「ひぐらしのなく頃に 解」 皆殺し編 其の七「雛見沢症候群」あらすじ


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 解 ~皆殺し編~ 其の七「雛見沢症候群」

綿流しのお祭り翌日、「いつも通り」雛見沢分校を訪れる大石さん。

「その世界」によって、話を聞く相手が圭一だったり、レナだったり、梨花ちゃんだったりしますが…。

今回は梨花ちゃん。

あらかじめ聞いてますからね、2人を殺害をほのめかす話を聞いたと。

「これで5年連続…しかし、今年の事件はいささか妙なんですよ。

岐阜で遺体が発見された、鷹野三四さんの死亡時刻が合わないんです。

死んだのは祭りの前の晩なんです。

でも、お祭りの晩にみんなが鷹野さんを目撃している。

歯型の鑑定には、鷹野さんが通っていた歯科医の資料を使ったんですがね、仮にそれが偽物だったら……鷹野さん、まだどっかで生きてるんじゃないかな~?

雛見沢連続怪死事件。

これがオヤシロ様の祟りに見せかけた、巧妙な計画殺人だとしたら……。

まぁ、仮説にすぎませんがね…。」

すごいですね、大石さん。

真実に辿り着いてしまいました。

鷹野さんは「検死結果の方が間違ってると思ってくれるわ」と言っていましたし、実際「罪滅し編」の大石さんは、「あちらの鑑識のポカ」と言ってましたが…

この世界の大石さん、優しく有能です。

ただ、「真実に辿り着いた脇役」って、たいてい殺されますよね…。

フラグ?

入江診療所。入江先生と梨花ちゃん、小此木が集まっています。

「ありえない」

鷹野さん犯人説を信じられない入江先生。

「大石も確信があるわけではなさそうです。

小此木、何か知らないですか?」

「今は上が調べているところですんね、曖昧なことは言えませんね」

「私も東京から疑われているようです…富竹さんと鷹野さんを殺して、私に何の得があるのか!」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

「これまでとは違う…鷹野が犯人かも知れないなんて、考えたことなかったわ」

「でも、真相と突き止めるには時間が足りないのです……」

梨花ちゃんは「熱っぽい」ので学校をお休みします。

沙都子はひどく心配しています。

梨花ちゃんの予想では、自分が襲われるとしたら今日か明日。

「沙都子を巻き込むわけにはいかない」

沙都子を巻き込みたくないがための、仮病でした。

自宅にいる梨花ちゃんに、小此木から電話がかかってきます。

昨日の事件は入江先生が犯人の可能性が高い、と。

資金を横領しようとしていたのを富竹さんと鷹野さんに気付かれ、2人を殺した。

関係者である梨花ちゃんにも、危害が加わる可能性があるから、家を出ないよう言われます。

この時点で、誰を信じていいか分からない梨花ちゃんは、大石さんにも援護を求めます。

「ボクを殺すという匿名の電話があったのです」

警官を行かせ、自身も岐阜(鷹野さんの遺体が見つかった件で、岐阜に行くようです)から戻ったら、すぐに駆け付けると約束してくれた大石さん。

この世界の大石さんは、本当に頼りになります。

フラグ立ったので、死ななければいいですが…。

しかし、それでも不安な梨花ちゃん。

「本当に信じられる味方がほしい…」

と、部活メンバーが現れます。

大石さんとの電話も聞かれていたようです。

「殺されるって…どういうことですの?」

「梨花ちゃん、あんた何したのさ?」

「お見舞いに来て、正解でしたね」

「圭一は、運命は打ち破れると、今でも信じてますですか?」

「もちろんだ!」

「では、今までみんなに話さなかったことを話します。

雛見沢症候群のこと、ボクが命を狙われていること…」

皆を巻き込まないように話していなかった真実を、「打ち明けることで運命を打ち破る」ために話します。

この世界でも、そしてこれまでの世界でも話してこなかったことを。

「雛見沢には、特殊な風土病があるのです。

『雛見沢症候群』と言う名前の。

村の人は、誰もその病気のことを知らないのです。

その病気の存在が分かったのは戦時中、村から出兵した人が、次々異常な行動をとるようになったのです。

この病気を発症すると、疑心暗鬼に囚われ、周りがみんな敵や悪人に見えてしまうのです。

幻覚や幻聴に襲われ、ひどく暴力的なふるまいを取って、最後にはリンパ腺の周りを掻きむしって、死んでしまうのです。

 

その病気に気付いた医師の研究が、今も引き継がれています。

研究によれば、雛見沢に住む者は全員、この風土病に罹っているそうなのです。

雛見沢に住んでいれば症状は起きず、普通に生活することができます。

病気を発症する条件は、雛見沢から離れること、心に強いストレスをかかえ、妄想や疑心暗鬼に囚われやすくなっていることなのです。

場合によってはごく稀に、症状が落ち着くこともあるらしいのです。

普通は発症したら、雛見沢に戻っても症状は落ち着きませんです。

完全に治療する方法は、まだ見つかっていないのです…。

 

雛見沢に住む人はずっと昔から、この症状に気付いていました。

でも、当時の人は病気でなく祟りだと信じていました。

鬼ヶ淵沼から鬼が出て人を襲う伝説があります。

あれは、病気を発症したものが大勢出て、村人同士で殺し合った事件のこととも考えられるのです。

オヤシロ様を怒らせると祟りがある、しきたりを破った者に恐ろしい拷問がなされるといったことも、病気を防ぐための知恵だったのかもしれません。

皆がオヤシロ様を恐れる。

争いやもめごとが起きずに済む。

疑い合ったり、ストレスを感じずに済ませてきたのです。」

「しかし、そんな恐ろしい病気が発表されないなんて…」

「治療法が解明されていないから、知らせても無駄に不安を煽るだけなのです。

そしてこの病気を、細菌兵器として利用しようとする人たちがいるのです。

入江診療所は、実の名を『入江機関』。

雛見沢症候群を研究し、細菌兵器を作るための機関なのです。」

入江機関は、所長が入江先生で、鷹野さんが副所長。

しかし、実質的な主導権は鷹野さんが握っていました。

入江先生は、いわば「雇われ所長」。

そんな状態なので、鷹野さんが入江先生や富竹さんに知られず、「終末作戦」を実行できたんでしょうね。

「入江診療所は細菌兵器の研究所です。

入江とそのスタッフは、極秘に派遣されたのです。」

「派遣って…どこから?」

「『東京』からです。

『東京』と呼ばれる、秘密の組織があるのです。

入江機関のスポンサーであり、戦中派の政治家や経済人、軍人や官僚たちのグループです。

彼らのことはボクも知らないのですが、その周りには政財界の勢力争いや利権が、複雑に絡み合っているようなのです。

そして、細菌兵器を手に入れたがっていました…。

所長の入江は、治療法の研究に熱心な人なのです。

レベル5、つまりかなり重い症状でも、注射でそれを抑えられるようになったのです。

『東京』の彼らは、すごく大きな権力を持っています。

入江機関も、彼らが政府やお役所に働きかけて作った組織らしいのです。

でも、知っている人はほとんどいない。

秘密を守るために『山狗』と呼ばれる特殊部隊が、入江機関を見張っていますのです…。」

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

あまりに現実離れし過ぎた話に、信じてもらうのは難しいと感じた梨花ちゃん。

「信じられないのは当然なのですよ…」

「おれは信じる!

途方もない話だが、梨花ちゃんがそういうなら、おれは信じる!」

「私…その頃のことはよく覚えてないんだけど、雛見沢を離れていた時に、おかしくなったことがあったんだ…」

「監督が、病気を鎮める注射を……もしかしたら私の注射は…」

レナの話は、茨城に住んでいた頃の話ですね。

「鬼隠し編」でも少し触れられましたが、学校中のガラスを割って、謹慎になったという。

沙都子が「栄養剤の研究」と称して打っていた注射は、もちろん「雛見沢症候群」治療用のクスリ。

久しぶりに沙都子が登校した際、校長先生が来たのを「叔父が来た」と錯乱状態になったのは、雛見沢症候群を発症していたから。

レナは雛見沢から離れ、なおかつ両親の離婚と言うストレスを抱えていた。

沙都子は叔父・鉄平からの虐待による多大なストレスを抱えていた。

2人とも、雛見沢症候群を発症する条件を満たしていたんですね。

「さっき、病気が発症する条件は雛見沢を離れることだ、と言いました。

でも、正確には違うのです。

『女王感染者』から離れると、発症するのです。

『女王感染者』は、どの時代にも最低一人はいて、古手神社の女系なのです。

雛見沢の人達は、それを本能的に感じて、古手家の女性に優しくしてくれるのです。」

「雛見沢の人達は、皆その病気に感染してるんだよね?」

「じゃあ、梨花ちゃんが死んだら…」

「雛見沢の住民は、一人残らず病気を発症します。

鬼が淵から鬼が現れた伝説のように、恐ろしい殺し合いが起きるのです。

何のためにそんなことをするのか、分かりません。

でも、それで得をする者がいるなら、ボクが狙われてもおかしくないのです。」

「ひぐらしのなく頃に 解」が見放題!

「hulu」は「ひぐらしのなく頃に 解」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。

2020/02/01時点では、

ドラマ:シロでもクロでもない世界でパンダは笑う、知らなくていいコト、トップナイフ

アニメ:ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)、鬼滅の刃、ブラッククローバー

海外ドラマ:ウォーキングデッド、ゲームオブスローンズ、クリミナルマインド、スーパーナチュラル

バラエティ:ガキ使、ウチのガヤ、月曜から夜ふかし、マツコ会議、今夜くらべてみました

等が人気ですね。

月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。

ぜひ、お試しください!

場面は変わり、入江診療所。

診察室に入江先生と小此木。

その小此木のもとに、山狗の部下が入ってきて、何かを伝えます。

「何か、あったんですか?」

「鷹野さんから連絡がありました。作戦は予定通り、今夜決行すると。」

「何を……仰ってるんですか……?」

おそらく、入江先生はこの後、山狗に殺されるんでしょうね。

「服毒自殺」に見せかけて。

作戦の決行=梨花ちゃん殺害

その前に入江先生は殺されますから…。

「おじさんの勘じゃ、鷹野さんが犯人だね!」

「見つかった死体の死亡時間が合わないってのも、怪しすぎるよな」

「小此木の電話も信用できませんわ」

「監督が黒幕と言うのは、考えにくいです。

ああいう人は、どちらかと言えば利用される側のタイプです。」

「ひどいよ~詩ぃちゃん」

笑い合う皆。

一人だけポカーンとした表情の梨花ちゃん。

「どうした?梨花ちゃん」

「正直びっくりなのです……こんなにすぐ信じてもらえるなんて……」

「何言ってるんだよ!

仲間の話を信用できなくなったら、おしまいだろ!」

「梨花はまだ、話していないことがあるのです」

羽入です。

「他の世界で病気になった、圭一やレナや詩音のこと」

「そのあと羽入が、何もできなかった申し訳なさから、後ろにずっとくっついて歩いて、ごめんなさいごめんなさいと、謝っていたこともね」

惨劇を起こした人が、共通して体験した「足音が余計に聞こえる」現象。

実は、その犯人は羽入でした。

そのきっかけが「雛見沢症候群の発症」だとすると、レナがその現象を「オヤシロ様の祟りの前兆」と言っていたのも、あながち間違いではありませんね。

大石さんから電話があり、岐阜から雛見沢に向かっていると。

「大石と警察は信用していいんでしょ?」

「ボクにはケーサツより何より、皆がいてくれる方が心強いのですよ!」

大石さんと熊ちゃんが雛見沢に向かう途中、電話設備のフェンスの鎖を切る、怪しい人物。

「厄醒し編」では、熊ちゃんだけで遭遇した場面です。

「あの車…何やってる?熊ちゃん、車両ナンバーの照会!」

『…電話設備工作中にトラブル、私服警官2名による職質と思われます。発砲許可を』(無線音)

「こんばんわ~。警察ですが、ちょ~っとお話よろしいですか?」

「作業中ですんで、立ち入らないでくださいね」

「おたくら、どこの会社?」

「小此木電話設備工事です。興宮の。」

「聞いたことありませんね~。身分証明できるもの、持ってます?」

『発砲を許可する』

「ひぐらしのなく頃に 解」 ©2007竜騎士07/雛見沢御三家

大石さん、熊ちゃんが相次いで狙撃されます……。

前の記事:皆殺し編 其の六「強い意志」
次の記事:皆殺し編 其の八「終末」


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました