キングダム【あらすじ紹介】635話「宝の山」【ネタバレ】

この記事は「キングダム最新話 第635話 宝の山」をご紹介するもので、ネタバレを含みます。

スポンサーリンク

陥落

鄴に向かう李牧軍。

迎え撃つ桓騎軍。

両軍が戦を繰り広げる最中、鄴の城内では、趙兵が民衆を抑えきれなくなっていました。

食うや食わずの鄴城内の民衆が、城門を守る柵と兵を、人数の差で突破します。



城門まで到達するも、門は固く閉ざされたまま。

が、別の民衆は武器を持ち、門の開閉を行う滑車を見つけます。

滑車を守る趙兵を倒し…滑車は回され、鄴の城門は開かれたのでした。



一気に溢れ出す民衆。

その様子を見て、桓騎軍と対峙していた李牧軍は、戦意を喪失します。

カイネも、傅抵も、李牧でさえも…。



宝の山

鄴城内は混乱するも、桓騎軍の侵入に備え、策が練り直されます。

難民と入れ違いに入ってくる桓騎軍を返り討ちにし、城門を再び閉めよ、と。

しかし、民衆によって城門の開閉を行う滑車が破壊されており、門を閉じるのには時間がかかると。

また、「難民と入れ違いに」入ってくるはずだった桓騎軍。

その「最強の武力」と言われるゼノウ一家が、持ち場を離れ(当然指示を無視)、城内に突入してきました。



「キングダム」© SHUEISHA Inc./原 泰久

桓騎軍は「軍」と言いながらも、元々は盗賊団であり、その集合体。

ゼノウ一家が城内に入ったと知れると、自分たちもと次々後に続きます。

鄴城内の守備は混乱し、他の門からも容易に城内に入れる状態になったところで、桓騎軍は「盗賊」の本領を発揮します。



巨大な城郭都市である鄴に入城して、更に士気が向上。

鄴の守備軍を一蹴し、「宝の山」目がけて、奥の貴士族の居住区へと突進していきます。



鄴城内の最深部では、城主・李拍の一族が、民衆に紛れて城からの脱出を図ろうとしていました。

が、肝心の城主・李拍の姿がありません。

趙の生命線である鄴を陥落させてしまうという、取り返しのつかぬ結果になってしまった李拍。

難民を受け入れたことが間違いだったのか…。

自責の念に囚われた李拍は、城郭より身を投げます…。



これ以上戦っても無駄な死人を出すだけ。

そう判断した李牧は、溢れ出た難民と一緒に、鄴を離れます。



鄴が陥落。

李牧も去り、完勝と思われた秦軍ですが、桓騎は「今俺達が一番欲しいもの」は城内になかった、と言います。

「そうであろうな」

王翦にしても、それは予想通りだったようです。



「一番欲しいもの」

もちろん「食糧」です。

鄴に対しては「兵糧攻め」を行い、中からの城陥落を画策し、見事その策が的中。

逆に言えば、城の中には食べ物がないから、中から人が出てきたわけです。


「キングダム」© SHUEISHA Inc./原 泰久



しかし…王翦はこの食糧問題を「驚くべき方法」で解決するのである…。



旦那
旦那

「驚くべき策」…精鋭隊と分かれた部隊がカギになりそうな気はするのですが…。李牧を追ってきたのが10分の2で、残り8割は朱海平原に残ったわけで。

田里弥の率いるこの部隊、精鋭部隊より「もっと過酷になる」と言われていましたが、何をしているのでしょうか…。



前の記事: 634話「戦略の破綻」
次の記事: 636話「補給軍の行方」 


キングダム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました