「かぐや様は告らせたい」224話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑨ ネタバレ・あらすじ・感想



「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「224話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑨」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。




共通の友人・小野寺さんの目もはばからず、距離を取るミコと大仏こばち。

ミコと石上にくっ付いてほしくない。

ミコは自分にとって「上っ面の友達」

そんなこばちの言葉を聞いてしまったミコ。

二人の間には大きな溝が出来てしまいました。


そんな様子を快く思わないかぐや。

白銀会長を当選させるためとは言え、会長選の際に

「来年の選挙を全面的にバックアップ」

することを約束していましたが…今のミコを見ていると、それを躊躇ためらうと。


みなまで言われずとも、自分の物差ししか持たず、他者の価値観で物を見ることの出来ていなかったミコ。

「だから石上を支えてあげられなかった」

ことに、気づいていました。


そんなミコにかぐやは…

大仏こばちと仲直りして見せなさい。親友と仲直り一つできないような人を、私は生徒会長に認めないわ!


スポンサーリンク

第224話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑨


「伊井野と喧嘩けんか?」

図書室で、不意に石上に声を掛けられた大仏こばち。

石上は周りを気遣う優しい子ですから。

ミコとこばちの不仲にも気づいたのでしょう。

「喧嘩っていうか…たぶん絶交」

子供の頃は良く使いましたね。

「絶交」

絶交…仲たがいをしてつきあいをやめること。



「あの時はああだったとか、この時はああとか、昔話できる友達」

ミコとこばちの関係を羨む石上。

今でこそ友達も増えた石上ですが、元々は浮いた存在ですからね。

「頑張れよ。協力できることがあるなら手伝うし」

『まったく、君のせいで揉めてるってのに』

「渦中の人」である石上ですが、知る由もありません。

図書室を出たところで、ミコと鉢合わせするこばち。

2人は連れ立って屋上へ。

「こばちゃんは石上のこと…」

「好きだよ。多分ミコちゃんが思う10倍くらい」

石上への想いを隠さないこばち。

だからミコの応援はできない。

けど、気持ちに区切りをつけているから、邪魔しようとも思わない。

「だからまぁ………今まで通りっていうのも難しいよね」

教室で隣の席だったから。

そんなきっかけで友達になった2人。

友達がいないと思われたくなくて、何となくつるんでいた。

お互い見聞が広がり、もっといろんな人と関わっていく。

お互い、それまでの「繋ぎ」みたいな存在。

かぐやと藤原のような関係と、自分達は違う。

こばちに依存しており、それを知られながらも一緒にいた。

孤独感を埋めるために。

「でもさ、私はこばちゃんのこと好きだよ」

一緒に風紀委員に入り、選挙で涙してくれたこばち。

そんなこばちの嫌がることはしたくない。

「私、こばちゃんがそうして欲しいなら、石上は諦めるよ」

「ミコちゃんさ……そう言えば私が折れると思ってない?」

ニヤッとしながら

「バレた?」

「上っ面の友達」「繋ぎ」としながらも、付き合いの長い2人。

お互い、考えていることはバレバレなようです。

わがままで自分の願望だけを通そうとする。

そんな自分の欠点に気付いているミコ。

今のミコは、自分の願望でなく、こばちの願望を聞いたうえでどうするか決めたい。

「こばちゃんの願いは何?」

素直に、「石上に不幸になってほしくない」と応えるこばち。

ミコのわがままは嫌と言うほど知っている。

でもそのミコは、自身のわがままに気付き、変わり始めている。

石上と付き合ったら、ミコは間違いなく石上を不幸にすると思っていた。

「意外とそうはならないのかもって、今は思ってる」

ミコだけ大人になって、自分が子供みたいに2人の仲を認めない、なんてできない。

「石上を不幸にしないって、約束できる?出来るなら良いよ、多分納得できる」

「そっか、良かった」

まだ石上と付き合えるかは分からない、とするミコですが

「付き合いが長ければ、ミコちゃんの良さは分かってるはずだから」

と保証するこばち。

そして、久しぶりに2人で下校。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社



かぐやとの約束、達成……。

旦那
旦那

やっぱこの2人は仲良くしててくれるのが良い!




前の記事:第223話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑧
次の記事:第225話☆


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました