圧勝【あらすじ紹介】1巻



スポンサーリンク

「圧勝」とは


公式(裏サンデー)には

好きって何?大学生たちの恋愛模様

うんうん、そうだよね。

社会に出る前の、大人になり切れない、大学生たちの恋愛模様を描いた物語…いや、違ぇ~し!

わたしも5~6巻くらいまでざ~っと一気に読んだのが昨年暮れぐらいで、ちょっと記憶がおぼろげなんですが…そんな甘っちょろい恋愛模様描いてねぇ~し!

っていう記憶はありますね。

まだまだ謎がいっぱいでした。

先週末に本屋さんの新刊コーナーで「圧勝」最新9巻を見つけて、そう言えばハルミが紹介していたような…というのを思い出し、続きをご紹介しようかと思った次第です。

人物相関図

人物相関図 ©Shogakukan Inc.


※公式サイト(裏サンデー|圧勝)より転載させていただいてます。

見て分かる通りですが、主人公は「吉田ユニ」「篠山誠」です。

キーパーソンはユニちゃんですが、物語進行の目線は篠山目線なので、2人とも主人公でよいかと。

篠山誠、吉田ユニとも、山中大学の一年生。

篠山はヲタでDT(童貞)。

ユニちゃんはちょっと変わってますが、可愛くスタイルが良い(巨乳)ため、モテます。

2人はアパートのお隣同士

入学式に出会って、人目惚れした女の子が、実は隣の部屋だったなんて…テンプレじゃないですか。

ここから大学生らしい恋愛模様が…始まりません!!


友達


ともだち…


はい、違いますね。

ユニちゃんにとっての友達は、

女性:相手が「友達」と言ってくれた子

男性:セックスした人

になるようです。

山村ゆみ


山村ゆみは、ユニちゃんや篠山と同じ、山中大学の一年生。

好きなものは苺とマカロン、それから恋愛。

入学直後に高木涼に惚れ、身体の関係を持つものの、

当の高木からは「股を開く女の1人」程度にしか思われていない。

高木涼


欲しいものは手に入れる。

思い通りにならなかったことなんてない。

イケメンで女の子にモテますが、手段を選ばず女の子を「道具」

程度にしか思わない、いい感じに下衆野郎です。

西園寺光輝


友達にも親にも、お前はバカだなーとよく言われる。

好きなことは楽しいこと。

深く考えない、というか浅くも考えない。

楽しいことが好きな、何も考えてない若造。

高木涼に犬のように付き従う。

山村ゆみが好きで、ゆみにも犬のように従う。


最初の事件


お隣同士の篠山とユニちゃんは、篠山の部屋で一緒にゲームをする仲に。

そのうち

「よく一緒にいるのに何もしないよね しないの?」

とユニちゃん。

童貞には強力な攻撃ですね。

ヒヨって話を逸らす篠山。

ユニちゃんにとっては男友達=セックスをする間柄

なので、上のような発言が出たのでしょうが…。

一方、モテまくり、やりまくりの高木涼は、ユニちゃんを狙っています。

自分に全く興味を示さないユニちゃんに対し、自分を見ろ、という気持ちがあるのかもしれませんね。

自分の気のある山村ゆみを使い、ユニちゃんと接点を持ちますが、思うようにことが運びません。

ユニちゃんと上手くいかないことを、理不尽に責められる山村ゆみ。

高木の目はユニしか見ていません。

高木涼の一番になりたいゆみは、自分に気がある西園寺を使ってユニを陥れることを企みます。

西園寺に、ユニを襲えと。

最終的に西園寺がヒヨり、未遂に終わりますが、今度は高木がゆみの名を使って、ユニを呼び出します。

ゆみから「友達」と言われ、「友達」の誘いに応じたユニを待っていたのは高木

ユニをホテルに連れ込み、抵抗されるものと思っていましたが、その反応は意外にも

「友達になってくれるんだ」

というもの。

拍子抜けしながらもユニを抱く高木。

目的を達した高木ですが、異変が現れます。

幻覚・幻聴が高木を襲います。

周りの人が、自分を嘲るような幻を。

ゆみに強引に性交を迫り、幻覚に襲われゆみの首を絞めたり、

高木を心配してバイト先を訪ねた西園寺に暴力を振るいかけたり、直後、バイト先(バー)の客も自分を嘲るように見え、遂にはその客を鈍器(ガラス製の灰皿)で殴り殺します…。


ね?全然、大学生の恋愛模様じゃないでしょ?

この辺りまでが1巻のお話。

2巻以降、続けてご紹介します。



次の記事:圧勝【あらすじ紹介】その2

圧勝
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました