キングダム【ネタバレ】645話「趙王の命」【あらすじ紹介】




この記事は「キングダム 第645話 趙王の命」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

生まれ変わる趙


秦の王翦軍は、秦の侵攻を防ぐべく、趙将・扈輒こちょうの張った防衛線に対し、広範囲に軍を展開

李牧が処刑間近」という情報に基づき、一気に邯鄲を攻める心づもりです。

田里弥、倉央、亜光、王賁、蒙恬、そして信

各将軍を集め、扈輒の防衛線を突破した後の、邯鄲攻略についての作戦を説明し始めた、まさにその時……


急報を知らせる伝者が。

「いよいよ、李牧が処刑されたのか?」という一同ですが…。

伝者が伝えたのは、

昨日、邯鄲にて趙・悼襄王が急死したと!!!


悼襄王急死の報せに、混乱する秦将たち。

しかし、混乱は邯鄲でも起きていました。


「悼襄王の死は、毒殺である。李牧派一党の仕業であろう」、と。

対する李牧派は「証拠はない

水掛け論が続きます。


王の近衛兵に「李牧派を捕縛せよ」と指示する悼襄王の側近・趙国宰相の郭開。

しかし、近衛兵はあくまで「王」に仕えるもの。

そして、次の王

間違いなく名君となり、この趙をお救いくださる『嘉様』だ


旦那
旦那

当たり前っちゃ当たり前ですが、近衛兵も悼襄王や郭開寄りでなく、名君「嘉」寄りなんですね。



悼襄王を諫めた罪で、牢に囚われていた賢人たちを解放した、太子・嘉

その中にはもちろん、李牧も含まれていました。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



悼襄王逝去の報せを受けた、秦軍。

当然「次の王」が誰になるのか、という話に。

そこへ、扈輒軍の援軍に「邯鄲王都軍」が…。


「これまで頑なに動かなかった」邯鄲王都軍。

「動かなかった」のではなく、悼襄王が「動かさなかった」ことを把握している秦軍。

新しい王は、悼襄王とは違う

策を練り直すため、各軍に後退を指示する王翦


趙王の命


趙王都・邯鄲。

自身の立場が危ういことを悟った郭開は、焦りの色を隠せません。

その郭開に声を掛ける「江姫こうひ」と「英書記官」。


邯鄲の中枢では、太子・嘉を中心に、趙国の立て直し真っ最中でしたが…。

そこに近衛兵が、太子・嘉の一団を囲い込みます。

遅れて姿を見せる、郭開、江姫、英書記官。


郭開こそが「悪臣の根」であることを把握していた、太子・嘉。

近衛兵に「郭開捕縛」を命じますが…。


太子…申し訳ありません……我々は……」

明らかに太子・嘉 寄りだったはずの近衛兵…様子がおかしいです…。


近衛兵に何かしたのか?」と考える太子・嘉一派ですが、「何かした」のは「郭開」ではなく「悼襄王」だったのです。


事の真相が、英書記官から語られます。

悼襄王は亡くなる半日前、英書記官を呼び出し、「遺言」を遺していたのです。

その遺言に書かれた内容とは……。


次の王位を太子嘉--ではなく、末子の遷に継がせるものとする


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



旦那
旦那

悼襄王に負けず劣らずな「ヤバい奴」です。遷。

王が代わり、建て直されるかと思った趙国に、暗雲が立ち込めます……。



前の記事: 644話「桃泉殿」
次の記事: 646話「雁門以来」


キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました