「監獄実験」のあらすじ紹介【ネタバレ含みます】




【この記事は「監獄実験」のネタバレを含みます。】

「監獄実験 プリズンラボ」は、原作小説「監獄ゲーム」のマンガ化作品。

原作は「貫徹」さん、作画は「水瀬チホ」さんです。


「E★エブリスタ」で配信されており、コミックスは10巻で完結しています。


では、あらすじ紹介いきましょう~。


江山藍都(えやま あいと)は高校一年生で、いじめられっ子。

「いじめられっ子」なんて表現は生ぬるいですね。

「便所プール」と称し、洋式便所に何度も顔を押し込まれ、掃除用のモップでボコボコに殴られ…。

いじめの域を完全に越えてますね。


散々ボコられた後、教室に戻ればお決まりの机に落書き…。

一学期最終日をボロボロになって終えた藍都。

教室にはいじめの主犯、桐島 彩(きりしま あや)が。

優等生でクラスのリーダー、教師も信頼を置く桐島が、実は陰でいじめの糸を引いていました。


入学してすぐの「ある出来事」。

それが、桐島が藍都をいじめる理由。

「あんたはずーっと私のオモチャ、ストレス解消の道具なの」

そう宣言して教室を去る桐島。

「夏休み明けにまた…」


帰宅した藍都のもとに郵便物。

中身は「監禁ゲームへの招待状

  • 期間は一か月
  • 参加者(監禁者)は監禁相手(パートナー)を指名
  • 相手を殺さなければ何をしてもよい
  • 相手が死亡した場合は罰金一千万円で、ゲーム終了
  • ゲームの勝敗は「名前当て」
    相手が監禁者の名前を当てる
    名前当ては週一回、計四回行われる
    監禁者は自分の名前がばれないよう、一か月監禁しなければならない
    名前を当てられなければ監禁者の、当てれば相手の勝利
    勝者には一千万円が与えられる





ゲーム専用登録サイトに接続し、半信半疑ながら「桐島彩」の名前を登録する藍都。

翌日、主催者側の「原川」と待ち合わせし、監禁ゲームの会場に案内される藍都。

原川曰く、監禁相手である桐島彩は「もういる」と。


仮面をつけて正体がばれないように部屋に入ると、後ろ手に手錠で拘束された桐島彩。

桐島への復讐を望みながらも、桐島に手を上げることを躊躇ためらう藍都。

桐島がいじめのターゲットにしていた相手は、自分の他に何人かいる。

監禁相手が「江山藍都」だとバレてはいけない。

人生を変えるためにゲームに参加した藍都。

そのきっかけをつかむため、他の2人の参加者の様子を覗き見ます。


1人は三崎 由乃(みさき よしの)。

24歳。グラマラスでセクシーな女性です。

監禁相手は元上司である戸宮。

戸宮に「捨てられた」三崎。

「名前当て」とか関係ありません。

仮面もつけずに戸崎の前に現れ、メリケンサックをつけた拳でボコボコに。

最初の名前当て、一週間後までには殺すつもりのようです。

「殺しても一千万払えば許される…最高ですね、このゲーム」

ペンチで戸崎の歯を抜き始める三崎。

謝罪し、許しを請う戸崎に対し、「人間の歯って…28本らしいですよ。あと27本」

歯を抜き続ける三崎。


もう一人は勝又 誠司(かつまた せいじ)。

40前後の男性。

監禁相手は倉梨 エリカ(くらなし えりか)。

勝又の目的は純粋に金。一千万円。

危害を加えるつもりはないから、監禁に協力してほしいと倉梨に頼みます。

お嬢様育ちでおっとりした倉梨は、それを了承。


参加者、監禁相手の計四人を見た藍都は、

「この人たち本当に…汚い…どいつもこいつも…みんな最低だ…」


勝又の本質は金で、やっていることはただの監禁。

なのにいい人を演じるから余計タチが悪い。

倉梨は思考が短絡的。

一か月の監禁は簡単でなく、辛くなれば裏切る可能性がある。

戸崎は自業自得。

他人の人生を自分の欲で壊したゴミ。

三崎は復讐を理由にしているが、戸崎への暴行はただ楽しんでいるだけ。


その汚さを目の当たりにした藍都。

桐島への復讐でなく、「謝ってもらう」ことに目的をシフトします。

時間が掛かっても桐島に謝罪してもらう。

しかし、死んだふりをした桐島にスキを突かれ、左手小指を食いちぎられる藍都。


痛みに悶え苦しむ中で、思い出します。

何故このゲームに参加したのか。

今までの過去を、自分を捨て、変える。

だからもう、隠す必要なんてない。


仮面を取り、素顔を見せる藍都。

躊躇いもなく、桐島の頭を床に叩きつけ、手の指をへし折る。

覚醒する藍都。


主催者側の藍都担当・原川に電話が。

電話の主は藍都。

「監禁相手…殺しちゃったんですけど…」

監禁ゲーム。開始二日目の出来事…。


いかがでしょう。興味お持ちいただけたでしょうか?

藍都は桐島を殺してしまったんでしょうか…。

ここはバラしちゃいますと、殺した相手は戸宮です。

三崎と一緒に戸崎を殺したのです。

藍都、完全覚醒ですね。


この後、勝又が金を欲しがる理由や、倉梨が既婚者で、もうすぐ二歳になる子供がいるのに、失踪した倉梨を家族が探さない理由、桐島の辛い過去や、藍都と桐島がまだ仲が良かった頃…。

はたまた、この監禁ゲームが、遡っていつから、何年前から仕組まれていたものなのか…といったことが明かされていきます。



監獄実験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました