キングダム【ネタバレ】655話「新たな戦術」【あらすじ紹介】



※「キングダム 第655話 新たな戦術」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

「個」の力


「兵数」と「挟撃」で戦の主導権を握ったかに見えた、秦魏同盟軍。

しかし「兵数」の差を埋めるどころか「その程度ではハンデにもならない」と言わんばかりの、楚の「個」の強さ

魏の将軍・馬介が什虎軍・玄右に討たれ、早々に魏軍の攻勢は弱まります。

その最前線の膠着を崩さんとする、魏の「狂戦士」乱美迫。

そしてその乱美迫と共闘する録嗚未。

しかし……2人を同時に相手にしながら、一歩も引かないどころか攻勢に出る「変態」干斗雲

旦那
旦那

言動がいちいち変態じみているので、ついつい「変態」とか銘打ってしまいましたが…変態は変態でも「強い変態」だったんですね、干斗雲。



乱美迫に加え、秦将・録嗚未もいながら干斗雲を抜けない状況に、魏の本陣・呉鳳明も眉をひそめます。


一方の秦軍。

蒙武に相対する満羽、謄に相対する項翼

いずれの戦況も膠着状態

「挟撃」という秦魏同盟軍にとって「最良の形」を、楚軍は自力で退けようとしています。


「挟撃」自体は最良の策としながら、『何かが足りない』『ただの挟撃では通じない』

秦軍本陣・蒙毅も頭を悩ませます。

新たな戦術


戦術を変える

切り出したのは呉鳳明です。

早速乱美迫と、秦将・録嗚未に伝令を出します。


録嗚未・乱美迫に伝わる、呉鳳明からの伝令…。

それを聞いた録嗚未は、

お前らここの敵、死に物狂いでぶっ潰すぞ!

苦境に立たされた録嗚未が、呉鳳明からの伝令によって、息を吹き返したように見えます。

呉鳳明の策に、現状を打破する光を見たのでしょう。


録嗚未軍が「つぶれ役」となり、乱美迫軍をその場から脱出させます。

向かう先は………「謄軍」


謄はすぐに理解しました。

呉鳳明の意図を。

この挟撃の中で「助攻」と「主攻」を。


「助功」となるべき魏の乱美迫軍を、干斗雲との戦場から、録嗚未軍をつぶれ役にして脱出させます。

脱出した乱美迫軍は2軍に分かれて、「主攻」となる「謄軍」「蒙武軍」の元へ。


魏の天才軍師・呉鳳明の一手が、戦局を変えるのでしょうか……。



前の記事:654話「楚にあらず」
次の記事:656話「興味がある」

キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました