「かぐや様は告らせたい」192話☆秀知院は見送りたい ネタバレ・あらすじ・感想



「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「192話☆秀知院は見送りたい」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。


スポンサーリンク

192話☆秀知院は見送りたい


秀知院学園の卒業式当日。

風紀委員、TG部、マスメディア部、生徒会、応援団。

卒業生と在校生の、別れの時です。


風紀委員の場合。

校門前で風紀委員の取り締まり中の、伊井野ミコ会計監査と大仏こばち。

「きっとさ、先輩たちとはもう二度と会うことはないんだろうね」

「…寂しいこと言うんだね、こばちゃん」

「また会うかも、ってふんわり別れて二度と会わないより、ちゃんと『さよなら』って言った方が、ちゃんと『ありがとうございました』って思える

私はそっちの方が楽しいと思う」

旦那
旦那

真理ですね、こばちゃん。相変わらず深いです。

こういうシチュエーション、卒業式だけじゃなく、社会人になってからも別れのシーンって多くあると思いますが…。

再会することって、そんなに多くはないと思います。

だったらちゃんと「さようなら」って、言っておいた方がいいです。私見ですが。


式が終わったら、「改めて先輩たちに挨拶に行こう」と、ミコとこばち。


TGテーブルゲーム部の場合。

171話に登場した、藤原書記も在籍するTG部。


3年のメガ子が卒業です。

「今からでも留年しましょうよ!!」

という藤原に、

『無茶苦茶な要求しとる』

と心の中で突っ込む石上会計。

しかし実は、1度ダブっていたメガ子。

しかもその理由が「大会に向けてFPSやり込んでいた」という、石上にとって他人事でないもの。

さらに「卒業後の進路がプロのゲームチーム」であること。

校長の孫で、「そうでなかったら卒業ヤバかった」こと…。

情報が洪水のように押し寄せ、処理が追い付かない石上……。


マスメディア部の場合。

マスメディア部は部長さんが卒業。

この部長さん、実は121話に登場した「沼に落ち、かぐやに助けられた」女生徒です。

白銀会長が、かぐやに恋に落ちた瞬間…。

意図せず、そのきっかけを作ったマスメディア部・部長も卒業。

在校生の紀かれん、巨瀬エリカに後を託します。



生徒会の場合。

外部入学して、小学校から秀知院にいる「純院」と区別されることに腐っていた、白銀会長に声を掛け、生徒会に入るきっかけを与えた前生徒会長も卒業です

達観し、斜に構えた雰囲気の前生徒会長。

皆にとっての晴れの門出に「僕みたいな嫌われ者が混ざったら台無しだ」と、卒業証書だけもらい、早々に帰るつもりだったのですが…白銀や龍珠桃ら、旧生徒会の面々に見つかり、生徒会室でノンアルシャンパンで乾杯。


応援団の場合。

石上の学校生活を大きく変えた、体育祭の応援団。

つばめ先輩との出会いも、応援団でした。

一時、大仏こばちと付き合っており、その後フラれた応援団長も卒業。

「石上、悪かったな。お前にはな、先輩としてやれる事があったと思うんだ。俺は何もできなかったなと思って」

唐突な謝罪に、石上の感情が堰を切って溢れます。

「団長、俺のことずっと気にかけてくれてたじゃないっすか。それ、どんだけ救われたか……。団長!ご卒業おめでとうございます!!」

石上には珍しく、泣きながらの大声…。


そして石上は向かいます

約束の桜の木の下。

つばめ先輩の許に……。

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


旦那
旦那

そうすか、次回っすか……。

次回、どうなるんでしょうね……。

どっちに転んでも、私は泣くと思います。

いい歳したおっさんが、泣くと思います……。

しにても、桜の木の下のつばめ先輩…尊いわぁ……。



前の記事:第191話☆子安つばめは塗り替えたい
次の記事:第193話☆子安つばめと石上優

かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました