「自殺島」第9巻 ネタバレ・あらすじ・感想




「自殺島」(作者:森恒二さん)第9巻あらすじをご紹介するもので、ネタバレを含みます。





スポンサーリンク

第八十一話 合戦


「いいかぁ!!オレ達は完全に自由なんだ!!!本能を解放しろ!!獣になれ!!犯し!!奪い!!殺せ!!」

リーダー・サワダが、グループの男性陣を焚きつけます。

その数、15~16人。

ほとんどが鉄パイプを持っています。


廃校に向かってくる一団にいち早く気付いたケンが、走って皆に伝えます。

盾に加え、「殺傷能力を上げた」武器を用意していた廃校グループ。

迎撃の準備は万端です。

あとは気持ちの問題……。


「躊躇はするな」「殺すのが目的じゃない、撃退するんだ」

リュウとスギが鼓舞します。

「分かってるつもりだ……今日は…闘うしかない……」


「自殺島」森恒二/白泉社




覚悟の決まり切らないリョウ。

そんなリョウを横目に、戦いは「圧倒的」でした。

無策に鉄パイプを振り回す港側グループに対し、盾と槍で武装した廃校グループは、味方に1人のけが人も出すことなく、サワダたちを退けたのです。


第八十二話 リョウとリュウ


港側グループと廃校グループの最初の衝突で、ケンに槍で腹を刺された男性。

内臓にまで達するその傷は、この島ではどうにもしようのない怪我。

ケンは「自分の刺した槍」だと、自分で止めを刺します。


「飲んで今日のことは忘れちまえ!それしかねーだろ!」

リュウに勧められ、例の焼酎を煽るケン。

「あ、あの……僕らもいいかな…食事……」

それは今日の「戦い」に参加しなかった男性たち。

当然リュウやケンは拒否します。

ミキら女性でさえ投石で塀の守りに入ったのに、何もしなかった男性たちが食事にありつくのは許せない、と。

今は闘うしかない、そういう状況なのです。


リーダー・リョウはその座をリュウに譲ることにします。

闘いよりも話し合いを選んでしまう、そんな自分よりも「今は強いリーダーが必要」だと。


「自殺島」森恒二/白泉社




リーダーに就任したリュウは、翌日早速襲撃を決行します。

昨日の今日で急すぎると反対するリョウ・スギ・セイらは除き、有志のみで決行する、と。





第八十三話 再襲撃


襲撃が失敗に終わり、港側のグループは野戦病院の様相。

イラつくサワダにカイが見せたものは「火炎瓶」

島の廃車から集めたガソリンを燃料にして、作ったものです。

せいぜい十本程度しか作れない火炎瓶を、再襲撃に備えた装備に進言するカイ。

「君が王なら僕は臣下のようなものだ。僕は王のために働いてるつもりだよ」

渋々、その進言を飲むサワダ。


その夜、再襲撃を決行する廃校グループですが……今度はカイの逆襲に遭います。

「奴らだぁ!!来たぞぉ!!!」

集落に近づくなり、見張りに見つかった廃校グループ。

続いて出てきたのは「人の壁」

それも裸の女性の壁です。

その中には例の第二陣の男性・タカシの「想い人」・睦美の姿も。


怯んだ廃校グループに、港側のグループは火炎瓶を投げつけてきます。

盾で防いだ廃校グループですが、飛び散った燃料が衣服にかかり、燃え移ります。


「自殺島」森恒二/白泉社




想い人・睦美さんの眼前で業火に焼かれるタカシ……。


第八十四話 敗走


炎に包まれ、燃えゆくタカシ。

呆気にとられる廃校グループの男性の胸を、サワダが突き刺します。


躊躇なく人を殺すサワダの様子に、気持ちで劣勢に立たされた廃校グループは、敗走を始めます。

「武装の無い者から襲うんだ!この機に少しでも向こうの人数を減らそう」

サワダとカイが手を組んだ港側のグループに、躊躇はありません。


カイの指示通り、武装したリュウには目もくれず、武装していない男性をボコボコに……。

最終的には武器も捨て、必死に走り逃げるリュウ。

遠くに見えたのは灯り……今日の再襲撃に反対し、参加しなかったリョウ・スギ・セイらが松明を掲げ、弓を構えて待っています。

再襲撃組が心配で、武装して様子を見に来ていたのです。

「まぁ~たオマエか、弓の兄ちゃん」


「自殺島」森恒二/白泉社




後ろからゆっくり現れたのは、港側のグループリーダー・サワダ。


第八十五話 苦境で得たモノ


「そっちが先に仕掛けてきた」「こっちは自分たちを守ろうとしただけ」

両グループの水掛け論。

確かなことは、カイは「人間は不要」と島の人間を全て殺そうとしていること。

サワダはそんなカイの目論見など「どうでも良く」、

「気に入らなければ殺す。好きにやるだけだ」


両グループが正面切って向き合った今、戦いを始めればいずれのグループも大勢の犠牲を出すことは明白です。

「腹が減った。帰るぞ」

サワダの一言で港側のグループが引き下がります。

「今夜は久々に肉が食えるからな、わざわざ届けてくれてありがとよ」


「自殺島」森恒二/白泉社




「肉」とはもちろん、廃校グループメンバーでサワダらに殺されてしまった男性たちのこと…。

「やめろ……やめ…やめてくれぇ!!!頼む!!食うなんて言わないでくれ~~!!」

今回の再襲撃を先導した、廃校グループの新リーダー・リュウの叫びが響き渡ります……。


その夜、リュウに酒をあおらせ寝かしつけた後、リュウ・スギ・セイの3人で話し合います。

「2人とも…心を決めてくれ……頼む!僕は君らほど大切な人間も、君らほど信頼している人間もいない!だから……頼む!」

心からのスギの願いに、「本格的に戦うこと」を覚悟するリョウとセイ。


一方、いつサワダが攻め込んでくるか分からない状況に、怯え腰のケン。

ナオを連れて一緒に逃げようと説得します。

そのナオは、突然吐き気を催し……。


第八十六話 ケンの決意


ナオは妊娠している」と結論付けたケン。

ナオを守るため、人一倍働いた後でナオのもとに食糧を運ぶ日々。


一方廃校グループは、港側グループの襲撃に備え、塀の上に有刺鉄線を張り巡らします。

投石用の石を校舎内に準備し、放火対策に用水も準備。

加えて……前回の襲撃で男性陣が減ってしまった穴を女性陣が埋めるべく、弓矢の練習を。

「罪を負っても生きる事を選びたい」


「自殺島」森恒二/白泉社




というリヴの言葉に、女性陣も同調します。


そして身重(?)のナオは……自分のために献身的なケンに対し、

「私が一体何人の男とやってると思うんだい?たとえ妊娠(でき)てもあんたの子のわけないじゃん!」

と冷たい態度。

それでもめげないケンですが…。

「まぁ……ここまで……かな……」

断崖絶壁から海に身を投げるナオ…。


第八十七話 バカ


ケンに誘われたセイは、2人で釣りの最中にナオの投身現場に遭遇。

すぐさま救助に向かうケンとセイ。

近くにいたリョウとミキの助けもあり、何とか救助成功。


投身自殺を図ったナオは、所謂いわゆるアダルトチルドレン。

「いらなかったんだ……私はまだ若かった……いくらでもやり直せたんだ……あんたさえいなければ……」

アル中の母から恨み節を聞かされ、成長したナオ。

自分の「女」を売り、「金」を得る生活。

ナオの「女」と「金」に集まる男。

しかし、いくらお金を持っても破綻する、ナオの暮らし、人間関係……。


目を醒ましたナオは、自分を助けたことを非難します。

お前が死ぬってことはなぁ……子供を殺すって事なんだぞ!!」

ケンの叫びでナオの妊娠を知ったリョウ・ミキ・セイ達。

元看護士のタエも注意して看ることにしますが、最終的には「本人次第」


翌朝、いつも通りナオに食事を届けるケン。

「オレはただ…オメエと一緒にいたいから…ずっと……。生きててほしいだけだ」


「自殺島」森恒二/白泉社




お金のない自分の側に、居てくれる人の存在を知ったナオ……。


第八十八話 イイコ


ナオの妊娠・投身を知り、病院には廃校グループの男性がナオの見舞いに。

病院だから「そういうこと」をするわけでもない。

ナオが来てから男性が「無理矢理」と言うこともなくなった。

ナオの存在意義は「売春」だけでないのかも…。


「自殺島」森恒二/白泉社




そう考えるレイコに対し、ミキは反発。

「とにかく私は認めない!」

自分の思ったことをハッキリ言い、行動するミキ。

そんなミキの様子は、レイコの妹・ハナを思い出させます


マジメな、アツカイやすい、イイコだったレイコに対し、奔放で強情で自由な性格だったハナ。

ハナが問題を起こす度、「あなたは聞き分けがいいから助かるわ」

そう言われることに喜びを感じていたレイコ。


短大を卒業し、マジメに働くレイコに対し、高校を出てから自由に拍車がかかり、家に寄り付かなくなったハナ。

そんなハナが「しくじっちゃった」とデキ婚し、連れてきた男は意外にもマトモ。

実家近くのマンションに住み、子供を連れて実家に来るハナ。

そんな孫を溺愛し、「幸せな家族」の姿がそこに…。


あなたにも困ったものねー。いつまで一人でいるつもり?ハナちゃんみたいに若いうちに産んだ方が楽よ?」

それまでの「イイコ」を否定され、壊れていったレイコ…。


そんな事を思い出しながら、気が付けば病院に。

院内から出てきたナオに見舞いの品を渡され、

「一人じゃ食べ切れないから……あ~~、あの…助けてくれた……ミキって人?あの娘にでも渡しといてよ」

素直じゃないナオの一面に触れたレイコでしたが、茂みから港側のグループ男性が数名……。





第八十九話 ナオとレイコ


病院内に隠れたレイコとナオ。

しかし港側のグループ男性は、病院内を探索し始めます。

ナオの指示で男性たちをかわすものの、徐々に階上へ追い詰められ、遂には屋上へ……。


「降りられはしないけど……飛び降りれば……」

「うん……死ねる……。奴らが来たら……逝くよ。」


「自殺島」森恒二/白泉社

自分が上に逃げようと誘ったからこうなった……泣きながらレイコに謝罪するナオ。

「さんざん迷惑かけたあげく…こんな…。わ、私なんか……本当にバカだ……」


病院の屋上からは、廃校がすぐ近くに見えます。

逝く前に、仲間のことを思い出すレイコ。

その中で思い出したのは、セイの言葉。

すぐさま屋上にあるものを集め、ナオの持っているライターで火をつけ、「狼煙」をあげるレイコ。


第九十話 捕縛


狼煙を上げることに成功したレイコとナオ。

あとは廃校の誰かが気付いてくれれば……。

誰かが駆けつけてくれる前に、下から上がってくる港側グループの男性に見つかってはおしまい。

そこは自力で防ぐしかありません。


闘いに慣れていないレイコとナオ、時間を稼げたのはほんの少しだけでしたが…。

狼煙に気付いたセイとケン。

病院の屋上の狼煙に、「ナオが危険な目に遭ってる」と直感したケンは、一目散に病院に走ります。


「自殺島」森恒二/白泉社




セイはスギやリョウに声を掛けてから後を追い、難なく港側グループの男性3人を捕縛。

その夜、教室に集められた廃校グループは、捕縛した3人の処遇について話し合います。

教室に連れられてきたのは、「罪人」のように手首と腰を、紐で縛られた港側グループの男性たち……。




前の記事:自殺島 第08巻
次の記事:自殺島 第10巻


自殺島
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました