*ネタバレ注意*「死役所」19巻あらすじ紹介


※ 本記事に於いて著作権を侵害する意図はございませんが、権利者様より著作権侵害のご指摘を頂戴した場合には、直ちに記事の修正・削除を行います。
お手数ですがお問合せフォームより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。




「死役所」第19巻のあらすじをご紹介します。19巻に収録されている5話のご紹介です。






スポンサーリンク

第88条 社会貢献①


今回の主人公・青柳は、振り込め詐欺グループの一員。

しかし、憧れの先輩・多胡から

「年寄りどもが無駄に貯めてる”死に金”を”生き金”して、オレ達で経済を回そう!」

と言う言葉を純粋に信じ、真摯に(?)仕事に取り組みます。


借金まみれの家で育ち、ヤクザの取り立てに怯えて育った青柳は、極端にヤクザを嫌います。

そんな青柳を今の仕事に誘い、借金を返済させたのが多胡。

尊敬し、感謝しきれない先輩・多胡と共に、振り込め詐欺を続ける青柳…。



第89条 社会貢献②


振り込め詐欺で得た金で、母と弟妹を温泉旅行に連れて行き、「親孝行」する青柳。

犯罪で得た金にもかかわらず満足できるのは、尊敬する多胡の

「死に金を生き金に変えている」

と言う言葉。


そんな多胡と青柳の出会いは、高校時代。

部活を引退した多胡が、後輩のために中華まんを大量に買い込み、差し入れしているところに通りがかった青柳。

貧乏で常にお腹を減らし、部活とは無関係だった青柳にも、「オマエもどうだ?」と気さくに声を掛けて、ピザまんを3つもくれた多胡。

その時から多胡は、青柳にとって「憧れの先輩」でした。


多胡がグループの中で「番頭」と呼ばれる地位に昇進するにあたり、自分が務めていた「店長」の役職に就かないか、と青柳に打診する多胡。

突然の昇進話に戸惑う青柳。

立ち上げの資金について多胡に尋ねると、思いもよらぬ答えが……。





第90条 社会貢献③


「店長」になった際の立ち上げ資金について多胡に尋ねると、「ヤクザが出してくれる」と。

青柳少年と母親を追い詰めたヤクザは、青柳にとって最も忌むべき存在。

そのことは自分の面倒を見てくれた多胡には、何度も話してきたはず。


「ヤクザはな、変わってきたんだよ」

昔のように弱者から金を毟り取るようなことはせず、ケチな金持ちしか相手にしない。

青柳を苦しめたヤクザは、もう存在しないと。


青柳の翻意を期待した多胡でしたが、青柳の答えは

「店長の件、ナシにしてもらえませんか?」

何とか青柳を懐柔したい多胡は

「いいもん見せてやるから待ってろ」

青柳をドライブに連れ出した、多胡の狙いとは……。



第91条 うちの猫知りませんか


飼い猫「あんこ」を溺愛する菅沢峰子さん。

子供は自立し、旦那さんと2人きりの生活が窮屈になった峰子さんは、子供の助言で保護猫の里親になったのです。


しかし可愛がっている「あんこ」が行方不明。

ビラを作成、あちこちに貼り、懸命に探します。


そんな折、あんこに似た猫を見たという電話が。

急いで現地に向かう峰子さん。

旦那さんの口癖である「左右をよく見て」という言葉も聞かず……。




第92条 死後の世界へようこそ


死後の世界に興味を持っていた「森田むく」さん。

死に関する文献を読み漁るものの、それらはすべて「生者」が書いたもの。

満足のいく答えは見つかりません。


死後の世界への興味は抑えられず、とうとう自殺し、死役所へ。

「すみません。紙とペンを貸していただけませんか?」

ハシ本くんに紙とペンを借り、死役所のことを書き記していく森田さん。


念願の死後の世界に来た森田さんは、興奮を抑えきれません。

しかし、手続きしている最中のニシ川さんの一言が、彼の心に刺さります。

「好奇心が満たされた後の覚悟はできているの?」




死役所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました