「かぐや様は告らせたい」237話☆石上優は言い出せない ネタバレ・あらすじ・感想




「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「237話☆石上優は言い出せない」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。








「部屋行こ…」

甘い雰囲気のまま、石上はミコと結ばれるのか……!?

と思いきや、話は「今後の生徒会について」


硬い話をしながらも、ミコの手はずっと石上の手と繋ぎっぱなし…。

石上の頭に真面目な話が入ってくるはずもなく、ミコの手の温もりと、ミコの頭を撫でた際の髪のサラサラ感を堪能する石上。


来年の生徒会は自分一人かもしれない。

寂しがるミコに、

「伊井野は寂しがり屋だな」

「ばれた?そうだよ、私寂しがり屋だし。甘えん坊なんだよ…もっと、甘やかしてほしい……」

石上の胸に頬を赤らめ顔をうずめ、上目遣い……。


そんなミコを抱きしめる石上。

お互いの顔が近づき……

という所で石上のスマホが。

「誰だよ……後でかけ直し…」

画面に表示された名前を見て、表情を変える石上。

「おひさです、四宮先輩。どうかしましたか?」


電話の相手はかぐや。

会長に伝えて欲しいという用件は、

「秀知院を辞める」

というもの……。


スポンサーリンク

第237話☆石上優は言い出せない


「四宮……元気かな……。京都に行ってからもう半月以上…」

家のゴタゴタがあるからとはいえ、半月以上も学校を休ませる四宮家の教育方針に、納得がいかない様子の会長。

……あれ?かぐやは秀知院を辞めるのでは……?


「会長は四宮先輩のこと、本当に好きですよね」

「何を今更。当然だろ?彼女なんだから」

そこへ会長のスマホが。

「しの……なんだ、早坂か…」

生徒会室を出て、電話に出る会長。


生徒会室に残った石上とミコは……。

「どうする!?どうするの!?」

「どうしよかーーー!!」

やっぱ言えてませんでした。

「四宮先輩が学校辞めます」

なんて。


当然ながら会長には言いづらい…というか、言えないような重大案件。

かぐやからの電話の後、折り返しでメッセージを送るも、「既読」はつけど返信は無し…。


「会長と四宮先輩、このまま別れちゃうのかな…」

会長は次週に海外へ、かぐやは秀知院に戻ってこない。

そうなれば必然…というのがミコの考え。

でもそれで四宮家に何の得があるのか……?

金持ちの秀知院の中でも、比較的「一般家庭」に近い二人には、想像がつきません。


「こういうの詳しそうなのって……」


「そっか、そういう感じになってるんだね……」

「詳しそうな」というか、多分詳しいであろう柏木渚さん。

確か造船会社会長の娘で、祖父は経団連の理事だったかと。

秀知院の中で「ヤバいことを平気でするVIPの面々」にも名を連ねる渚さんなら、かぐやの置かれている状況も想像がつくでしょう。


「四宮家の人たちは、かぐやさんを他の人と結婚させようとしてるんだよ」

ずいぶんと前時代的な考え方ですが、旧家では「おじいちゃん世代」が未だに力を持っており、当時の常識を今の時代にも持ち込んでいる。

資本力のある家、力のある政治家、皇族。

そういう家と繋がるため、「家と家同士の繋がり」のために、女性は利用されてきた。


かくいう渚さん自身も…。

翼が病院の跡取り息子じゃなかったら、間違いなく付き合ってなかった

かぐやが四宮家の長女でなれば、近づきもしなかった。

打算的な考えではありますが、それが「旧家に生まれた女の生き方


会長とかぐやさんは上手く行って欲しかったけど…たぶんきっと……」

明言は避けますが、「上手く行かない」というのが渚さんの結論のようです。


生徒会室を出た渚さんを待っていたのは、四条帝。

「これで、思い通りになった?」

「……まぁ、今の所は」

意味深ですね。

四宮家を堕とすことが帝の「思い通り」なのか、かぐやを助けることが「思い通り」なのか…。

後者であってほしい。

渚さんも、帝の姉の眞妃さんも、かぐやと会長の「味方」であってほしい。


スマホの画面とにらめっこするかぐや。

開いていたのはLINEの、石上とのやり取り。

「きっと会長は力になってくれますよ」

「大事な話は直接のほうが良いと思います」

石上のメッセージが並びます。


「やっぱり、直接言わないと駄目なのね」

久しぶりに、会長に電話をかけるかぐや。

「会長……」

久しぶりのかぐやの声に、興奮する会長。

しかしその声に、当然元気はなく…。


「会長……大事な話があります」

意を決したかぐや。

「私、会長といる時間がとても幸せでした。それを私は、大切な思い出のままにしたい。会長……ここで、終わりにしませんか?

かぐやから切り出した「別れ」

嘘であってほしい。

四宮家を謀つための、偽りの「別れ」であってほしい。




前の記事:第236話☆そして、石上優は目を閉じた⑤
次の記事:第238話☆


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました