キングダム【ネタバレ】662話「苦戦の理由」【あらすじ紹介】




※「キングダム 第662話 苦戦の理由」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。





満羽の話を聞いても、「結末は自分の目で見届けろ」と寿胡王を生かす騰。

敗軍の将・満羽は曲者の楚国宰相・禍燐と向かい合い。

同盟軍として共に戦った秦国・謄、魏国・呉鳳明は、それぞれこの同盟は自分たちに「利が有る」と譲らず…。


スポンサーリンク

趙攻め


魏は秦と盟を組んで什虎を取り、この西の重要地を盤石のものとすべく、そこから北上して韓への侵攻を始めます。

その侵攻を「同盟国」である秦は静観。

逆に魏からの攻撃に憂いが無くなった秦は、趙攻めに全力を注ぎ始めます。

魏国方面に張っていた軍が北上し、次々その前線に加わったのです。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.




秦は魏との同盟期間「3年間」のうちに、趙の王都・邯鄲を攻略、趙を滅ぼそうとしていたのです。


秦魏同盟の方を受けた趙も、もちろんその意図を理解し、北部より大軍を南下させ、秦との前線に投じたのです。

一進一退の攻防が続く、長く延びる前線地帯で、秦側で攻勢を見せる軍が二つ。

蒙恬率いる楽華軍と、王賁ほうほん率いる玉鳳ぎょくほう軍です。


楽華軍には蒙武軍から移籍した剛将愛閃あいせんが、同じく玉鳳軍にも亜光軍から移籍した亜花錦あかきんが、それぞれ加わり重要な戦力となっていました。

また、「将軍」となった蒙恬、王賁は共に万の軍を率いることで戦い方の幅が広がり、才能を開花させていったのです。


一方で趙軍に苦戦を強いられ、前線を逆に大きく押し込まれている部隊が1つ。

将軍となった信、改め「李信」率いる飛信隊でした。


苦戦の理由


飛信隊苦戦の理由は、大きく2つ。

一つ目は「松左の抜けた穴」です。

それはもちろん飛信隊軍師・河了貂も理解しており、しっかり調練したつもりでした。

しかし、実戦ではその成果が見られない…。

松左の後に歩兵隊副長になった沛浪も、頑張ってはいるものの松左の穴を埋められません。


もちろん、松左の死の直接原因になった新兵・干斗たちは松左の穴を埋めるべく、精一杯頑張っています。

歩兵長・崇原も「松左は俺が気付かぬところで色々と仕事をしていたんだ」と、自分の不甲斐なさを悔います。


「死んだ奴のこと今さら言ってもどーにもなんねーだろーがよー」

負のスパイラルに入った皆の会話、その流れを我呂が止めます。

そして飛信隊不調の「もう一つ」の原因、我呂にとっては「そっちの方が深刻」という方に話を移します。


飛信隊不調の二つ目の原因は、羌瘣きょうかいです。

朱海平原で仮死状態だった信を救って以来、「寝てばっか」だという羌瘣。

元々は自身が先陣を切っていた羌瘣が、今は出陣しても本陣から動かない状態。

自ら路を拓く五千人将だった羌瘣が、今や「普通の五千人将」になった。

それが二つ目の原因だったのです。


羌瘣の天幕を訪ねた信。

やはり羌瘣は寝ています。

禁術を使って信を助けた」ことで、

気の流れとかを伝える大事な線みたいなものが、何本も切断された

という羌瘣。

深い瞑想により、それらをつなぎ直しているのだそう。


もうすぐ終わる。

終われば「たぶん」元通りに戻るという羌瘣。

急ぎ貂に呼ばれ、羌瘣の天幕を後にする信。

羌瘣は再び、深い瞑想に入ります。


自身の剣「緑穂」が見えるようになり、

『もう少しだ。本当にもう少し…』

もう少しで元通りという羌瘣の意識下に現れた、謎の大きな影……。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



旦那
旦那

この影が何を暗示しているのか…羌瘣の意識下と言うことであれば、象姉なんかもあり得ますが…。

この先のことを暗示しているのなら、前話で久しぶりに名前が出てきた「李牧」が立ちはだかる、なんて暗示かもしれませんね…。




前の記事:661話「利有り」
次の記事:663話「羌瘣の噂」


キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました