「かぐや様は告らせたい」210話☆男と女のABC⑥ ネタバレ・あらすじ・感想




「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「210話☆男と女のABC⑥」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。







急遽、会長の家に泊まることになったかぐや。

父は飲みに行って帰らない。

圭は藤原家にお泊り。

「性」を意識し始めた2人にとって、この状況は……!!


スポンサーリンク

第210話☆男と女のABC⑥


リビングと会長自室、それぞれ別の場所で床に入ったものの、

「会長、もう少しお話がしたいです。そっちに行っていいですか…?

会長の部屋を訪れるかぐや。

お見舞い回以来の同衾です。


やはり…というか、ご期待通りの展開。

キスをし、抱き合い、身体を……。


「やっ……」

かぐやのか細い声で、かぐやの身体から手を放す会長。

「やっぱやめとくか?」

一度はありますよね…こういう展開……。


「次の機会にでも…」

と言いかける会長に、

「次っていつですか?」

と返すかぐや。


スタンフォードに留学する会長と一緒に居られる期間は、そう長くありません。

「その前に、何かの形で繋がって…」


かぐやなりに考え、覚悟を決めたうえでの「焦り」の表れが、会長の布団へ…だったのです。


アメリカに行っても、かぐやの彼氏であることは変わらない。

ちょくちょく帰ってくるつもり。

国際電話が数万円する時代と違い、ネットですぐに繋がれる。





だからそんなに焦る必要はない。

かぐやを諭す会長。


遠距離恋愛は上手くいかない。

高校の時の恋愛は長続きしない。

アメリカに行ってる4年の間、会長に他に好きな人が出来るかもしれない。

かぐやも正直に不安を吐露します。


石上が以前言っていた言葉を引用し、

アルコールを摂取しない人がアル中にならないように、童貞は浮気をしない。

だから男に女を覚えさせない方がいい。

敢えて自分が不利になる話を持ち出す会長。


「こういうのは、四宮がしたいと思った時にすればいいんだ。焦らなくていいんだよ」


会長の優しい言葉で落ち着いたかぐや。

「もう少し心を整理する時間をください」

再び横になる2人。


「ふふ💛会長、好き」

「オレも好きだぞ、四宮」

寝る前にチュッチュチュッチュ……イチャつく2人。


向かえた朝……。

『結局……盛り上がってしちゃった…』


旦那
旦那

すんのかい!!

神っちゃった2人……。

次号、休載…。




前の記事:第209話☆男と女のABC⑤
次の記事:第211話☆




かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました