「自殺島」第13巻 ネタバレ・あらすじ・感想




「自殺島」(作者:森恒二さん)第13巻あらすじをご紹介するもので、ネタバレを含みます。





スポンサーリンク

第百二十一話 始まりの予感


廃校グループではミノル、タツヤの他にケンジという男性も腹部を刺されていました。

ミノルは重傷、タツヤとケンジは助かりませんでした……。


©「自殺島」森恒二/白泉社




2人の墓標を作る廃校グループ。

そして「この先どうするか

「このままやられっ放しじゃ、タツヤとケンジが報われない」と、最初は報復意見に傾きます。


そのためには貴重な戦力である、セイを呼び戻さなければなりません。

「セイは自分達が追い出したようなもの。それを再び戦いのために2人の生活を壊したら、本当に奴らと同じになる」

ミノルが病室で言った言葉に、報復はせず終わりにしよう、という意見でまとまります


しかし、スギだけは本質を見抜いていました。

リュウとリョウ、スギの3人だけになった際、本音を話します。


自分達未遂者は「辛い事から逃げる」、そういう弱いところがある。

本当に自分たちが引いたら、向こうは何もしないと思っているのか。

そう思い込んで、現実から、辛い事から逃げているだけなのではないかと。

「これは明らかに終わりじゃない…。始まったんだ!最後の…戦いが……」


第百二十二話 サワダの論理


港側グループの女性陣の異変に気付いたトモは、サワダを問い詰めます。

向こうの集落に、何かしたんじゃないかと。

女だけで何かできるか?とごまかすサワダは、話のついでに彼の価値観を話し始めます。


人は皆、生まれた瞬間から死に向かって生きている

生きている間にやりたいことをやらずして、どうするのかと。


元々サワダは本土にいた頃、ヤクザでもチンピラでもないその下の下っ端でした。

ある時上から大量のクスリを捌くように言われ、商才があったのか売り切ったサワダ。

売人に格上げされた後も、クスリを売りまくるサワダですが、それも自分がクスリに手を出すまでの話。


やり始めたらあっという間、抱えてたブツにも手を付けたサワダは、ヤクザから追われる身に。


©「自殺島」森恒二/白泉社




クスリのことしか考えられないが、そのクスリは手に入らない。

諦めたサワダは未遂を起こし、島に送られてきます。


飲み水を探すリョウやカイ、セイらと別行動したサワダは、一緒に食べ物を探していた男性が見つけたバナナを、奪い取ります。

その男性を刺し殺して。


それまでクスリの禁断症状で、だるさや頭痛を感じていたサワダでしたが、それらが消えていくのを感じます。

そして気付いたのが、「脳が刺激を求めている」ということ。

クスリによって分泌される脳内麻薬を、刺激によって大量分泌させる

それがサワダの望みでした……。


第百二十三話 サメ


銛突き漁で獲物を仕留めるセイ。

日も傾いてきて、そろそろ終わろうかと思った矢先、大きめのハタを見つけ、それを最後の獲物にと考えるセイ。

銛は見事にハタに命中しますが、そのハタの周りに現れたのはサメ……。

比較的おとなしいのと、夜行性のため危険は少ないホワイトチップ(ネムリブカ)。


しかし、普段突き漁をしている隣の入江で見つけたのは、3メートルはあろうかというオオメジロザメ。


©「自殺島」森恒二/白泉社




オオメジロザメを見かけて以降、そちらの入江には入らないようにしていたセイとリヴですが、オオメジロザメの方がセイ達の漁場に入ってきました。

延縄漁も出来ず、突き漁も出来ない深刻な状況に、セイも対抗策を考えます。


板バネで作った大きめの弓に、鹿の角で作った銛先。

得意の弓矢でサメを仕留めようとするセイは、重い弓を引く練習を始めます。


第百二十四話 サメ狩り


対オオメジロザメの準備は、シカ狩りから始まります。

シカの内臓、血でオオメジロザメをおびき寄せるのです。

細かい肉と血をコマセの様に辺りに撒き、浮きブイに内臓を巻き付け、海に放ちます。

あとはラインを岩に括り付け、先端の矢でサメを射るのみ…。


明るくなる前から準備をしていたセイとリヴですが、目的のオオメジロザメが現れたのは明るくなってから。

警戒せず、浮きブイに巻き付けたシカの内臓に、食らいつくオオメジロザメ。

セイの矢は見事にサメを射ますが、ラインを手繰り寄せるどころではない力強さ。


岩に擦れたラインが、「ギギギ…」と限界を知らせる音を出します。


©「自殺島」森恒二/白泉社




少しずつラインを手繰り寄せ、近くに来たサメにもう一射。

入れ違いで最初に射たラインが切れます。

二射目は「浮き」付きの矢、刺さったサメは海中に潜ったり出たりを繰り返し、疲労していきます。

こうなると、セイとリヴ vs オオメジロザメの持久戦です。


第百二十五話 サメ狩りⅡ


残りの矢は2本。

その1本を尾びれ近くに射たセイ。

リヴがラインを引こうとしますが、オオメジロザメの力はまだまだ強く、危うく海中に引きずり込まれそうに。

浮き付きの矢のせいでオオメジロザメが疲労しているとはいえ、海中に引きずり込まれればひとたまりもありません。


残りの矢は1本。

お互い命を賭けた真剣勝負。

オオメジロザメも簡単にあきらめてはくれず、死力を尽くして暴れ、もがきます。


最後の1本でオオメジロザメの頭を射抜いたセイ。

ラインを引き、岸に引きつけた後は……鉄パイプでメッタ打ち。

最後は力技です。


サメの解体まで含め、1日がかりの大仕事を終えたセイ。

1日戦ったサメに抱くのは畏怖の念。

戦いの最中、一瞬サメの脅威とサワダの脅威とを重ねてしまったセイは、心の中でサメに謝罪します。


©「自殺島」森恒二/白泉社




『強く獰猛でも、敬う気持ちを持てない相手もいる……そうだ、奴は違う』


第百二十六話 風邪と薬草


サメとの格闘から2日、大量のサメの肉を余すことなく干物にするセイとリヴ。

干物を作るには、大量の塩も必要になります。

塩を作り、サメの肉を干物にし…文字通り「働きづめ」だったリヴの体調に異変が。

作業中、目眩に襲われ倒れたリヴは、触ってすぐに分かるほどの熱がありました。


抗ウィルス薬、抗生物質の無い島の生活では、ケガや風邪が死に直結することもあります。

他に頼る相手がいないセイは、医者の家で育ったトモの言葉を思い出します。

熱によってウィルスを死滅させるため、発熱はすぐに下げてはダメ

葛の根を煎じて飲むと効果がある。

いわゆる「葛根湯」です。


葛の花を探しながら、自分を責めるセイ。

自分のワガママから廃校グループを出た。

そんな自分に文句ひとつ言わず、ついてきてくれたリヴ。

きつかったはず、不安だったはず、怖かったはず。

なのにリヴはいつも、

「大丈夫?」

セイを心配してくれていました。





何とか葛を見つけ、葛根湯を作ってリヴに飲ませます。

翌日には熱も下がり、回復してきたリヴ。

相手の事、自分のことをもっと大切にしなくてはいけない、そう強く思わされる出来事でした…。


第百二十七話 黄金の波


第百二十話で、港側グループの女性に刺された、廃校グループの農業、畜産の主導・ミノル。

廃病院で元看護士のタエが看ていましたが、しばしば病院を抜け出しては田んぼや畑に向かいます。


©「自殺島」森恒二/白泉社




稲も穂が出てきてもう大丈夫だろうから休めと、リーダー・リュウが諭しますが

「稲はこれからが大事だ」

と、誰の言葉にも聞く耳を持ちません。


米作りは自分が最後まで、責任を持って全うする。

そんな強い意志、執念すら感じるミノルの想いに、誰も止めることができません。


次第に食事も摂れなくなり、衰弱していくミノル。

リョウが見つけてきたソファを、田んぼが見渡せる場所に置き、ミノルを座らせます。

一日中そこに座り、作業を指示することが多くなったミノル。

「その時」が近いミノルの指示で、涙を堪えながら農作業する廃校グループメンバー


そして「その時」は訪れます。

一足先に「黄金に染まった稲穂の波」を心に見ながら。


©「自殺島」森恒二/白泉社




皆に看取られ、満足げな表情で逝ったミノル……。


第百二十八話 ボウシの決意


ミノルの死後、工作室に籠るようになったボウシ。

ボウシもまた、リュウやリョウと同じように戦いから「逃げて」いたのです。

戦わなければ、戦いは起きない

その楽観が、ミノルを死なせてしまったのです。


生まれて初めて、ミノルと言う「親友」を手に入れたボウシ。

そのミノルが「殺された」ことをきっかけに、真実に気付いたボウシ。

大切なモノを守るためには、戦わなければならない


武器作りに没頭し、スリングショット(パチンコ)やボウガン、荷車を改造した「戦車」を作成。


©「自殺島」森恒二/白泉社




「戦い」となると、セイの力が必要になります。


ミノルの死を知らせようと、ボウシが狼煙を上げたものの返信がなかった。

直接行ってみる方が早いが、戦力になる者は行かせられない。

女性が行くのも危険。

ルポライターの織田とノリオに、白羽の矢が立ちます。


第百二十九話 素晴らしいもの


セイに「戦い」の支援を頼みに行く、織田とノリオ。

山を登り対岸に出たものの、歩き通しで疲れた2人は小休止。


ルポライターの織田は、島に来て「もっとすごいものが見れる」と思っていたと。

グループ同士の争いなど、色々なことが起きているのですが、ルポライターとしての経験で「向こうでも充分過ぎるほど見ている」織田にとって、廃校グループと港側グループの争いも、彼の「見たかったもの」ではありませんでした。


「素晴らしいものが……見たかったんだよ」

小休止を終え、セイとリヴの居場所を探す2人。





海岸線を港側グループの集落と反対側に進むと、かなり歩いた後にやっとのことで、煙が立っているのを目にします。

サワダグループの仲間かもしれない。

慎重に煙の方向に近づくと、セイとリヴでした。


魚を突いてきたセイの身体を拭くリヴ。

魚をさばくというセイを、いいから火に当たって体を温めて、とリヴが止める。


©「自殺島」森恒二/白泉社




互いが互いを想い合い、大事にしているのが自然と伝わってきます。

『声がかけられなかった…。まるで古い映画の一コマ…一枚の絵画のようで……』

おそらくこれが、織田の見たかった「素晴らしいもの」


ミノルの死、港側グループとの戦いのことを、セイとリヴに話した後

戻るなよ…セイ。わざわざ戻って殺し合いなんてやることない。君らは…ここで完璧じゃんか!」

廃校に「戻らないよう」説得を始める織田…。


第百三十話 楽園


セイの所に一晩泊り、翌朝戻っていった織田とノリオ。

最後まで織田は、「戻らないこと」を勧めます。


しかし廃校グループが無くなれば、セイとリヴの居場所も襲われる可能性があります。

それにリョウやスギ、ケン達はセイにとって家族のようなもの。


©「自殺島」森恒二/白泉社




彼らを見捨てる選択肢など、ありませんでした。


戻り支度の途中、今の生活を失う怖さ・寂しさから、子供の様に大声を上げて泣き出すリヴ。

今までリヴにとって「家」とは、不安と苦痛・恐怖の場所でしかありませんでした。


しかし今いる「家」は、セイと共に築き上げた「楽園」。

2人にとってはそれが全てでした。

『失いたくない!生きていたい!!』

強い想いを抱き、翌朝2人は廃校に向けて出発します。




前の記事:自殺島 第12巻
次の記事:自殺島 第14巻


自殺島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました