「かぐや様は告らせたい」222話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑦ ネタバレ・あらすじ・感想

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「222話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑦」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。





「上っ面の友達」

そんな風にミコとの関係を評した、大仏こばち。

「言い得て妙かもね」

こばちの評に同意するミコ。


小学校からの友達。

「正しさ」を追求し、傷つき続けたミコを、一番近くで見続けたこばち。


同時に、大友京子の件で皆から白い目で見られていた石上優。

そんな石上に、密かな想いを寄せていたこばち。


一番自分に近いミコが、石上とくっ付くのは許せない。

石上とミコの関係同様、ミコとこばちの関係も気になるところ……。


スポンサーリンク

第222話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑦


大仏こばち目線で振り返る、中学時代の伊井野ミコと石上優。

一貫校だからお互い顔は知っている、くらいの関係。

浮いた不良と、疎まれる風紀委員。

中学生のミコと石上は、そんな関係。


小等部から続けていたサッカーを、「才能がない」ことに気付いて辞めた石上。

サッカーに掛けていた時間が浮き、それまでの人間関係がサッカー中心だったこともあり、時間はあるけど友達がいない、という状態に陥り、校則違反で持ち込んだ携帯ゲーム機に興じます。

そんな石上を「取り締まり」ながらもシンパシーを感じていたミコ。


「伊井野さんは……辞めないの?風紀委員。何が楽しいの?そんな嫌われ役」

素直な疑問をミコにぶつける石上。

ミコに対して、自分のように「今やっていることが自分に向いているか」見直した方がいい、と忠告します。


楽しくはない。

嫌われるのは辛い。

怖い事は多い。

それでも。


「理想はある。皆がルールを守っていれば、皆が楽しくなれる。そのための汚れ役なら、受け入れられる」

真っ直ぐな信念を持つミコの言葉に、自分のサッカーのような「何となく」でないことを感じた石上。

「……そ、陰ながら応援してるよ」


それでも生徒会長選挙に落選し続け、周りから疎まれるミコの状況に変わりはありません。

「今度こそ清き一票を💛」

ミコの背に貼られたつまらないイタズラ書き。

本人に気付かれないよう、それを剥がしてやる石上

言葉通り、石上は陰ながらミコを応援していました。



そんな様子を見ていた大仏こばち。

ジュニアアイドルとして活躍し、その美貌で周囲からの人気を集めたこばち。

告白を断ったら一転してストーカー化。

裏で悪口を言うようになる。

好きと言う「執着」に辟易していたこばち。

自身の見た目を、目立たぬよう「地味化」します。


「好き」という感情を一人から受け、その人に自分の「好き」を捧げたい。

その想い相手は、石上でした。

本当に「陰ながら」、時に「献身的に」ミコの応援をする石上。

そんな石上を目の当たりにし、石上に対して好意を抱いていたのです。

「こういう人と一緒になりたい。こういう人に好きになってもらえたら」


しかし、ミコの机に入れられた手紙。

ステラの栞

石上がミコに宛てたもの。

その事実を知っていたこばちは

『うん、その物語の方が綺麗』

お似合いだと、救いが必要なのはミコの方だと、自分は一歩引いてしまいます。


そうやって自分を納得させた矢先、「あの事件」は起きます。

大友京子の彼氏である、荻野コウに対する暴力。



「本当なの……?大友さんに付きまとって、荻野君を殴ったって……どうなの?」

「オマエには関係ないから」

「何それ……。ふーん、そういう感じ。じゃあいい」


今「支え」が必要なのは、間違いなく石上。

『そうじゃないでしょ、ミコちゃん!石上を支えてあげて!それがミコちゃんの役割だよ!ミコちゃんは今まで何度となく石上に支えられてきた。今こそ返す時だよ!』

そんなこばちの思いは、ミコには届きませんでした。


自分も石上のために何かしてあげたわけじゃない。

ミコを責める筋合いなんかない。

そんなことは分かっていても……。

「ミコちゃんのポジションに私が居たら、絶対に……」

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社



こばちが見せた、石上への「好きと言う執着」……。




前の記事:第221話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑥
次の記事:第223話☆四宮かぐやの無理難題「仏の御石の鉢」編⑧


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました