「死役所」あらすじ紹介 第76条 「ニンジン」[前半]

【この記事には「死役所 第76条 『ニンジン』のネタバレを含みます】

特養ホーム「ペチュニア」。

朝、介護士さんが入居者の方々を、起こして回ります。

「今日いい天気ですよ。城戸さん?城戸さーん。」


旦那
旦那

今回の「お客様」は、この城戸さんなのでしょうか…。



死役所。

倉庫で鉢合わせた、ハヤシくんとハシ本くん。

「イシ間さん、天国に行けたんすかね。

イシ間さん覚えてます?『他殺課』にいた頭ツルツルの。」

「うん」とも「ハイ」とも声は出さず、頷いて意思表示するハシ本くん。


旦那
旦那

相変わらず口数の少ないハシ本くん。
でも、キレると暴れだしますからね。
死役所に来てすぐの頃、フシ見さんの注意に耐えかね、暴れたことがありました。カッターでフシ見さんに切りかかるも、逆に喉をスッパリ切られましたからね…。シラ神さんに(大分雑ですが)傷を縫ってもらったハシ本くん。



「イシ間さんいい人だったから、そろそろ天国に行けてるかなって。」

「行けてる訳がないだろう。」

不機嫌そうに話に入ってきたのは、加賀シロさん。

イシ間さんが成仏した後、

「あの男はいちいち客に同情して、鬱陶しかった」

と言っていた、あまり温かみの無い職員ですね。


「人柄の良さという曖昧なものが、生前の悪行を凌駕して、天国行きの基準になるとは、考えにくいのでは…」

ハシ本くんも加賀シロさんに同調します。

「そもそも天国と地獄の存在、そのものが曖昧だ。」

畳みかける加賀シロさん。

「確かに実際に、見たことはないすけど…」


旦那
旦那

「死役所」の世界では、「成仏の扉」の向こうは天国 or 地獄 で決まっているものかと思ってましたが…。

死役所職員も、はっきりしたところを知らないんですね。



「扉の先のことは分からん。」

吐き捨てるように去っていった、加賀シロさん。

ハヤシくん的には、扉の向こうは天国 or 地獄であり、地獄に行ったとしても苦行を積むことで、天国に行ける、と信じていたので…何を信じればいいのか…。


そこに入ってきたのが、件の「城戸さん」。

やはり、特養でお亡くなりになってたんですね。

ハシ本くんを見るなり、

「それ、かっこういいな」

と。


死役所 ©新潮社/あずみきし




首を真一文字に切られたのを、フランケンシュタインばりに縫われた傷です。

フシ見さんに切られた時のことを思い出し、気分が沈んでいくハシ本くん。

一方、

「バッテンがいいすよね、バッテンが!」

呑気に乗ってくるハヤシくん。


「お客様、行きましょうか。」

シ村さんに促され、倉庫を後にする城戸さん。

「今のおじいちゃん、頭に傷がありましたよね。見ました?」

ブンブンと、首を横に振るハシ本くん。


旦那
旦那

ハヤシくん、天然で何も考えてなさそうなんですが、何気に細かい観察眼してますね。



「自然な怪我じゃない感じ、虐待かも。」

「それは短絡的では…」

「そうすかね?つい…。

もしそうだったら嫌だなって、悪い方にばっかり考えがいっちゃうんすよね。」


『この人は…表面的に見たら、いわゆる「いい人」だ、と思う。

でも、3人を殺した元死刑囚。

理由は、「裏切られたこと

への報復。

そして、反省したい、と考えているけど、

今生きていたら「相手には不幸になってほしい」と思ってる。

目標と感情が、全く噛み合っていない…』


ハシ本くんなりに、ハヤシくん分析したうえで、

『不思議な人だ…』

とその場を去るハシ本くん。


旦那
旦那

口数は少ないし、表情の変化もない子ですけど、ちゃんと「自分の考え」持ってる子ですよね、ハシ本くん。
第8巻「母」の時も、胎児に意志はないというシン宮さんに対し、「胎内記憶があるから、意志がないとも限らないのでは…」と、返してましたし。



ハシ本くんを追いながら、

『そういや、他になかったっけ?

地獄から天国に行く方法…』

何かを思い出したハヤシくん。


心臓病死課の前を通りがかると、城戸さんが手続きの最中でした。

「あっ、病死だったんすね。

頭に傷があるから、もしかして殺されたのかな、って。」


旦那
旦那

ハヤシくん…素直な良い子なんですが…「言葉を選ぶ」ということを知らないんですね…。



シュンとした様子の城戸さん。

「変か?これ、変か?」


死役所 ©新潮社/あずみきし




傷を気にする城戸さんに、

「いえ、全く変ではありませんよ。」

とフォローするシ村さん。


手続きに必要な死亡時刻が分からない、という城戸さん。

「俺、調べますよ」

ハヤシくんが、城戸さんの生前の情報を調べます…。


旦那
旦那

続きは明日…。



前の記事: 第75条 白神靜佳③ [後半]
次の記事: 第76条 ニンジン [後半]

死役所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました