しています。

この暴走の特徴に、「疑心暗鬼」があります。

「罪滅し編」でレナが言っていたように、「仲間を信じたいのに、信じられなくなった」

誰のことも信じられなくなり、周りの人間がすべて敵に見えて、殺戮行為に至る。

この「疑心暗鬼」がなぜ起こるのか、これが「昭和58年7月」を迎えるための、キーになります。

もう一つ、各編で必ず発生する「昨夜、富竹ジロウさんと鷹野三四さんが…」です。

この2人の死は必ず発生するイベントで、これを「誰が」「何のために」起こしているのか。

これがもう一つのキーになります。

これまでご紹介した人物の中に、「真犯人」と呼ぶべき人がいます。

真犯人」の意思と策に抗(あらが)い、「仲間を信じて」対抗する。

それが「ひぐらしのなく頃に 解」の見どころになります。

ちなみに、公式な設定がどうなっているのか分からないのですが、「昭和58年6月」のループは、世界線自体が繰り返しになっているんでしょうかね?

或いは、物語の中で「ループ」していること知っているのは、(今のところ)梨花だけですが、梨花だけがループしているのか…。

だとしたら、惨劇の数だけ世界線があって、惨劇が起きた後の世界で生き続ける人がいるわけですよね。

「ひぐらしのなく頃に 解」の最初のお話が、実は「罪滅し編」の20数年後のお話なんです。

そこには、20数年前に籠城事件を起こしたレナがいました。

「幸せ」とは程遠いレナが。

もし、最終的にループを抜け出し、梨花ちゃんが「昭和58年7月」を迎えたとして、その世界線はハッピーエンドかもしれないけど、そうでない世界線も存在するとしたら、ちょっと救われないな、と思ってしまいます。

そうではない、と思いたいです。

「ひぐらしのなく頃に」が見放題!

「hulu」は「ひぐらしのなく頃に」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。

2020/01/12時点では、

ドラマ:知らなくていいコト、あなたの番です、同期のサクラ、俺の話は長い

アニメ:ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)、鬼滅の刃、Re:ゼロから始める異世界生活

海外ドラマ:ウォーキングデッド、ロックアップ、クリミナルマインド、スーパーナチュラル

バラエティ:ガキ使、ウチのガヤ、月曜から夜ふかし、マツコ会議、今夜くらべてみました

等が人気ですね。

月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。

ぜひ、お試しください!

前の記事:罪滅し編 其の伍「リテイク」
次の記事:「サイカイ」

ひぐらしのなく頃に 目次ページへ
ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました