「かぐや様は告らせたい」204話☆かぐや様は猫嫌い ネタバレ・あらすじ・感想




「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「204話☆かぐや様は猫嫌い」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。





四宮家と戦うかぐやの後押しをしてやりたいも、期間もやれることも限られている…。

そんな悩みを抱える「先輩くん」の白銀会長を、「後輩ちゃん」のミコが「頭ナデナデ」で癒してあげます…。

が、そんな様子を藤原書記に目撃され、あげくかぐやに告げ口されます。

何とか誤解は解けたものの、相変わらずミコの冗談は重さ全開……。





スポンサーリンク

第204話☆かぐや様は猫嫌い


教室で悩める藤原書記……。

「どうしよっかなぁ…悩むなぁ……」

「どしたの書記ちゃん、悩みごと?」

声をかけたのは早坂。

「やっぱり分かっちゃいますか…悩んでるって…」


旦那
旦那

まぁ…声に出てたし…。




大学に行ったら一人暮らしをしようという藤原。

「姉も妹も変人」だから家を出るというのですが…。

「自分はおかしくないという認識だったんですね」

「書記ちゃんより変人……?一家ぐるみで常軌を逸してるの……?」

かぐや、早坂ともひどい言いようです。


「家族のことは悪く言っていいですが、私のことは悪く言わないでください!」

と反論する藤原。


旦那
旦那

前言撤回。ひどく言われても仕方ありませんね。




「悩み」というのは一人暮らしをしたときに飼う「ペット」のこと。

犬だと散歩が大変だから、猫にしようか悩んでいると。


かぐや・早坂に聞くと、2人とも「犬派」だと。

「犬派」というよりは「猫が嫌い」という2人。

「身勝手で自己中心的で」

「愛想が無いくせに臆病で」

2人とも相当な「猫アンチ」のようです。


©かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社




そんなかぐやが……「猫と出会った

生徒会室に入り込んでいた猫。

会長の机に寝転んでいた猫を、ホウキを使って追い払ったかぐや。


「これで一安心」と思いきや、再び隙間から侵入してくる猫。

再び追い出そうとするかぐやですが、生憎外は雨。

「雨が止み次第、追い出しますからね」


仕方なく生徒会の仕事を始めたかぐやの膝に、トスン、と乗ってくる猫。

ゴロゴロ喉を鳴らし、かぐやに懐いているようです。


「動物愛護法に基づいて貴方を攻撃しませんが、ここが無法地帯だったら皮を剥いで鍋敷きにしてたわよ?」

言葉とは裏腹に、猫の痩せ気味体型を気にするかぐや。

温めたミルクを猫に与えます。


そしてミルクを飲む猫の写真を撮りまくるかぐや……。

「猫を可愛がってる私が可愛いアピール」のための写真と言い張りますが、その顔は若干ニヤけ気味…。


「どうせ野良で名前も無いのでしょう」

と決めつけたうえで、「エドワード・オブ・ウッドストック」という大層な名前を授けるかぐや。


そんな生徒会室に入ってきたのは、石上。

状況証拠的に

「四宮先輩って猫めちゃくちゃ好きなんですね」

既成事実が作られようとしています。


「昔……猫は私の友人を傷つけた…。それ以来私は猫なんて…」

どうやら子供のころ、早坂が猫に引っかかれた出来事をきっかけに、猫が嫌いになったかぐや。

そんな私が猫を好きだなんて……否定しようとするかぐやですが……。


石上が即席で作った猫じゃらしで、戯れる猫。

きゃーーっ!!おかわわわわわわわ!!


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社




完全に「猫好き」に振れているかぐや。


と、雨の上がったのを見て出ていく猫。

せっかく可愛がろうと思ったのに……。

「もう来ないでくださいね!」

猫に捨て台詞を吐くかぐや。


しかし翌日、再び生徒会室に猫。

「まったく……来ないでと言ったはずなのにね、エドワード……」

しかしこの猫、近所の阿部さんちの「胡麻の助」という飼い猫と判明。

そんな猫に「エドワード」という名前まで付け…。

かぐや「猫アンチ」から「猫好き」にシフトチェンジしそうです。


旦那
旦那

「四宮家との戦い」とか、「四宮の側にいてやれるのも今だけだ」とか、フリがあっただけにシリアル展開になるものかと思いきや……。

前回も今回も、「かぐや様」らしいまったりしたお話で。

好きだからいいのですが。




前の記事:第203話☆先輩くんと後輩ちゃん④
次の記事:第205話☆


かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました