「かぐや様は告らせたい」199話☆夢 ネタバレ・あらすじ・感想




「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「199話☆夢」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。





前話では初めての白銀家訪問。

そして初めての白銀家お泊り……。

が、「(外泊なんて)大丈夫なのか?」と問う会長に対し、

「もう大丈夫なんです」

と意味深な言葉を残すかぐや…。

そして翌日、帰りがけに

「私、会長に言わなきゃいけないことがあるんです。聞いてくれますか?」

「言わなきゃいけないこと」とは何なのか…?




スポンサーリンク

第199話☆夢


かぐやが会長に「話さなければならないこと」とは、

「私、スタンフォードの出願を取り下げたんです」

文化祭で

「俺と一緒にアメリカに来い!」

会長に誘われ、快諾したかぐやでしたが……。

「四宮本家」には筒抜けだったようです。


話は少し遡り、修学旅行の少しあとのお話。

四宮家三男・雲鷹とのひと悶着は、長男・黄光の耳にも入っていました。

長兄を煩わせるようなことは何もない、というかぐやですが、

何もないことはない。早坂家は俺の持ち駒だ

あくまでこの長兄、人を人と見ず「駒」と見るようです。

早坂も元々は、黄光の指示でかぐやのお付きになっていましたからね。


そこからは「早坂愛」は自分の人質と言わんばかりの言い様で、かぐやのスタンフォード出願取り下げを迫ってきます。


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社




四宮家のため、自分のためにかぐやの結婚を使いたい黄光。

いい相手が見つかっても、相手よりかぐやが良い大学を出ていると知ったら、渋る家も多いだろう。

その時困るのはお前だぞ?


かぐやのため、という体で自分の都合のいいように、話を進める黄光。

女を道具として扱い、世の中を男が回していないと気が済まない、封建制度の権化。

旧時代の人間。

昭和の遺物。

それが黄光と言う男でした。


そして的確に相手の弱みを握り、それを利用してくる男でもあります。

「早坂の処遇は自由にして良いし、付き合ってる男が居るんだろ?親父と違って俺は口出ししない」

早坂の処遇も会長との仲も、自分次第だと言いたいようです。

「ここまで俺が譲歩することもないぞ?賢い四宮かぐやなら、どうするべきか分かっているだろう?」


最終的には「脅迫」に近い、完全に「脅迫」ですね。

ここまで見事にしてやられるかぐやも珍しいです。

それだけ「四宮家」の人間は、一筋縄では行かない、ということなのでしょう。


「私の弱いところはすべて握られている。いずれ結婚相手も決められ、男を孕めと追い立てられ、生まれた子供すら自分の利益のために駒として使われる」

「今どきそんな話が」と思いがちですが、かぐやの周りでは「ごく普通にある」ことのようです。


しかし、かぐやは諦めたわけではありません。

「戦うことにしたんです」

四宮の中に残り、四宮の中で力を得て、自分の未来を自分で選ぶ。

それがかぐやの出した答え。

そのためのスタンフォード出願取り下げだったのです。


ならば自分も…会長なら言いそうなことを、やはり口にします。

「日本に残ってお前の側に…」

その言葉をかぐやが遮ります。

「馬鹿なことを言わないでください。」


かぐやは知っていました。

スタンフォード行きは、会長の「」を叶えるためのものだと。

悪い人間に騙し取られた、父親の会社を取り戻す。

そのために一流の大学で経営を学ぶ。

それが会長の「」でした。


そして、父親の会社を騙し取った「悪い人間」が、四宮グループであることも…。


かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社




憎き「四宮家」のはずなのに、かぐやには優しく接してくれて…。

「素敵な家族……どうして私の家と、こんなに違うのでしょうか。私の今の夢は、あの家と縁を切り、貴方達と一緒にいる事」

力をつけなければ、いずれ四宮家に連れ戻される。

かぐやの出した答えは

「お互いの夢のため、少し違う道を歩きませんか?」




前の記事:第198話☆白銀家
次の記事:第200話☆藤原千花は超超超食べたい




かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました