ひぐらしのなく頃に業 「祟騙し編 其の参」あらすじ【※ネタバレあり】




【この記事には「ひぐらしのなく頃に業」のネタバレを含みます】





スポンサーリンク

無力


旦那
旦那

祟騙し編第3話です。




「に~に~!!助けてに~に~!!!嫌ぁ~~~!!!」

パニックになり、泣き叫ぶだけの沙都子。

圭一がなだめようとしますが、その声は届きません。


間にレナが入ってなだめようとするも、沙都子は泣くばかり…。

「ごめんね……ごめんね……何もできなかった私たちを…許して……」

レナと魅音の目にも涙が……。


旦那
旦那

昨年の「オヤシロ様の祟り」の前、叔父夫婦に虐待される沙都子と悟史を助けることができなかった…。

「オヤシロ様の祟り」で叔母が撲殺され、叔父が興宮に逃げたことで解放された沙都子でしたが、それはおそらく悟史の手によるもの。

周りにいて、虐待に気付きながらも何もできなかったレナ、魅音

そのことに対する「ごめんね」なのでしょう。




騒ぎを聞きつけた知恵先生が駆けつけると、

「ちょっとお弁当をめぐって、レナさんとケンカしただけですの。ちょっとした悪フザケなんですの」

努めて明るく振る舞う沙都子。


痛々しいその様子に、

「私たちが…無力だから……」

弱音を吐く魅音。


園崎詩音


もちろん部活をせず、帰宅する沙都子。

梨花ちゃんが

「ボクと一緒に帰りましょう」

と一緒に暮らしていた家に帰ろう、と誘いますが

「言ったでしょう?叔父さまと暮らさなければなりませんの…」

北条家に帰宅する沙都子。


圭一・魅音・レナが梨花ちゃんを教室で待っていましたが「沙都子に断られた」というニュアンスで首を振ります。

自分の無力さに苛立つ圭一。

そこに、さらに苛立った…というよりすでに「キレた」状態の詩音が現れます。


すぐに行動を起こさなければ…その意見は圭一・レナ・詩音ともに一致。

ただその方法が思いつきません。

「そんなの簡単です!待ち伏せして、叔父をぶっ殺してやればいい!!


旦那
旦那

「皆殺し編」と同じ展開ですね。

ブチギレた詩音が、自分で叔父を殺すと。




圭一の脳裏に、「あの場面」がフラッシュバックします。

「祟殺し編」で鉄平を殺した圭一。

「祟騙し編」でも、その時のことを夢に見ています。


レナ・魅音は止めますが、代替案があるわけでもない。

「私は悟史君に頼まれたんです!沙都子に何かあったら、悟史君に顔向けできない!!」

鉄平を殺す一択で、教室を出て行こうとする詩音。


その詩音を圭一が止めます。

今は確かに案がないが、

「前原圭一が、絶対沙都子を救ってみせる!」


「皆殺し編」同様、行く手を邪魔する圭一を、イスで殴る詩音。

頭を切って血を流しながら、それでも

「死んでもここをどかない」

という圭一に、不貞腐れながらも椅子を下ろす詩音。


正攻法


「で、どうするんです?」

という詩音の問い。

「皆殺し編」を経験した梨花ちゃんは知っています。

圭一がどうやって、運命の袋小路を打ち破る奇跡を起こしたか


圭一の発案は

「児童相談所に訴える」

通報の結果「様子見」となった事実を踏まえ、圭一の意見に呆れる詩音。


状況を一番知ってるオレたちが、訴えるんだよ」

沙都子がどういう状況に置かれているか、相談所がきちんと把握していないかもしれない。

それを良く知る「仲間」が、正確な状況・逼迫した状況を訴える。

真正面からの正攻法です。

部活メンバープラス、乗り気でないながら詩音も同行します。


児童相談所の対応は、語弊があるかもしれませんが、所謂いわゆるお役所対応

様子見」ではなく「対応中

叔父と姪という間柄にもかかわらず、「北条さん親子」と誤認識

5人の必死の訴えは

「お話は分かりました。児童福祉士に伝えます。本日は貴重なお話をありがとうございました


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会




と勝手に切り上げ。


「適当にあしらわれた」感の拭えない対応に、「打つ手なし」と弱音を吐く圭一。

「あなたは運命をやすやすと打ち壊してくれる!沙都子を救い出すと言ってくれた!そんな圭一の口から『打つ手なし』なんて言葉、聞きたくない!!」

梨花ちゃんの言葉で目を覚ました圭一。

「これが部活なら、お前ら全員ビリだ!」

他の面々にも喝を入れます。


愚直


6月16日、木曜日。

圭一の策はあくまで愚直。

昨日5人で陳情に行ったが、先方に危機感は伝わっていない。

ならば分校全員で

「雛見沢分校スピリッツを見せろ!仲間を、沙都子を救うんだ!!」

この日は知恵先生を含んだ、雛見沢分校全員16人で、放課後児童相談所を訪れます。


大人数での陳情に、相談所の対応も変わります。

昨日の担当者でなく、「係長」が対応します。


が、相手が変わっても「お役所対応」に変わりはありません

一昨年の通報に関しても、叔母からの虐待の情報はあったが、叔父・鉄平から虐待を受けている情報は無かった。

沙都子本人に電話で確認したが、虐待の事実はなく叔父と一緒に暮らしたいと回答したと。

対応期限についても「慎重に判断しなければならない」と明言を避けます。


お弁当の時の様子から、沙都子の心は崩壊寸前…それを知る仲間と相談所の温度差、逼迫感

そこには大きな隔たりがあることを痛感します。


「前原さん、明日も来るんですよね!?」

「ここで止めたらいけないと思います!」

「私たちも頑張ります!」

富田くん、岡村くんはじめ、下級生たちが圭一を後押しします。


「明日は20人どころじゃない…60人は欲しいところだぜ!!」


©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会




「運命を打ち破る力」を感じる梨花ちゃん。

その頃、雛見沢を訪れる大石さん……。


旦那
旦那

何用で?大石さん。

しかも1人、歩きで……。

今回の大石さんはちょっとおかしい…?




前の話:祟騙し編 其の弐
次の話:祟騙し編 其の四


ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました