キングダム【最新話ネタバレ】657話「解放の意味」【あらすじ紹介】



※「キングダム 第657話 」をご紹介するもので、ネタバレを含みます

「かつての俺達に似ている。そう、『虚無』を悟る前の俺達にな」

満羽の矛一閃で、馬上から叩き落された蒙武。

秦軍の「武」の象徴・蒙武が討たれることになれば、戦況悪化は必至ですが……。


スポンサーリンク

背負うもの


蒙武の落馬は、蒙武軍に大きな動揺を与えます。

自ら「汗明より弱い」とうそぶく満羽。

その挑発に、再び立ち上がり、騎乗する蒙武。

そしてその様子を、ただ見ている満羽。

止めを刺すには、絶好の機会のはずですが、満羽はそれをしません


一方、魏軍本陣の呉鳳明を目指す、千斗雲軍。

その勢いは止まらず、一気に最終防陣にまで到達します。

その勢いを止めるのは……千斗雲の右から現れた、魏の「龍范りゅうはん将軍」率いる黄金騎士団「光華狼こうかろう

更には後方から録嗚未軍…。

再び「挟撃」の格好にさらされる千斗雲ですが…まったく焦る様子もなく、不敵な笑みを浮かべます。

旦那
旦那

黄金騎士団「光華狼」ですが、装備が非常に豪華です。

登場が派手なだけに、「かませ犬」感が拭えないのは、私だけでしょうか…?



解放の意味


満羽と蒙武の一騎打ちは、やはり満羽が優勢

しかし、血を吹きながらもなんとか喰らいつく蒙武。

そんな「追い込まれてから力を発揮する」蒙武を、理解している節のある満羽。

そして、自分も「かつては大きなものを背負っていた」と。


今は解放された。楽なものだぞ、蒙武

国が滅んだため、「解放された」のかと思いきや……そうではないようです。


「お前の本当の力を見せて見ろ!」

蒙武を煽る満羽。

満羽の目的、満羽の楽しみは、

お前を背負うものごと打ち砕くこと


満羽の言葉に反応し、反撃を開始する蒙武。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



什虎軍の本陣には、秦魏同盟軍のもう一つの主攻、騰軍が攻め込んでいます。

その勢いは止まらず、最終防衛戦を突破

什虎城までの退却を、軍師・寿胡王に進言する什虎兵。


しかしその頃、什虎城には魏軍の井闌車せいらんしゃが。

合従軍の際にも使われた井闌車ですね。

什虎城を包囲し、一気に落とせるのか……。



前の記事:656話「興味がある」
次の記事:657話「」

キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました