ひぐらしのなく頃に 「罪滅し編」あらすじ【※ネタバレあり】その2


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 其の弐「還る処」

自宅に戻ったレナは、父親の机から金庫を取り出します。

持ち運べるサイズの金庫ですね。

通帳を取り出し、残高を確認すると…高額な預金の引き出しが何度もあり、残高がかなり減っています。

『何でも買ってくれるのよ、何でも』

リナの言葉を思い出します。

おそらく、レナの父はリナの言いなりなのでしょう。

翌日の学校。

圭一が「平和で退屈な毎日」をぼやきます。

「レナは、平和で退屈なの、好きだよ」

「レナは日々が幸せそうで良いよなぁ~!

日々の退屈を幸せに過ごすコツを、教えてくれよ」

「そんなの簡単、気づくだけだよ。

幸せな日々が、有限であることに…」

『幸せな日々は有限…』

自分に言い聞かせるように、心の中で繰り返します。

このままリナを放っておいては、「限」はそう遠い未来ではないでしょう。

学校が終わって帰宅すると、リナがいました。

「お昼にお父さんと、キーマカレーが美味しいお店に行ってきたんだ~!!

レイナちゃんにもレトルト、お土産に買ってきたから食べてね!」

「わざわざ、ありがとうございます」

「それで…ちょっと3人でお話ししたいことがあるんだけど…」

「ごめんなさい!友達を待たせてるので、失礼します!」

逃げるように飛び出すレナ。

「チッ!」

舌打ちするリナ…。

ゴミ山で佇むレナの元に、リナがやってきます。

近くには、レナの隠れ家であるマイクロバス。

「私の隠れ家なんです。

ここなら誰も来ませんし、何を話しても誰にも聞こえません…。」

意味ありげな表情です。

「レイナちゃんさ、私のこと好き?

私、あなたのお父さんと付き合っているわけじゃない?

これから、将来のことを…」

「再婚なんて許さないです。

あなたとお父さんが、どういう付き合いをしようが勝手ですが、再婚なんて許しません」

「拒絶もあるとは思ったけど…こうもあからさまだとはね

アタシのどこが嫌い?」

「匂いも、服も全部嫌い!」

なめんなクソガキ!!ガタガタ言わされてぇか!!

それに、あんたが許す許さないなんて関係ないの。

アタシね、妊娠してるの…」

レナの脳裏に、実母とのやり取りがフラッシュバックします。

『お母さんね、妊娠してるの』

「嘘だっ!!」

「嘘じゃないわよ…本当に…」

「私は、お前が鉄平という男と話しているのを全部聞いたんだ!

全部知ってるんだ!

お父さんを『雛見沢の旦那』と呼んで、美人局をしようとしていることも!」

「ここってさ、秘密の隠れ家なんだよね…。

何を話しても、誰にも聞かれない…。

このクソガキが、舐めやがって!!

リナが馬乗りになり、レナを絞め殺そうとします。

「殺しはやりたくなかったけどさぁ、こんな大金手に入れるチャンス、そうそうないからさぁ」

苦し紛れに、手近にあったガラス片で、リナの脇腹を切りつけるレナ。

マウント状態から脱します。

予期せぬ反撃に狼狽え、痛がるリナ。

その隙に、レナは鉄パイプを見つけ、思い切り振り上げます。

「ちょっとそれ、シャレにならない…」

何度も何度も、鉄パイプをリナに向かって振り下ろし…。

リナを殺めたレナ。

ゴミ山に捨てられていた冷蔵庫の中に、リナの遺体を隠して帰宅します。

家につくと、そこには北条鉄平が。

予定通りの「おれの女に何さらしてくれとんじゃ~!!」です。

ボコボコにされるレナの父。

「明日また来る」と言い残し、去る鉄平。

レナは、このチャンスを見逃しません。

「リナさんが、大事なお話があるって…呼んでました」

北条鉄平を、ゴミ山に誘い出します。

辺りはもう真っ暗闇。

レナの持つ懐中電灯だけが頼りです。

しかし、その懐中電灯が故障(もちろんレナの演技でしょう)。

真っ暗になったところで、

「ほれ、ライターがあるんね。これで…」

とライターを灯す鉄平。

しかし、目の前にいたはずのレナがいません。

鉄平の背後に回っていました。

鉈を振り上げて…そのまま鉄平の頭めがけて振り下ろす!

1日で、邪魔な2人を片付けたレナ…。

翌日の学校、用事があるから部活ができない、と先に帰るレナ。

行先はゴミ山。

昨日殺した2人を、のこぎりでバラバラにしていました。

血がついても目立たないためなのか、黒の上下ジャージを着て。

細かくした遺体を、黒いポリ袋に入れ、ガムテープで巻いて、捨てられた冷蔵庫の中に。

黙々と「作業」をこなすレナ。

一方部活メンバー。

今日の部活はゴミ山で実施することに決めます。

一年目のオヤシロ様の祟りで、ダム工事の現場監督のバラバラ殺人が起きて以降、幽霊が出るというゴミ山。

また、バラバラ遺体の片腕も見つかっていない。

幽霊を見つけた人が優勝!次点は、まだ見つかっていない片腕!それ以外はレナが喜びそうなものを見つけること!

そんなノリで向かったゴミ山で、レナの「作業」現場に出くわすのです。

ここが冒頭のシーンにつながります。

「どうして相談してくれなかったんだよ!?

仲間ってのは、何があったも無条件に味方になってくれる、家族同然の存在だろ!?

俺たちに相談してくれれば、きっと何か力に…」

「分かったよ。例えばみんなに相談したとしよう、皆は具体的にどうしてくれる?」

二の句が継げない一同。

「仲間なんて、本当に辛い時には味方にってくれない。

だから私は、仲間に打ち明けるなんてやめよう、って決めたの」

「なんで信じてくれないんだ!」

涙を流し始める圭一。

「おれたちに相談してくれたら、きっと今より良い未来に辿り着けたと信じてる!」

「これが最善の未来だよ」

「じゃあ何で泣いてるんだ!?」

「私が、泣いてる!?どこに涙なんて流れてるの?」

「さっきからずっと泣いてるじゃないか!!」

レナは泣いてはいません。

が、おそらく「心の中で泣いているであろう」涙が、圭一には見えたのでしょう。

「レナのやったことは最悪だ。

でもおれは、それを受け入れる!

幸いにも、このことを知ったのは、おれたち部活メンバーのみ。

おれたち全員が秘密にすればいいだけだ!」

レナに手を差し出す圭一。

「みぃ☆」

圭一の手に、梨花ちゃんが自分の手を乗せます。

そして沙都子も。

「わたくしも梨花も、両親を亡くして2人で暮らしていますが、一度も寂しいと思ったことはありませんわ。

それは、皆さんという、仲間という家族がいてくれたからですわ。」

魅音も、手を差し出します。

「レナが私たちに相談してくれなかったのは、私たちが打ち明けるに足る存在じゃなかったからだと思う。ごめんね。」

圭一がレナの手を引っ張り、5人の手が重なり合います。

号泣するレナ。

早速5人は、死体を入れたビニール袋をリヤカーで運び、山中に埋めます。

「今日は帰ったら、ゆっくり休めよ」

「自分を責めちゃだめだよ」

「やっぱり私、自分を騙しきれてなかった。

もし一人で全てを片付けてたら、十字架の重さに耐えきれずにいたと思う…」

「いつも通り」に振舞う部活メンバー。

綿流しのお祭りでも、大はしゃぎです。

そこに現れたのは…大石刑事でした…。

「ひぐらしのなく頃に」が見放題!

「hulu」は「ひぐらしのなく頃に」をはじめ、60,000本以上の映画 ・ ドラマ ・ アニメ ・バラエティが見放題の、オンライン動画配信サービスです。

2019/12/23時点では、

ドラマ:ニッポンノワール、同期のサクラ、俺の話は長い

アニメ:ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)、鬼滅の刃、ブラッククローバー、Dr.STONE

海外ドラマ:ウォーキングデッド、ロックアップ、クリミナルマインド、

バラエティ:ガキ使、ウチのガヤ、月曜から夜ふかし、マツコ会議

等が人気ですね。

月額933円(税込み 1,026円)で、2週間の無料お試し期間もあります。

ぜひ、お試しください!

前の記事:罪滅し編 其の壱「幸せ」
次の記事:罪滅し編 其の参「34号文書」


ひぐらしのなく頃に 目次ページへ

ひぐらしのなく頃に
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました