「かぐや様は告らせたい」194話☆子安つばめと石上優 後編 ネタバレ・あらすじ・感想


「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「194話☆子安つばめと石上優 後編」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。


スポンサーリンク

194話☆子安つばめと石上優 後編


親愛と恋愛感情は別。

「ごめんなさい」

つばめ先輩の言葉に、あがく石上の気持ちは届くのか…?

もう一度言います!先輩が好きです!僕と付き合ってください!

ぐらついて、絆されてほしいと思いましたが………つばめ先輩、思いのほか決意が固いです。

石上のことは大好きだけど、恋愛の相手とは見れない

自分が振って傷つく姿なんて、見たくない。

いっそ付き合っちゃえば楽かもしれないけど、それもただの先延ばし。

告白を断って「友達のままで居よう」って言うと、皆「分かった」と笑顔で言う。

けれども暫くすると、自分と距離を取るようになる。

それが何より悲しい……。


つばめ先輩、白銀父のYouTubeを見た後に電話した大友京子に、会っていました。

石上が嫌われていた時、裏で何があったのか。

それを知ってから、どうしようか決めようと。

旦那
旦那

「君はその子と、どういう関係になりたいんだ」って言ってた白銀父。

その答えを探しに、大友京子に会っていたんですね…。



結果、「大喧嘩になった」と。

自分の知っている石上と全く違う話を聞き、「すっごく悲しくて、嫌だった」。

だから……自分の知ってる「石上優」で、皆の記憶を「塗り替えたかった」

こんなバカな事しちゃうくらい、君だ大切だよって、私の気持ちそのもの。届いてほしい…

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社



優くん、私と友達のままで居て。そして、私と絶対距離取ったりしないで

これがつばめ先輩の答え。

「ずるいっすよ、先輩…」

「うん、分かっててやってる」

「一度に多くを求めすぎですよ」

「ごめん、実は私、結構強欲なの」

「信じますよ、先輩。ちゃんと男女の友情はあるって、証明してくださいね」

「任せて」


旦那
旦那

今度こそ、本当に終わりですね……。

よく頑張った、よく足掻いた、石上。



「先輩、ご卒業おめでとうございます」

頭を下げ、花束を渡す石上。

「うん、ありがとう。またすぐに会おうね!絶対だから!!」

小走りに去る、つばめ先輩……。


石上は泣きませんでした。

つばめ先輩の前では。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


今まで失恋して泣いたやつをバカにしてきた石上。

「マジできついじゃん……」


旦那
旦那

いやぁ……終わってしまいましたねぇ……。

でも、つばめ先輩を好きになって、石上は大きく成長しました。

何ひとつ無駄なことなんてなかった。

それに、人の気持ちなんて、いつ変わるか分からない。

「距離を取らない」でいるうちに、つばめ先輩の気持ちが変わることだってゼロじゃない。

(漫画的な展開からすると、微妙ですが…)

人を好きになるって素晴らしい!



前の記事:第193話☆子安つばめと石上優
次の記事:第195話☆

かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました