「死役所」あらすじ紹介 第67条 「無自覚①」[前半]

「死役所」第14巻掲載予定


死役所のまとめページへ

【本記事には「死役所」第67条「無自覚①」のネタバレを含んでおります】

冒頭のシーンは……左上に「●REC」とあるので、何かの録画映像なんでしょうね。

映っているのは……コンクリートに石を埋め込んだ、斜面防護でしょうか。

「展慕(てんぼ)」さん、「和夢(わむ)」さん、「アネキ」に呼びかけますが、応答がない模様。

事故か、或いは災害などに巻き込まれたのでしょうか……。

場面は変わって死役所。

2人の若い男性が言い争っています。

一方は「お前がイキって運転するから」と相手を非難し、「お前も喜んでただろ」と返します。

どうやら交通事故に遭ったようですね。

冒頭のシーンは、ビデオカメラかスマホか、或いはドライブレコーダーだったのでしょうか……。

そこへ「和夢~」と男性の一人を呼ぶ声。

冒頭のシーンで名前が出ていましたからね、「和夢」。

やはり交通事故で亡くなった「和夢」と「展慕」と「アネキ」なのでしょう。

「華音(かのん)!?」

声の主の名前を呼びます。

「アネキ」=「華音」なのでしょう。

呼んだ先にいた「華音」は、体に目立った外傷はないものの、頭が……ほとんど原形を留めていませんね。

和夢も展墓も、華音の姿に驚き(或いは若干引いて)ます。

通りがかった金子さん(12巻「夜ノ目町爆弾事件」参照)に、3人が死んだこと、これからどうすればいいか(成仏申請書を書く)、どこに行けば良いか等を聞いた3人は、「交通事故死課」に向かいます。

必要書類に記入する3人。

華音は口どころか目も残っておらず、どうやって話し、物を見ているんでしょうか…。

ふいに、「そういえば 兎之は?」と華音。

3人が書いている書類の、「事故に遭った時の状況」欄には、「4人で車にのっていて」と書いてあります。

事故前の回想。

ファミレスで食事をする和夢、展墓、華音3人。

華音の母親が車を買った話をします。

食事を終え、その車を見に行く3人。

自撮りで、車と一緒に3人で写真を撮りますが、うまく撮れず。

「兎之に撮ってもらおう」

呼ばれた兎之は、華音の弟で和夢、展墓とも面識があるよう。

兎之が3人と車の写真を撮ります。

おそらくはこの後、4人でドライブに出かけ、「和夢」の荒い運転が原因で事故…という流れなのでしょう。

冒頭で和夢、展墓、アネキに声をかけていた兎之が、1人生き残った…という感じなのでしょうかね。

明日、後半ご紹介します。

前の記事:第66条 知らない人達② [後半]
次の記事:第67条 無自覚① [後半]

高橋一生さんの「お疲れシーモア、する?」のCMでお馴染みの「コミックシーモア」は、電子書籍ストアの最大手で、こちらで「死役所」も読めます。
一冊ずつ本を買うこともできるし、月額制、ポイント購入や、読み放題プランにレンタルもあり、色々な電子書籍サイトのいい所を全て満たした欲張りサイトですね。

ポイントは100pt(100円)から、月額は300円から、読み放題(ライト)でも、月額780円です!
※2019年8月22日時点


死役所のまとめページへ

死役所
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旦那をフォローする
スポンサーリンク
ゆるハル、時々旦那

コメント

タイトルとURLをコピーしました