キングダム【ネタバレ】646話「雁門以来」【あらすじ紹介】



この記事は「キングダム 第646話 雁門以来」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。


スポンサーリンク

粛清


悼襄王が亡くなり、次の王には「名君」となるはずの「太子・嘉」が就く……はずでした。

実際、嘉に付く賢臣たちは、牢から出され、嘉を中心に趙の立て直しを、今まさに始めたところに…。

亡き悼襄王の「遺言」により、王は末子である「せん」が継ぐことに…。

前王・悼襄王を超える「暗君」になるであろう遷。

趙の行く末は……。


混乱する李牧派に、新王・遷派が急襲を仕掛けます

嘉を玉座に就かせようとする李牧派が、動き出す前に「粛清」するつもりです。

それは「暗殺」ではなく、王都・邯鄲内で、真昼間からの襲撃

さすがの李牧も虚を突かれます。


李牧はカイネと協力し、自ら先頭に立って剣を振るい、太子・嘉を守りながら邯鄲を脱出しようと試みます。

新王・遷の庇護者となった郭開は、嘉が牢から出した嘉派の賢臣たちを、一族皆殺しにします。

「一人でも残せば、禍根を残す」

やり方が徹底していました。


李牧は嘉を連れ、邯鄲を脱出し、李牧の知人が治める小城「法紹ほうしょう」に逃げようと目論みます。

何としても「名君・嘉」を王位に就かせるため。

趙の立て直しは、それ以外にないと。

「嘉様が死ねば、この国の光も消えてしまいます。どうか再起の日が来るまで、何としても…。」


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.


雁門以来


法紹への道中、郭開の放った追手の邯鄲軍が、李牧一行を襲います。

李牧が「雁門以来」と語る、カイネと馬を並べての戦闘。

御車に向かい、

「中にいる逆賊・嘉の首を取れ!!」

国のため、趙のためでなく、ただ目の前の褒賞に目のくらんだ邯鄲軍


「何でだっ!!こんなのおかしいだろっ!趙人同士で…しかもよりによって、李牧様に刃を向けるなんて……こんなのおかしいだろ!!

涙ながらに剣を振るうカイネ


舜水樹・傅抵・馬南慈の援護もあり、何とか嘉を法紹に逃がすことができた李牧。

馬南慈軍と合流し、そこから何とか巻き返しの策を探る、という李牧に対し、嘉は

「もう終わった…俺を支えてくれた大勢の賢臣たちも、地下で刻を待っていた国士たちも、皆殺しにされた!そして次の王は…父王をも超える暗君になるであろう、あの遷だ!この国は、もう終わった!許せ…何という愚かな王族か…許してくれ…李牧…許してくれ……

ひざまずき、涙ながらに李牧に謝罪する嘉。


旦那
旦那

秦でも秦王・嬴政えいせいを転覆させるため、王弟・成蟜せいきょうが反乱を起こしましたが…民主主義で選ばれた人が上に立つのではなく「王族」として生まれた者が上に立つ世界では、こういうことがおきるのでしょうね…。

民主主義で選ばれた人が、悪いことをする国もありますがね…。


嘉と離れ、カイネと二人で野営する李牧。

「おそらく…もう太子嘉の王位継承は無理でしょう…。こんな時期にこの国は…私たちは一体何をしているのか…さすがに…ちょっと疲れましたね…」

さすがに今回ばかりは先が、光が見えない…。

李牧には珍しく、落ち込みようが半端ではありません。


がっくりと肩を落とした李牧。

そんな李牧を見ていられず、涙ながら

「すみませんっ!失礼しますっ!」

天幕を出ようとするカイネ。

「カイネ。もう少しだけ、そこに居てくれませんか」

「もちろんです…カイネは…李牧様の側にずっといます。何があってもずっと…ずっと側に居ますよ…」

李牧の背にしがみつき、泣き崩れるカイネ……。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



前の記事:645話「趙王の命」 
次の記事: 


キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました