*ネタバレ注意*「かぐや様は告らせたい」230話☆かぐや様は踊りたい あらすじ・感想


※ 本記事に於いて著作権を侵害する意図はございませんが、権利者様より著作権侵害のご指摘を頂戴した場合には、直ちに記事の修正・削除を行います。
お手数ですがお問合せフォームより、ご連絡いただけますようお願い申し上げます。




「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「230話☆かぐや様は踊りたい」の あらすじ・感想をご紹介します。






「あなた、ためされていた」

昨年のフランス校との交流会。

3日前に開催を知らされ、仲間と共に突貫で進めた準備。

交流会の最中には、ベツィーによる口撃。

それらはすべて、会長を「試していた」のだと。


フランス校生徒会長・傷舐めベツィーの言葉の真意を確かめるべく、校長に尋ねる会長。

いつもはおふざけの過ぎる校長が、珍しく真面目に答えます。

四宮かぐやを巡って大きな騒動が起こる。

その時にかぐやを守れるか。

会長にそれが出来るのかを試したのだと。


生徒会長として培ってきた信頼、尊敬、人間関係。

その全てを使ってかぐやを守ってほしい。

それが校長の願いでした……。


スポンサーリンク

第230話☆かぐや様は踊りたい


フランス校とのダンスパーティーが始まるも、傷舐めベツィーに手伝いを頼まれた会長は大忙し…。

落ち着くまでは指揮現場を離れられない会長。

やくなくかぐやは、先にホールで寛ぐことに。


すったもんだの末、一緒にダンスパーティーに参加することになった石上とミコ。

が、石上は制服、ミコはドレスとお互いの衣装がチグハグ。

いつも通りキャンキャン言い合う二人を、かぐやがたしなめます。


そういう話はあらかじめ合わせておく。

「連絡・相談は基本の基本!」

社会人1年目を叱る先輩社員のよう。

叱ったうえで、2人の衣装を用意していたというかぐや。

「色々厳しく言ってしまって御免なさい。でも、私たちが居なくなった後、この学園を守っていくのは貴方達なんだから。分かってくれるかしら…?」

少し寂し気なかぐやの表情が印象的です。


「一体一人で何してるの?」

会長が来ず、「壁の花」となったかぐやを、「誰が許しても私が許さない」という四条眞妃が声を掛けてきます。

「じゃあ踊る?」

眞妃さんと踊るかぐや。


四宮家令嬢と四条家令嬢が踊る。

学園と言う「聖域」の中だけで許される行為。

大勢の大人の前で仲良くしていたら「大問題」だと。


「これだけは覚えておいて」

真面目な表情でかぐやに語り掛ける眞妃さん。

この後、何が起こるかを知っているような。

「貴女が四条家に来るなら、貴女を全力で守る準備があるわ。四宮家に食い潰されない未来を用意できる」


本当こういうとこ男前。

かっこいい眞妃さん。

バッティングセンター行った回もカッコよかったですが、今回のが何倍もかっこいい。

それだけ、かぐやの身に危険が迫り、それを眞妃さんは知っているということ…。


「はい、行きます。……で済むような簡単な話じゃないんでしょう?」

当然ですね。

日本経済の心臓たる四宮家の令嬢が、敵対する四条家に行くなんて…大変なことです。

「……まぁ、それはね」

さすがにトーンダウンする眞妃さん。

「でも、ありがとう。貴女の姉妹になれるって言う空想は、そんなに悪いものじゃないわよ」


今のかぐやは何かを「覚悟」したかのように、強く、素直で、寂し気です。


「姫、一曲踊ってくれませんか?」

声を掛けてきたのは四条帝。眞妃さんの弟です。

どうやら過去に浅からぬ因縁がありそうな、かぐやと帝。

帝はかぐやと「約束」をしていた様子。

が、それを「忘れていた」と思い、かぐやは帝に冷たく当たるのか。

しかし帝は「かぐやの力になるため」に転校してきた。


そんなやり取りの最中に、やっと会長の登場。

「帝、俺の女にちょっかい出すなよ」

「頼むぜ御行。お前がどうにかできるなら、それが一番いいんだからな?」

どうやら眞妃さんも帝も、訳知り顔の様子。

財閥の子息と令嬢。

色々な情報が入ってくるのでしょう。


対する庶民の会長。

パーティーのラストでやっとかぐやと踊れます。

「こんな日々が、ずっと続けば良いのに」


翌日。

テレビのニュースは「四宮グループ」関連のニュースで持ち切り。

そのご令嬢が息子の彼女であることを知り、会長以上に社会を良く知る会長父は、真剣な顔でそれを見ます。

テロップに映し出されるのは「四宮一族の帝国崩壊の狼煙」

そして四宮かぐやは、会長たちの前から姿を消しました……。


狼煙を上げたのがかぐやなのか。

対四宮家の戦いの火ぶたを、自ら切って落としたのか…。




前の記事:第229話☆Adolphe Pescaroloは守りたい
次の記事:第231話☆四宮雲鷹は話せない


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました