「かぐや様は告らせたい」188話☆四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥ ネタバレ・あらすじ・感想


「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ 」「188話☆四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥」の ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介します。


スポンサーリンク

188話☆四宮かぐやの無理難題「燕の子安貝」編⑥


タイトルから…「石上頑張る回」ですね。

ただ、子安つばめ先輩は「1ページ目」に出てきて終わりです……。


3年生が卒業を控え、在校生を待ち受ける試練……「3学期学年末試験」です。


「つばめ先輩を手に入れる」ため、「50位以内に入りなさい」 とかぐやに言われた石上。

かぐやの指導で猛勉強したものの、結果は出せず…。

そんな過去を持つ石上、今回の試験に向け……

ネトゲをやり込んでいた!!


『自分の弱さに嫌気が差す…』

かぐやに勉強の進捗を聞かれた石上は、最初は「勿論ですよ」と答える石上ですが…

「嘘です、全然出来てません」

さぞかし怒られるものと思いきや…

「石上くん、よく言えたわね」


かぐや曰く、「脳の仕組みの差異」で向き不向きがあり、石上は

「学力画一評価の中で不利な立場にいるだけ」

お勉強はちょっと苦手な子、ってことですね。


ただし、つばめ先輩を手に入れるため「50位以内に入る」ことをかぐやに約束しており、かぐやもまた「四宮の名にかけて」これを守らせようとします。

かぐやが取り出したのは

電子式の錠前

タイマー式になっており、セットしたら「5時間」開かない、というもの。

これを何もない部屋の入口にセットし、勉強しかできない状態に自分を追い込め、と。

かぐやのスマホに連動しており、サボったらすぐにバレる…。


「人の行動をコントロールするのは、いつだって環境」

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社



かぐやらしい合理的な考え方です。


ゲーム中毒の末期を発症する石上に、「言語設定を英語」にして、生徒会室の中だけでプレイを許すかぐや。

伊井野ミコ会計監査も、

「これ叱った方がいいの?それとも勉強になるから褒めた方がいいの…??」

と困惑気味。


白銀会長は

「石上に仕事を回したくない」

と、自ら不慣れなパソコン作業。


1年の学年首位、ミコは石上の勉強をみます。

早坂や藤原書記も、それぞれ得意分野で石上をサポート。


旦那
旦那

藤原は「飽きたチョコ」を石上にあげただけですが…ね。




そうやって勝ち取った「36位」という結果。


「一応目標は達成ですね。まぁ私が付いていたのですから、当然です。本当に……よくやったわ、石上くん」

かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜/赤坂アカ ©集英社


無事「50位以内」を達成し、かぐやとの約束は

「子安つばめを手に入れる」

のみ……。

旦那
旦那

そろそろ、つばめ先輩と石上の関係、クライマックスでしょうか!?



前の記事:第187話☆白銀家は引っ越したい
次の記事:第189話☆かぐや様はきかせたい

かぐや様は告らせたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました