「かぐや様は告らせたい」193話☆子安つばめと石上優 前編 ネタバレ・あらすじ・感想



「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「193話☆子安つばめと石上優 前編」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。


スポンサーリンク

193話☆子安つばめと石上優 前編


前話、桜の木の下で待つ子安つばめ先輩が、なんとなく物憂げに見えたのですが…。

私は、今から彼を振る。この可愛い後輩を、今から傷つけるんだ

マジかぁ……。


話は遡って、体育祭。

まだ噂に振り回されていた頃の小野寺さん



大友京子にストーカー行為を働き、彼氏である荻野コウに暴力を振るった挙句、停学になった。

そんな「ろくでもない噂」の石上が応援団に入った。

「気を付けてくださいよ、つばめ先輩」

小野寺さんからの忠告。

他人を拒絶する、石上の雰囲気が怖い。

それでも、「副団長なんだから」「皆で仲良くしなきゃ」

正直「ビビりながら」、石上に話しかけたつばめ先輩。



それでも実際に接してみると、石上が「すっごく頑張り屋さん」で「すっごくいい子」だと知ったつばめ先輩。

旦那
旦那

似たようなこと、かぐやも言ってましたね…。

本当にいい子なんです、石上。

だから振らないであげて……。



体育祭の打ち上げ。

男女の制服を入れ替えて応援したときのことを、「俺の女装、エロ過ぎて発情しちまっただろ!」と自賛する団長。

「団長と比べるなら、中庭に咲いてる朝顔の方が、まだエロいっす」



石上の「ぼそっ」と言うツッコミが、つばめ先輩的にツボだった。


体育祭が終わって以降、

「おはよ、優くん!」

「……ちゃす」

他人との距離感をなかなか縮めない石上が、

「おはようございます。つばめ先輩」

初めて石上から「おはよう」と言われ、嬉しくて舞い上がる、つばめ先輩。


応援団メンバーと話しているところを見て、嬉しくなるつばめ先輩。



文化祭(奉心祭)で「ハート」のクッキーを渡され、「すごく照れて、顔が真っ赤になった」つばめ先輩。



「年上なんだから、先輩なんだから」と頑張るたびに、いつも空回っちゃうつばめ先輩。




白銀会長やかぐやが修学旅行に行っている最中、初めての石上とつばめ先輩のデート。

珍しく緊張し、口数が少なくなったつばめ先輩。

揶揄からかいながら話を振ってくれる石上。

そんな石上の優しさに、安心感を覚えるつばめ先輩。


「私って結構ポンコツらしいんだよね。いつも失敗ばっかでさ」

「先輩はいつも、誰かのために一生懸命でしょ?失敗しても自分のために一生懸命になってくれたっていうのは、やっぱり救いになるもんですよ。僕は先輩のそういう所が好きなんです。一生そのままで良いっスよ」

石上をいい子だと思うたび、『良い後輩だな』と思うつばめ先輩………。


時は再び、卒業式。

桜の木の下。

改めて、自分の気持ちを言葉にする、石上。

「つばめ先輩が好きです、付き合ってください!」

『何でこんな良い子の気持ちを、受けてあげれないんだろう』



物陰に潜み、2人のやり取りを聞いていた、かぐやと大仏こばち。

「……終わったみたいね」

「まだです……。あがけ、あがけ石上」

「何言ってるの?勇気を振り絞った彼に、惨めに縋りつけって言うの?」

怖い目でこばちを睨みつけるかぐや。

プライドの高いかぐやにとって、これ以上の追撃は「惨め」でしかないのでしょうが…。

「惨めだからなんですか?何のために石上は今まで頑張って来たんですか?

筋トレしたり、お洒落頑張ってみたり、試験でいい成績勝ち取ったり…。

その姿はかぐやも間近で見ていました。

一度や二度、あがく位の権利はあります!

「僕と付き合ったら絶対幸せにします!一生優しくします!どうしてもお前とは付き合えないって思うんでしたら、この手を振り払って皆の所へ行ってください!」

『押しに滅茶苦茶弱い』つばめ先輩に、石上の猛追撃は功を奏すのか……?

旦那
旦那

ここまで来たら、押しにほだされてほしい!

ミコには泣いてもらうことになるけど、報われてほしい、石上!



前の記事:第192話☆秀知院は見送りたい
次の記事:第194話☆子安つばめと石上優 後編

かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました