「かぐや様は告らせたい」229話☆Adolphe Pescaroloは守りたい ネタバレ・あらすじ・感想



「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「229話☆Adolphe Pescaroloは守りたい」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。





つばめ先輩にフラれた傷が癒えぬ石上。

フランス校とのダンスパーティーに誘う相手もいない。


自称「陰キャ」石上は、屋上に通じる踊り場に逃げることに。

同じく逃げてきたのは「ツンデレ先輩」こと四条眞妃。

彼女は片恋相手の翼くんと、親友・柏木渚の「イチャイチャ」から逃れてきました。


同じく逃げてきた者同士、

「一緒に出ましょうか?」

と誘う石上ですが…。


四条眞妃の答えは「NO」

眞妃にはお見通しでした。

すでに石上は「陰キャ」でなく、誘う相手は大勢いる事。

そして、「誘いたい相手がいるのに誘えないから逃げてきた」ことも。


全てを眞妃さんに見透かされた石上。

勇気を出して誘いたい相手、ミコを誘い…

「……うん」


スポンサーリンク

第229話☆Adolphe Pescaroloは守りたい


「傷舐めベツィー」

フランス校の生徒会長であり、昨年のフランス校との交流会で校長から会長を試すため、「刺客」として会長に挑むも…フランス語が分からない会長には「エグザクトマン!(それな!)」とかわされ、会長に暴言を吐いたことを聞いたかぐやからは「出版コードにひっかかるレベルの脅迫」を受けた女生徒です。


その「傷舐めベツィー」が、秀知院の生徒会室に。

「しのみや、いない?」

とかぐやの存在に恐怖しながらも、生徒会室を訪れた理由。

「準備の方は大丈夫なのか?結構大変だろ?」

ぜんぶさいあく


日本の業者にコネクションが無く、人でも不足し準備が滞っている。

それで会長に助けを求めてきたのです。


昨年の交流会では校長から「3日前」に開催を知らされ、大変な思いをした会長。

「今年はゆっくりするはずだったのに」

と不満げ。

愚痴の矛先は校長へと向かいます。

「相変わらず使えないな、校長は…サポートしてやれよ…」


その言葉に噛みついたのはベツィー。

校長は生徒を自分の子供のように思っている、と校長を擁護。

そして昨年のことも

「あなた、ためされてた」


その真意を校長に聞き出そうとすると…いまだ「ポケ〇ンGO」を続けていた校長。

やっぱりふざけた人だと、半ば呆れながら昨年自分を試した真意を尋ねる会長。

すると、校長の返答は意外なものでした。


たかだか高校の生徒会長を試さなくても、という会長に対し、

秀知院学園の理事長は、かぐやの兄であり四宮家の長兄・四宮黄光。

つまりこの学園も、四宮家の掌の上。

警察にも、裁判所にも、四宮の権力は存在する。

そして社会は、会長が思うよりずっと汚く、不条理である。


そんな中でいざと言う時、

「四宮かぐやを守れるのはダレでしょうか?」

「生徒会長トシテこの学校を背負ってきた貴方デスよ」


これからかぐやを巡って騒動が起きる。

そんな中、かぐやを守れるのは「強い人間関係」

権力に対する最大のカウンターであり、世の中は情で回っている。

会長が培ってきた信頼、尊敬、人間関係の全てを使って、かぐやを守ってほしい。

会長に対し、頭を下げる校長。


校長が試したのは、会長がかぐやを守れる人間かどうか。

普段はふざけた校長ですが、生徒を想う気持ちは本物のようです。


『案外…ああいう人を将来「恩師」とか呼んじゃったりするのかね……』

タイトルのAdolphe Pescarolo とは、校長先生の名前のようですね。




前の記事:第228話☆石上優は誘いたい
次の記事:第230話☆かぐや様は踊りたい


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました