【忙しい人のための】かぐや様は告らせたい第18巻【あらすじ紹介】

【本記事は「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第18巻のあらすじを紹介するもので、ネタバレを含みます】

表紙はかぐやと石上会計。

この二人のやり取りも、かなり好きです。

最初こそ、石上がかぐやを一方的に怖がるだけでしたが…「放っておけないかわいい後輩」「(怖いけど)頼りになる優しい先輩」という関係が出来つつありますね。

スポンサーリンク

第172話☆かぐや様は信じたい


「先輩が…白銀会長の彼女って、ホントですか?」

突然かぐやに質問してきたのは、石上会計・伊井野ミコ会計監査と同じクラスの、小野寺麗さん。

体育祭の時には、石上にキツイ一言を浴びせ……、それでも最近は普通に接していて、ミコが腕を折った際は、心配して自宅に様子を見に来た子です。

小野寺さん曰く、会長とかぐやが付き合っていると「聞いちゃった」と。

かぐやは昔から、「ゴシップ心が煽られるような秘密話」を、漏らさなければ「友達」と認めていました。

これが想像以上に厳しいもので、「友達」と認められたのは藤原書記のみ…。

旦那
旦那

第164話で「最近私に対する態度が酷い」と主張し、誰からも擁護されなかった藤原ですが…本当は良い子なんですよね、ちょっとアレなだけで。


かぐやが会長との関係を明かしたのは、早坂・四条眞妃・柏木さんの三人。

小野寺さんがそれを知ったということは、この「三人の誰か」から話が漏れた…だとすると、かぐやはこの三人のうちの誰かを「友人と思えなくなる」……。

「小野寺さん。その話を、どなたから聞いたのですか?」

「えっ、四宮先輩本人からです」

前日(第170話)、会長と夜遅くまで(むしろ明け方まで)電話していたかぐやは、昼休みに中庭で寝ており、その際

「えへへ~、わたし会長の彼女……💛」

と、寝言で言っていたと……それを聞き、涙を流すかぐや。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


自分の信じた人たちが、自分の秘密をばらしたのではない事が嬉しくて……。

が、寝言とはいえ、「会長と付き合っていること」を知った人がいることには変わりありません。

何とか誤魔化そうとするところに、伊井野ミコが入ってきます…小野寺さんの機転で、「四宮先輩は伊井野の腕が心配で、友達の私にクラスでの様子を聞いてくれてたんだよ」と。

旦那
旦那

小野寺さん良い子……。


ミコが来たことで有耶無耶になった「会長とかぐやの交際」について、

石上とミコのことも、ろくでもない噂を広めるのに荷担し、ひどく言っていたことを反省している、という小野寺さん。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


「あーゆーの、もう勘弁って言うか。だから安心してください。誰にも言わないッス。伊井野と石上を、今後ともよろしくお願いします。

旦那
旦那

小野寺さん……本当いい子!

おじさんこういう子に弱いわ~。

元々は「ろくでもない噂」信じていたけど、それを「反省」する素直さ…派手めな見た目ともギャップあって、いいです!


「かぐや様は告らせたい」をひかりTVブックで試し読み!

第173話☆藤原千花は結びたい


校長から頼まれ「生徒会の皆に」と、サクランボゼリーを持ってきた柏木さん。

皆でゼリーを食べていると、藤原書記が

「皆さん、サクランボの茎を口の中で結べますか?」

旦那
旦那

ありますね、結べると舌先が器用で、キスが上手いとか。


「サクランボの茎とキスの上手さに、相関性なんかないだろ」

とバカにする白銀会長ですが、柏木さんが速攻結べたことで

『いや、あるっぽい……!?』

かぐやに至っては、「はしたない女と思われたら恥ずかしい」との理由で、一瞬で「結んで解く」をやってのけるテクニシャンぶり…。

全然できそうにない伊井野ミコ会計監査は、

「柏木さん、私に上手なキスの仕方を教えてください」

と間違った聞き方をすれば、柏木さんは柏木さんで

「この子だったら全然アリ」

みたいな目でミコを見る…。

「大事なのは相手の気持ちを汲むこと。サクランボの茎が結べたからと、何がどうなるわけでもない」

と皆を諭した会長ですが…家に帰り、夕飯を作り、洗濯を畳み、風呂に入っている途中で…

「出来た--!!」

5時間39秒…何だかんだ「ずっとチャレンジし続けて」いた会長でした…。

「かぐや様は告らせたい」をAmazonで購入!

第174話☆伊井野ミコは愛せない③


相も変わらず不仲な、石上会計と伊井野ミコ会計監査…見かねた藤原書記が、

「あのさぁ石上くん…ミコちゃんは適当に褒めておけばすぐ上機嫌になる、世界一扱いやすい子なのに、なんで上手にできないの?」

「ある程度の好感度がないと、成り立たない話」

と反論する石上ですが……翌日、二年生は修学旅行のミーティングで、石上とミコが生徒会室に二人きり。

たまたま石上がミコの字を褒めたところ、上機嫌に。

人間は、人に良くしてもらえば、そのお返しをしようとする心理が働く性質(返報性の原理)が備わっていますが、ミコはその気質の強い子

今度はミコの髪を褒めたところ、生徒会室で「ゲームをやって良い」との許可まで…。

リング●ィットをやろうとする石上に、

「Vチューバーの実況動画を観たことがある」

というミコ。

今までミコの「気を張ってるところ」「怒っているところ」にしか目が行っていなかった石上、実は似通った趣味を持ち、ミコの素が「可愛らしく笑う子」だと気づきます。

「お前、皆の前でもそういう風に笑ってれば良いのに。それ、悪くないぞ」

「はっ?何言ってるの?意味わかんない。きもい。」

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


とトイレに立つミコですが…メチャ動揺してます。

そこに遅れてきた藤原、

ミコちゃんは適当に褒めておけば機嫌直るチョロい子なんだから、可愛いとか言っておけば仲良くなれるって言ってるのに」

「藤原先輩……私のこと、そういう風に思ってたんですね……」

旦那
旦那

藤原…良い子のはずなんだけどなぁ……。


「かぐや様は告らせたい」をBOOK☆WALKERで無料試し読み!

第175話☆かぐや様は構われたい


その日、かぐやは白銀会長と「イチャつきたいモード」でした。

が、そういう時に限って会長は忙しく…自身にしかできない案件を抱え、誰も手伝いが出来ません。

藤原書記、石上会計、伊井野ミコ会計監査が先に帰り、かぐやと会長は二人きり…。

でも、忙しい会長に相手にしてもらえず。

膝の上に座ったり、後ろから抱きついたり、ほっぺにチューしたり、かまってちゃんアピールを繰り返すも、仕事に集中した会長に相手にされず……。

やっと会長が仕事を終わらせた頃には、かぐやは完全に「ふて腐れ」モード。

「もういいです」って態度を取りますが…それで済まないのは会長の方。

「俺がどれだけ我慢したと思ってる。正直もう限界だ……お望み通り、びっくりする程構ってやる。覚悟はできてるんだろうな?」

怖い目をした会長が、かぐやの反論を「口で」物理的に封じます……。

「かぐや様は告らせたい」をコミックシーモアで無料試し読み!

第176話☆石上優は見せつけたい


秀知院の体育は、科目の終盤にクラス合同でのトーナメント戦「クラスマッチ」が行われます。

自由登校期間に入っている、三年生の子安つばめ先輩が学校に来るのは、こういうイベントがある時くらい…石上はつばめ先輩に良いところを見せたいため、放課後の体育館でバレーボールの練習に励みます。

そこに遭遇したのは藤原書記。

放課後…体育館…バレーボール…なにやらデジャヴです。第23話で、初めて白銀会長に対して「特訓」したやつです。

藤原書記の後には、「元祖ポンコツ」の白銀会長も現れ、石上に特訓をつけたがりますが…会長ほどの「ポンコツ」ではない石上。

邪魔になる」ので、会長・藤原とも、外に出されます。

そこに現れたのはかぐや。

実は、石上は元々かぐやに特訓を付けてもらう予定だったのです。

日も沈んでから男子と会う、はしたない女」と思われたくない乙女なかぐやは、藤原と会長が現れたために、隠れていたのです。

「私はスパルタしかやり方を知りませんが、もちろん耐えられますね?」

特訓の甲斐あって、大活躍の石上。

「つばめ先輩。この試合勝ったら、僕とデートしてください」

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


うん、いいよ

見事優勝を掴んだ、石上チーム…。

「かぐや様は告らせたい」をhontoで無料で試し読み!

第177話☆四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編④


クラスマッチで、宣言通り試合に勝った石上会計は、子安つばめ先輩とデートすることに…。

しかし、「デートって一体どこへ行けばいい」のか分からない石上、かぐやに相談します。

「一応考えてはある」という石上の意見を聞いてみると、プロのコーディネーターが服を選び、メイクをしてくれる「ファッションレンタル」でキメキメになったところからデートを始める、というもの。

「案の定、気色の悪いのが出てきたわね」

速攻ダメ出しです。

普段のファッションセンスを否定されている気がするし、半端に女性目線を気取ってるのが一番気色悪い。飛び道具で勝負しようとする、その人間性に不安を覚えるわ」

ボロカスです。

次の案は

行く先々に花が一輪置いてあり、それを回収しながら色んな所を廻り、最後にそれを花束にして、しかも花の頭文字が…」

最後まで聞きたくなくなる、気色悪さ。

風変わりな人が奇抜なことをやったら、常軌を逸するの。貴方の場合普通なことをするつもり位が、いい具合に奇抜だと思うわよ」

サンドバッグです、石上。

最終的に「無難にディズニー」という結論に落ち着きましたが……自宅に帰ったかぐやは、早坂から「愚の骨頂」とダメ出し。

ディズニーにうるさい早坂、

「ディズニーは恋人の仲を深める場所じゃなくて、ディズニーを楽しむ場所なんです」

と力説。そのうえで「横浜デート」を提案してきます。

「完璧なデートプラン」を提示する早坂に、素朴な質問をするかぐや。

「このプラン、使ったことあるの?」

「私の脳内シミュレーションでは完璧なんです」

「えっ……つまり妄想ってこと?いつもこういう事考えてるの?趣味でやってるの?悩みがあるならちゃんと聞くから、話してちょうだい……」

鋭利な刃で早坂を切り刻むかぐや…。

結果このプラン、石上に「色々妄想はするけど、実際にデートしたことはない人っぽい」と追い打ちをかけられますが…。

それを生徒会室前で聞いていた早坂、

『もっと私を大事にしないと…そのうち天罰が下りますよ…。でもきっと、天罰が下ってもきっと乗り越えられるのでしょうね…。

もう、かぐや様は独りじゃない。私がいなくなっても、きっともう大丈夫』

早坂のスマホ画面には、「ママ」からのメール…。

かぐや様の付き人解任についてのお話があります。修学旅行は京都と聞きました。一度本邸に足を運ぶように」

旦那
旦那

「かぐやの付き人解任」とは、穏やかじゃないですね……。


「かぐや様は告らせたい」をebookjapan(Yahoo!Japan)で無料で試し読み!

第178話☆先輩くんと後輩ちゃん②


子安つばめ先輩と、例の「デート」の話をする石上会計。

早坂作「横浜デートプラン」を出そうとした石上でしたが、「スカイツリー行ったことない!」というつばめ先輩の一言で、行先はスカイツリーに…。

待ち合わせ場所、時間を決める二人の傍を、通り過ぎる伊井野ミコ会計監査と大仏こばち……。

旦那
旦那

この頃石上とミコは、以前よりだいぶいい雰囲気になってましたから…。

ミコ的に思う所はないのでしょうか…?


デートの日取りは、二年生の「修学旅行最終日」。

藤原が面白半分につけてくるのを警戒しての、日取りです。

それを聞いた白銀会長には、思う所が……。

つばめ先輩の近くを通りがかると、「つばめ先輩、石上と何話してたんですか?気を付けてください。あいつろくな奴じゃないですから。」

中学時代の件、小野寺さんのように実際に石上を知って、「そういう奴じゃない」と思うものもいれば、「ろくでもない噂」に振り回され続ける者もいます。

その「噂」が「真実でない」ことを生徒会が突き止めた時、一番憤っていたのが藤原書記でした。

藤原の、石上からの信頼の無さと、「ろくでもない噂」の真実

特に後者は、つばめ先輩との恋愛における「足枷」になりかねず…。

未だ生徒会室の棚に保管されている「調査ファイル」は、藤原なりの抵抗。

皆がそこになるのを「黙認」している、真実が書かれたそのファイルを、公にすることが「会長としての務め」だとしたら…。

たとえそれが、石上の意思に反していても……。

そんな事を考えながら入った生徒会室には、ミコが一人、膝を抱えて泣いていました…。

棚には例の「調査ファイル」が無い、ミコがそれを読んだとしたら……。

が、実際のところは「心臓の鼓動」を聴いて癒されていただけ…

「母親の胎内を疑似体験出来て、すっごく落ち着く」

んだそう…「イケメンに励まされるCD」と、どっちが怖いかなぁ…。

旦那
旦那

心臓の鼓動、「落ち込んだときにすっごく効く」、とか言ってますから……つばめ先輩と石上のデート、ミコ的にはやっぱり落ち込む要因になってるんじゃ…?


「かぐや様は告らせたい」(TVアニメ)を「U-NEXT」で観る!

第179話☆早坂愛のモーニングルーティン


七歳でかぐやのお付きになった早坂の一日は、5時起床から始まります。

使用人のルールは厳しく、清掃を怠れば誰かの首が飛び、ディッシュやシルバーに曇りひとつあれば、誰かの首が飛ぶ。

執事等の上級使用人がいない四宮別邸では、最も古株の早坂が使用人たちの取りまとめを行います。

昼食・夕食の打合せ、庭師への指示、郵便物の確認、どこぞの会社からのご機嫌伺の手紙…返信内容を考えるのも、早坂の業務。

学校が終わった後は、送迎車に同乗し、かぐやと打合せ。

かぐやの習い事スケジュールの確認、来客の対応…。

この時点で、時刻は21時。

17歳の少女が行う労働ではありませんが、遵法意識の無い四宮家では、これが当たり前

その後、主人であるかぐやに呼び立てられ、どうでもよい話に付き合わされる。

自室に戻った23時過ぎ、早坂には最後の仕事が…。

本家の人間に、四宮かぐやの言動を事細かく、報告すること

深夜1時過ぎ、ようやく眠りにつく……そして翌朝、5時起床。

これが早坂愛のルーティン。

かぐやのお付きになってからの十数年間、毎日「罪悪感に押しつぶされそう」だった早坂。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


そして修学旅行の朝。

「かぐや様。大事なお話があります。今回の修学旅行を以て、私はこの仕事を辞めます。」

旦那
旦那

まさかの……ですね。かぐやが嫌いな「秘密を守らない」早坂…またそれを、本家に報告しており(そのことをかぐやには伝えていませんが)、お付きを辞めると……。

姉・早坂、妹・かぐや、という関係性が、かぐやと会長が付き合い始めたことにより、かぐやの知識と経験がグッと上がり、逆転したところがまた面白かったのですが…。

先の展開が気になります。


「かぐや様は告らせたい」をRenta!で無料試し読み!

第180話☆白銀御行は廻りたい


遂に始まった秀知院学園の修学旅行。

白銀会長は、もちろんかぐやと廻りたいのですが……かぐやは「早坂がお付きを辞める」という状況に、それどころではなく、またかぐやのグループは、かぐやと早坂、早坂(学校での姿、ギャル)の友達二人で、輪に入っていけません。

会長のグループは、会長と翼くん、会長と合コンに行った風祭と豊崎の四人。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


男同士で何だかんだ楽しんだ会長グループですが……気が付けば翼くんがいません……。

ちゃっかり柏木さんと合流し、いつものようにイチャついていた模様……。

夜は夜で、早坂を引き留めにかかるかぐや。

「別に辞めるのは貴方の自由だし……私はむしろ貴女の選択を応援したいと思っているの。

でもどこかすれ違いというか、認識の違いがある気がして……

それを修正すれば、私たち上手くやれるんじゃないかと思ってるだけ

私だって、無理に引き止めるつもりはない

でも、それを試してからでも遅くはないと思うんだけど、どう思う?」

「……いえ、でももう決めたことなので」

旦那
旦那

何やら別れ話が拗れ始めた、男女のような様相です。


「かぐや様は告らせたい」を楽天koboで購入!

第181話☆白銀御行は独占したい


修学旅行も夜を迎え、「お風呂」の時間に……しかし、さすがに名門「秀知院」の学生、犯罪(覗き)には手を染めません。

その代わり、「風呂上がり、濡れ髪の女子」を見るため、会長グループは女湯の出入り口付近に待機。

「濡れ髪はプールの後でも、雨に濡れた子でも同じ」と理解を示せない翼くんに、白銀会長は力説します。

「湯上りで髪が濡れた状態というのは、人生の中でも遭遇率が相当低い。彼氏の特権だ!」

少し濡れ髪の良さを理解した翼くん、

「ドライヤーかける前ってイチャつきづらいし、何かお預け食らってるみたいな気分になるよね」

童貞が「焼き肉のタレ」の話をしている最中に、経験者が「霜降りステーキ」をぶっ込んでくるような所業に、不評を買います。

かぐやが「濡れ髪」で出てくると…その姿を他の男子に見られたくない会長、「脱衣所で乾かしてこい」と叱ります。

自分の独占欲の強さに、少し驚く会長。

その後、エレベーターで「早坂愛」に遭遇した会長は、「早坂愛=スミシー・A・ハーサカ」であることに気付きます。

その頃、初登場の四宮家三男・雲鷹は「逃げ切れると思うなよ、早坂愛」という、気になる言葉を……。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


「かぐや様は告らせたい」をBookLiveで無料試し読み!

前の記事:あらすじ紹介 第17巻
次の記事:あらすじ紹介 第19巻

かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました