*ネタバレ注意*「死役所」あらすじ・感想 第102条 「町子ちゃんの世界②」





※ 本記事に於いて著作権を侵害する意図はございませんが、権利者様より著作権侵害のご指摘を頂戴した場合には、直ちに記事の修正・削除を行います。
お手数ですがお問合せフォームより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。


【この記事では死役所 第102条 「町子ちゃんの世界②」のあらすじをご紹介します】







スポンサーリンク

第102条 町子ちゃんの世界②


認知症を患い特別養護老人ホームに入居する半仁田町子さん。

彼女の娘・敦恵さんとホーム職員の娘・琉衣さんのケンカの後、1人施設の外に出てしまった町子さん。

そのまま水路に落ちて亡くなってしまいます。

なぜ町子さんは1人で出て行ってしまったのか……。


町子さん


特養に入った頃には認知症を患っていた町子さん。

元々沸点の低い方なのか、取り扱いの上手な職員さんでないと手に負えない様子。

人の顔がぼんやりとしか認識できないようですね。


娘の敦恵さんでもそれは同じ。

あなたの娘だと言っても「知らん知らん!」と興奮する町子さん。


「取り扱いの上手な職員さん」が間をとりなすと、やっと娘の顔が「見えた」ご様子。

「敦恵、うちにはいつ帰れる?」

しっかり敦恵さんを覚えています。


しょうちゃん


「取り扱いの上手な職員さん」の娘・琉衣さんが特養を訪れるように。

子供のころ仲良しだった「しょうちゃん」を思い出した町子さんは、琉衣さんを「しょうちゃん」と呼ぶようになります。

お菓子をあげたり本を読んであげたり。


そんな様子を見た敦恵さんが琉衣さんを「しょうちゃん」と呼ぶことを窘めると、再び娘の顔が「見えなく」なる町子さん。

「しょうちゃんに近寄るな~!」

忘れられた娘・敦恵さんと口論に…。


不登校


季節は流れ、初対面の頃は小学生だった「しょうちゃん」こと琉衣さんは中学生に。

卒業式も出てないのに、おかしいよね。

どうやら進学した中学にも行けていない様子。


そんな「しょうちゃん」を心配する町子さん。

かわいそうに…行きたくても行けんとね…。

自分を心配してくれる町子さんと「しょうちゃん」は、どんどん仲良くなっていきます。


ケンカ


娘の自分より母と仲良くする琉衣さんへの嫉妬。

自分のことが「嫌い」だと話す母。

そして前話の敦恵さんと琉衣さんの「ケンカ」へと発展。


二人の様子を見た町子さん。

「娘の敦恵とその友達がケンカ」している。

ケンカはやめなっせ!ほら敦恵、謝りなっせ!


娘・敦恵さんを心配して叱る町子さんは、若いころに戻ったよう。

琉衣さんのことも「しょうちゃん」ではなく、敦恵の友達・琉衣さんだと。


仲直り


二人が部屋を出た後、無事に仲直りが出来たかを心配する町子さん。

様子を探るために施設を抜け出してしまったのです。

用水路に何か落ちているのを見つけ、二人の落とし物では、と近づき……。

転落してしまったのでした。


ここまでの町子さんの人生史を読んでも、認知症の奥深さに追いつけないハヤシくん。

町子さんとの会話を試みますが、話の辻褄が合わず撃沈……。


制服


現世では件の「取り扱いの上手な職員さん」であり、琉衣さんの父が敦恵さんに謝罪。

元々徘徊癖があったため、仕方ないと応える敦恵さん。


施設側を責める気はない敦恵さんですが、気がかりが一つ。

琉衣ちゃん大丈夫ですか?


母と仲良くしていることで、敦恵さんの中で嫉妬の対象となっていた琉衣さん。

そんな琉衣さんも自分の子供より低い年齢ですから、冷静に考えれば仲良くしていた母が事故死し、落ち込んでいるのではないかと。


そこで初めて琉衣さんが不登校であることを知った敦恵さん。

同じ年頃の友達を作れ、と言ったことを後悔します。

そして……母の葬儀には絶対来なさい、と。

初めての制服、母に見せてあげて。友達なんだけん。


感想


何というか切ないですね。

町子さん、敦恵さん、琉衣さん、それぞれに事情がある。


母が認知症になり、自分のことも忘れてしまい「嫌い」とまで言われた敦恵さん。

その敦恵さんのことを時々思い出すものの、認知症のせいで記憶の定まらない町子さん。

事情があって不登校になった琉衣さんですが、認知症の町子さんが悩みを聞いて、受け皿になってくれる。


複雑な三角関係の最期は、町子さんの事故死で悲しい結末となってしまいましたが…。

母に制服姿を見せてくれ。


母と仲良くしてくれてありがとう。

学校に行けるよう、頑張って。

そんな敦恵さんのメッセージが込められた言葉だと思います。




前の記事:第101条 町子ちゃんの世界①
次の記事:第102条





死役所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました