「ぼくらの」あらすじ紹介【ネタバレを含みます】(12.カンジ④~核の力~)


「ぼくらの」目次ページ

スポンサーリンク

カンジ(吉川寛治・よしかわ かんじ)編④

8巻表紙がカンジです。

【本記事には「ぼくらの」のネタバレを含みます】

ハワイ・オアフ島の敵ロボット(私が勝手に命名、穴なしバウムクーヘン)に対し、アメリカ政府から日本政府に、攻撃が依頼されます。

核を使った攻撃を。

しかし、日本に核はありません。

作戦には、那覇基地奪還戦の鹵獲品を使うことが決まります。

「ぼくらの」の世界では国を守るのは「国防軍」で、米軍は日本に駐留していないようですね。

現実にはない「那覇基地を奪還する戦い」があり、その鹵獲品として日本は核を保有しているようです。

※鹵獲品(ろかくひん)とは、「戦地などで敵対勢力から奪った装備品(兵器)や補給物資」です。

前の記事でも書いた通り、米軍が自国内に核を落とすことはできません。

そのお鉢が、日本に回ってきたのです。

しかしこの展開、田中さんはあらかじめ読んでいました。

すでに無人給油機をハワイ経路に飛ばし、核の手配を進めていました。

佐々見さん曰く「制服を着せておくのがもったいない」。

デキる女性なんですね、田中さん。

人類が手にできる最強の力である「核」。

通常兵器では敵ロボットに敵いませんでしたが、はたして核は効くのでしょうか。

国防軍が核攻撃の準備に奔走している頃、ジアースの戦いに大きな変化が起きていました。

敵の砲撃を足に被弾し、片足を失ってしまったのです。

ますます不利な戦いを強いられるジアース。

一層、核の効果に期待したいところです。

核ミサイルを積んだ戦闘機が、米軍領域内に入ります。

ネゴがなければ、撃ち落される状況。

慎重に、敵ロボットに近づく戦闘機。

予定通り、敵の急所に核を投下……。

激しい爆風。

立ち上がるきのこ雲。

効いたのか……?

まだ、爆発の煙も晴れ切らぬ中、例の超長砲身からの砲撃。

残念ながら、人類の切り札は通用しませんでした。

戦闘が始まってから27時間。

48時間のリミットがあるので、残りは21時間。

足を無くしたジアースが、敵ロボットに辿り着くことは不可能です。

「移動する気があるところを見せて、接近戦に持ち込めませんか?」

カンジの提案に対し、関さんは

「沖天楼のことはもういい、ということかい?」と返します。

ジアースが移動すれば、移動前のポイントに放たれた砲弾は、確実に沖天楼を破壊するでしょう。

カンジのお母さんの墓標ともいえる、沖天楼。

それを失っても構わない。

あれだけ沖天楼にこだわっていたカンジが、もうなりふり構っていられない。

長時間の戦闘で、睡眠もとれず頭も回っていないでしょう。

すると関さん

「寛治君は他の子に、その子のわがままで地球が滅んでも仕方ない、と言ってきたね」

確かにそうです。キリエのときもそうでした。

「僕が君にそれを言ってあげる。寛治君のわがままのせいで、地球が滅んでも仕方ない」

最後まで沖天楼の近くで、沖天楼を守って戦いたい。

そのわがままを曲げるな、という関さんの優しさ。

「でも、自分は軍人だから、最後まであきらめず、道を探す」

「コエムシ、レーザーって敵に届くだろ?」

珍しく自分から話し出すウシロ。

ああん?

コエムシのリアクションはいつも通り。

「カンジ、どうしてもって言うなら、勝つ方法はある。地球上の物質なんて、途中にあってもなくても同じだろ?」

「それはそうだろうけど…でもどうやって敵を狙うんだ…?」

確かに、レーザーなら敵に届くんでしょうが…肝心の敵、どこにいるか(ハワイ・オアフ島にいますが)ジアースからの正確な場所が分からなければ、攻撃できません。

ウシロの策に気づいたカンジ。

「あ!……あぁ!?…いや、それ、ダメだろ…!!」

「人をマーカーに使う」

ジアースの足元で、行方不明者の捜索が行われている際、ジアースの能力(命の場所が分かる)で生き埋めになっている人を探しました。

遡ればチズの戦いの際は、チズを輪姦した男たちを探すのに使った、ジアースの能力。

人の命の場所が分かる+特定の人物がいる場所が分かる

これを使えば……要は、敵ロボットの付近にマーカーを配置し、そこにレーザーを撃つ、という策です。

マーカーは人なので、人に向かって撃つ、ということになります。

なかなかに厳しい策です。

パイロットの精神的に。

「人の魂を的にする。もちろん、カンジがよく知っている人」

「人がいる」ことが分かっても、それが誰か分からなければ、狙いようがありません。

カンジが知っている人がいて、「そこに撃てばいい」という状態でなければ。

「私が適任だと思う」

手を挙げたのは関さん。

「私が、マーカーになる」

カンジの戦いは、予断を許さない状況です。

かなりの劣勢。

そこに見えた光明。

敵急所付近に立つ、関さんに向けてのレーザー照射。

カンジは、次のパイロットにバトンを渡せるのか…。

「ぼくらの」

無料試し読みはこちらでどうぞ!

「BOOK☆WALKER」で試し読み!
「ebookjapan」で試し読み!
「Renta!」で試し読み!
「コミックシーモア」で試し読み!
「ひかりTVブック」で試し読み!
「BookLive!」で試し読み!
「楽天Kobo」で試し読み!
「まんが王国」で試し読み!

前の記事:カンジ編③
次の記事:カンジ編⑤


「ぼくらの」目次ページ

ぼくらの
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました