キングダム【ネタバレ】649話「条件次第」【あらすじ紹介】




この記事は「キングダム 第649話 条件次第」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。


スポンサーリンク

大きな手


鄴を奪い、趙の王都・邯鄲の喉元まで迫った秦軍でしたが…。

鄴攻略の翌年になっても、趙軍大防衛線の前に、未だ邯鄲に迫ることのできない秦軍。

兵数で劣る秦軍ですが、対趙に気を取られ過ぎると、対楚・対韓がおろそかになる…。

そして現在、秦軍が展開する場所から黄河を隔てた魏は…限界まで兵を引っ張り、秦に侵攻する準備を、着々と整えていました。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



対魏の兵を薄くすれば、すぐさま魏が侵攻してくる…。

そんなギリギリの状況下、咸陽の本営からはずっと指示が無い……。

昌平君先生が今、大きな手を考えているはずだ」

河了貂は確信を持っていました。


咸陽。

河了貂の確信は、やはり当たっていました。

嬴政・昌文君らをも驚かす昌平君の提言。

それは、「魏国との同盟


国の体力が持つうちに、六国制覇を急ぐ最中の「同盟」

「中華統一」の流れに逆行する考えで、もちろん反対を受けます。


嬴政も懐疑的な見方です。

魏と同盟を組めば、当然趙を攻めやすくなる。

しかし、秦にとって趙を滅ぼした後は、当然魏を攻める。

それは魏も重々承知。

そんな自分の首を絞めるような同盟を受けるほど、愚かな国ではない、と。


もちろんそこは、昌平君も承知しています。

「条件次第かと」


キングダム 第58巻 ご購入はコチラ
キングダム 58

キングダム 58

  • 作者:原 泰久
  • 出版社:集英社
  • 発売日: 2020年06月19日頃

条件次第


魏国の王・景湣王けいびんおうは、「火龍」となった呉鳳明を、前線から王都・大梁だいりょうに呼び戻します

「どうしてもお主の意見を聞きたかった」

軍師・玻璃は「聞くまでもない」

宰相・月華広は「聞きたい」

その意見とは、もちろん「秦国からの同盟の話」です。

期間は「3年」。


考えるまでもなく「いな」。

使者の首をはねて送り返してやれ、という呉鳳明に対し、玻璃が

ただちょっと条件が面白いんですよねー


旦那
旦那

この「条件」というのが、昌平君の言っていたものですね。

どんな条件が出てくるのやら…。




この「条件」のせいで、朝廷だけでは判断がつかず、呉鳳明を呼び戻すことになったと。

その条件とは、「什虎城じゅうこじょうを魏に与える」というもの。

「什虎」は魏・楚・韓・秦の4か国の国境地帯。

最大の不落の要地です。


しかしこの「什虎」

そもそも「楚の城」です


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



つまり秦は三年同盟の対価として、

秦軍・魏軍で共闘して什虎城を攻め落とし、その什虎城をそのまま魏に渡す、と言ってきたのです


旦那
旦那

大胆な手を打ってきましたね…昌平君。

魏としても、後で秦と戦う前提の「共闘」。

その見返りを考えた時、同盟に乗ってくるのか……。



前の記事:648話「大王の問題」
次の記事:650話「開戦の日」


キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました