*ネタバレ注意*「死役所」あらすじ・感想 第98条 「それぞれの罪①」




※ 本記事に於いて著作権を侵害する意図はございませんが、権利者様より著作権侵害のご指摘を頂戴した場合には、直ちに記事の修正・削除を行います。
お手数ですがお問合せフォームより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。


【この記事では死役所 第98条 「それぞれの罪①」のあらすじをご紹介します】






スポンサーリンク

第98条 それぞれの罪①


松シゲさんとのやり取りも終わり、シ村さんの娘・美幸を〇害した犯人捜しは、関係者を見つけるところから始まりそうですね……。


冤罪


松シゲさんとのやり取りを偶然聞いてしまったハヤシくん。

ハヤシくんはシ村さんが冤罪なのに、死役所で働いていることを知らなかったんですね。

イシ間さん情報で、大方の職員は知っているものかと思っていましたが…。

ちなみにニシ川さんはその一人。


過去に、「シ村さんが話したいことは全部自分が受け止める」宣言をしていたハヤシくん。

シ村さんが冤罪で〇刑になったことを知り、動揺しますが……。

その理由も分らず想像もつかず。


他人に興味を持たないタイプのハヤシくん。

とりあえず死役所に来たばかりのお客さんの過去を探ることで、「他人の過去」に興味を持ち始めることに。


過去


ハヤシくんが見つけたのは「安村育雄やすむらいくお」さん。

48歳の警察官で医療ミスで亡くなり、「人為災害死課」を訪れていました。

安村さんの人生史を見ていくと、担当した事件の犯人の名前が次々と。


その全てを覚えていた安村さんですが、彼らが今何をしているか?という質問には答えられず。

そこまでは把握できないですよねぇ…。


安村さんが担当した犯人の「その後」を探ることにしたハヤシくん。

生活事故死課、交通事故死課、自殺課、他殺課、病死課、肺炎死課…。

色々な課を巡るハヤシくん。


感想


98条はこんなあらすじです。

シ村さんが何故、冤罪なのに死役所に勤務しているのか。

冤罪なら死役所勤務の必要はなく、成仏できるのに。


他人に興味を持ってこなかったハヤシくんは、シ村さんの真意が分かりません。

なのでまずは「他人の過去」に興味を持つべく動きます。

ハヤシくんのこういう真っ直ぐな所、好きですね。


生い立ちもその後の人生も、かなり複雑なハヤシくん。

自分が犯した罪については、非を認めないハヤシくんですが…。

基本的には真っ直ぐな正義漢。

シ村さんの支えとなるべく、頑張ってほしいです。


あとはちょっと気になる安村さん。

人当たりが良く、警察官って感じがあまりしません。

過去に担当した犯人のことは全部覚えていても、彼らの「その後」には興味がない様子。

安村さんにも何か秘めた事情があるんでしょうか…?





前の記事:第97条 松重謙三②
次の記事:第99条 それぞれの罪②


死役所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました