キングダム【あらすじ紹介】640話「国の要」【ネタバレ】

この記事は「キングダム 第640話 国の要」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

李牧


「鄴陥落」の報は、衝撃となって中華全土に、瞬く間に広がりました。

「秦の鄴攻めは、失敗に終わる」

楚の宰相、禍燐かりんの読みは外れました。


王都・邯鄲かんたんの軍を出せば、王翦軍などイチコロだった。

しかし、「趙王のバカ」は、それをしなかった。


とはいえ、李牧相手に鄴を取った王翦おうせんの実力は、本物です。

しかし、趙にとっての本当の危機は、まだ先。

「陸の孤島」と化した鄴が、秦本土と繋がり、対趙の最前線拠点となったとき、いよいよ趙は危うくなると。


「だが、んなことは邯鄲だって分かってるさ。

誰より、あの李牧がなァ」


とう軍を迎え撃つ列尾。

舜水樹しゅんすいじゅ扈輒こちょうも、この「列尾」の重要性は充分に把握しています。

列尾を抜かれ、楊端和・壁が落とした橑陽りょうようと、鄴が繋がれば…秦本土と繋がり、趙の王都・邯鄲の喉元に、最前線拠点が出来上がります。

それを防ぐために、謄軍四万を、列尾にいる趙軍三万で防がなければならない…。


そして、背後には鄴の王翦軍。

挟み撃たれては、持ちこたえられない…。

しかし、李牧はそんなこと、百も承知で、北部の軍を南下させているだろう。

自分たちは、目の前の謄軍に集中する、と。


「邯鄲の王都軍が動けば、話が早いのだが」

という舜水樹に対し、扈輒は

「王都本軍が動くなら、そもそもこうなってはおらぬ。我らの主はクソだ


旦那
旦那

敵国の将から「バカ」呼ばわりされるだけでなく、自国の武将からも「クソ」呼ばわりされる趙王…。


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.


国の要


鄴では、信を死の淵である「天地の間」から救い出した羌瘣が、やっと目を覚まします。

いつもなら、少し休めばすぐに回復する羌瘣。

秘術を使った反動か、ずっと眠り続ける羌瘣の様子を見に、信が来ます。


そのまま、羌瘣の傍らで眠り込んでしまう信。

夢の中で、龐煖の矛を食らいそうになる信。

その信を、身を挺して守る羌瘣。

龐煖の矛一閃、羌瘣の身体は真っ二つに…。


羌瘣!!


旦那
旦那

「私の気が少しお前に入ってしまった」ようで、同じ夢を見ていた羌瘣。

信を守って犠牲になる夢は、何かの暗示でしょうか…。

秘術により、羌瘣の「何か」が犠牲になる。

そういうことかもしれませんね…。



そこにやって来た渕さん。

尭雲と馬南慈にやられ、昏睡状態だった「亜光将軍」が目を覚まし、出陣すると。

向かう先は、もちろん「列尾」。

謄軍と亜光軍で、列尾を挟撃するつもりです。


その報せは、列尾にも届きます。

亜光軍は、北からくる李牧軍に任せるしかない。

が、その李牧軍の動向に関する報せが来ない…。


そこに急報、馬南慈からの報。

「李牧様は大王の手により捕えられ、邯鄲にて投獄された模様!

邯鄲は沈黙したままで、この状況に北部軍も一切動かされていないと!

そ、それともう一つ!

李牧様は邯鄲にて、ざっ……斬首になると!!


「キングダム」 © SHUEISHA Inc.



激怒する舜水樹。

北部軍の支援が無ければ、列尾は挟撃され、ひとたまりもありません。


扈輒の判断で、全軍を邯鄲まで戻すことに。

橑陽の楊端和軍を包囲する軍も、邯鄲まで撤退。

無駄に兵力を削がず、王都圏にすべての兵力を密集させることに。


「それにはやはり、李牧殿を救わねばならぬ。

あの方を失えば、趙は終わるぞ」

舜水樹も同意します。

「王を殺してでも、李牧様を助ける」


かくしてほとんど戦わずして、列尾を落した秦。

列尾-橑陽-鄴、というトライアングルが完成し、趙の王都圏の喉元に、最前線拠点を作り上げます…。


前の記事: 639話「吉報」
次の記事: 641話「深刻な問題」


キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました